10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
中村尚

中村尚

なかむらひさし

東京大学 先端科学技術研究センター 副所長・教授
東京大学 先端科学技術研究センター 中村・小坂研究室
【略歴】
1990年6月 ワシントン大学大気科学科博士課程修了(客員研究員)
1991年11月 プリンストン大学客員研究員
1992年12月 東京大学理学部助手
2000年5月 東京大学大学院理学系研究科助教授(准教授)
2011年3月 東京大学大学院理学系研究科教授
2011年4月 東京大学先端科学技術研究センター教授

【専門分野】
気候力学,異常気象,大気海洋相互作用,大気大循環論

【主な著作】
『「日本の四季」がなくなる日』(小学館新書,2015)
『もういちど読む数研の高校地学』(数研出版,2014)(共編著)

講義

近年、なぜ異常気象の連鎖が起こっているのか

異常気象と気候変動・地球温暖化(1)異常気象の背景

異常気象の原因を理解するには、地球温暖化という長期的な気候変化の傾向と、年ごとの激しい気候変動との、両方を理解する必要がある。それは、この2つの影響が重なった...
収録日:2019/03/26
追加日:2019/05/25

地球温暖化は温室効果が強まることで起こっている

異常気象と気候変動・地球温暖化(2)温室効果とは

地球温暖化を論じるには、まず温室効果について理解をしなければいけない。地球温暖化は温室効果の急速な強化によって引き起こされているからだ。では温室効果とはどの...
収録日:2019/03/26
追加日:2019/05/25

エアロゾルが気候にもたらす多様な影響

異常気象と気候変動・地球温暖化(3)エアロゾルの影響

過去の気候を再現する、あるいは将来の気候を予測する際、「エアロゾル」と呼ばれる大気中の微粒子の効果が、再現・予測のばらつきを意味する不確実性をもたらすという...
収録日:2019/03/26
追加日:2019/05/25

21世紀末の地球の気温と降水量を予測する

異常気象と気候変動・地球温暖化(4)将来の気候シナリオ

地球温暖化がどのように進展するかは、人間社会がどの程度温室効果ガスの排出を抑制できるかに大きく依存する。そうした中での気候科学者の役割とは、いくつかの場合に...
収録日:2019/03/26
追加日:2019/05/25

温暖化を増幅させる2つのフィードバック過程

異常気象と気候変動・地球温暖化(5)温暖化増幅の過程

一度温暖化が進んでしまうと、温暖化を加速・増幅させるフィードバック過程が、気候システム内で次々と起こってしまう。このような悪循環は、氷雪の溶解による温暖化の...
収録日:2019/03/26
追加日:2019/05/25

温暖化する日本近海と近年の九州豪雨や強力な台風

異常気象と気候変動・地球温暖化(6)極端な気候現象

地球温暖化は今後も進展していくが、それに伴って極端な気候現象が世界各地で起こると予測できる。近年の九州北部豪雨や日本に上陸する台風の強力化は、その一例として...
収録日:2019/03/26
追加日:2019/05/25

地球温暖化の加速・減速をもたらす長期気候変動

異常気象と気候変動・地球温暖化(7)長期的な気候変動

地球温暖化には加速期と減速期があり、これを生み出すような長期的な気候変動も、天候のベースを決めているといえる。そのような長期的な気候変動にはどのようなものが...
収録日:2019/03/26
追加日:2019/05/25

近いテーマの講師一覧

長谷川眞理子

総合研究大学院大学長

片田敏孝

東京大学大学院情報学環 特任教授群馬大学名誉教授

上石勲

防災科学技術研究所 雪氷防災研究センター センター長長岡技術科学大学 客員准教授

池谷浩

一般財団法人 砂防・地すべり技術センター研究顧問農学博士

伊藤充

新潟大学教育・学生支援機構特任教授新潟青陵大学非常勤講師

加藤真平

東京大学大学院情報理工学系研究科 准教授