10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録

関連するタグ

ポンド安

ポンド安
ポンド安とは、外国為替相場で外交通貨に対してイギリス通貨のポンドの価値が低くなっている状態を言う。2016年6月の国民投票によるイギリスのEU離脱(ブレグジット)、原油安、そして、2017年6月のイギリス総選挙では、与党保守党の議席が過半数割れなど、近年ポンドの全面安の局面が続いている。イギリスに進出している日本企業の数は非常に多く、また日本の対イギリス直接投資額もアメリカに次いで世界第2位と巨額である。このことからも、ポンド安でイギリスの景気が悪くなれば日本の輸出産業が落ち込み、経済全体に影響を及ぼすことは必須である。「10MTVオピニオン」では、シティグループ証券チーフFXストラテジストの高島修氏が、ポンド安の背景としてイギリスの経常赤字の要因が非常に大きいと指摘。世界各国では貿易収支が改善傾向にある中で、イギリスの経常赤字が拡大し続ける状況を分析、ユーロ圏の構造問題という根本の要因をとりあげ、解説している。また、慶應義塾大学大学院教授・曽根泰教氏をはじめ多くの講師陣が、ポンド安に影響の大きいブレグジット、イギリス総選挙結果などに関する詳しい解説を行っている。

記録的ポンド安の背景にあるイギリスの経常赤字問題

ブレグジットと英ポンド相場(2)英ポンドの長期的問題
英ポンドの対米ドル相場は30年近く1ポンド1.4ドルを下値支持線として続いてきたが、今回のブレグジットによって1.4ドルを割り込む形となったという。これについて、シティグループ証券チーフFXストラテジスト・高島修...
収録日:2016/07/06
追加日:2016/07/10
高島修
シティグループ証券 チーフFXストラテジスト

英ポンドを見る上でのポイントは原油相場と内外金利差

ブレグジットと英ポンド相場(3)英ポンド相場の中期展望
「中期的にポンドを見る上でのポイントは原油相場と内外金利差だ」と、シティグループ証券チーフFXストラテジスト・高島修氏は語る。そして、英ポンドが原油資源国通貨としての側面をもつ理由を3つ挙げながら、原油と並んで...
収録日:2016/07/06
追加日:2016/07/10
高島修
シティグループ証券 チーフFXストラテジスト

ポンドドル下落継続ならドル円100円割れ・為替介入も?

ブレグジットと英ポンド相場(4)ドル円相場への影響
ポンドドルとドル円の関係は、ドルを軸に考えると相関関係にある。この相関関係から、向こう数か月の間にポンドの対ドル相場は1.25ドル台へ下落するリスクがあり、そのときドル円は100円割れとなるリスクも強まると、シテ...
収録日:2016/07/06
追加日:2016/07/10
高島修
シティグループ証券 チーフFXストラテジスト

EU離脱によってイギリスの政党政治が崩壊する!?

「イギリスのEU離脱問題」を考える
6月23日に行われた国民投票でEU離脱を選択したイギリス。世界に与えた衝撃はあまりにも大きく、イギリスのEU離脱によって世界はどうなっていくのか、日本経済にどんな影響があるのかなど、テレビをはじめ各メディアでさ...
収録日:2016/06/30
追加日:2016/07/02
曽根泰教
慶應義塾大学大学院教授(政策・メディア研究科)

BREXIT(ブレグジット)で一体何が起こるのか?

イギリスEU離脱のグローバル経済への影響
2016年6月23日の国民投票を前に、いま世界中から注目を集めているイギリスのEU離脱問題「BREXIT(Britain’s EXIT from EU)」。もし本当にEUから離脱することになれば、一体何が起こるの...
収録日:2016/06/17
追加日:2016/06/22
植田和男
共立女子大学国際学部教授/東京大学金融教育研究センター センター長