10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2018.01.28

二日酔いにはカレー?すぐできる二日酔い対策とは

 飲み会の多い時期の悩みの種となるのが二日酔い。これ以上飲んだらマズいかもと思いながら、ついつい飲み過ぎて次の日には二日酔い…何度失敗しても懲りずに同じことを繰り返してしまう人も多いのでは。

 二日酔いの症状は、吐き気、下痢、頭痛、胃のムカムカ、胸焼けなどが挙げられますが、人によって症状もさまざま。ひどい場合は、とにかくだるくて会社に行くのがせいいっぱい。治るまで仕事も手につかないほどやっかいなので、できれば避けたいものですよね。

二日酔い対策には何が効く?

 二日酔いの原因はアルコールを摂取したときに、体内で分解される過程で発生するアセトアルデヒド。二日酔いにならないためには、アセトアルデヒドをすばやく分解することが必要になります。

 二日酔い対策として、手っ取り早いのはやはり飲酒前の予防。その代表格は、やはりウコンでしょう。ウコンにはクルクミンというポリフェノールの一種の成分が含まれており、これにはアルコールの代謝作用や抗酸化作用、肝機能改善効果があるとされています。

 CMでおなじみの「ウコンの力」は、コンビニやドラッグストアで買える一回飲みきりのドリンクタイプ。飲み会のある駅に立ち降りたら、お店に向かう前にグビッと一息、お手軽さではNo.1です。ウコンは他にも家に常備できる瓶入りの錠剤タイプや袋入りタイプなど、品揃えが豊富なので、二日酔い対策としてはもっとも身近な存在ではないでしょうか。アルコールの分解のためには、飲酒後に飲むほうが効果的という説もありますが、ご自身の体質にあわせてタイミングを選ぶとよいのでは。

 もうひとつは「ヘパリーゼ」などの肝臓や胃腸などに働きかける医薬品。ヘパリーゼは滋養強壮効果を発揮する肝臓水解物と、新陳代謝機能を活発にするビタミンや生薬を配合した医薬品なので、肝臓だけでなく胃腸も保護してくれるというのがウコンとの違う点でしょう。

二日酔いを予防には、とにかく水分補給

 二日酔いは、その日の体調や人の体質によってさまざまです。エビデンスがあるわけではないけれど(ウコンが効かないという説もありますし)、自身の経験からオリジナルな対策法を取っている人も多いようです。

 飲み方でいうと、必ず水を一緒に飲む、空腹で飲まない、などはよく知られています。アルコールを分解する際には体内の水分をたくさん使うため、脱水症状に注意しないといけません。その点からも水をいっぱい飲むことは大事です。とにかく水分補給。利尿効果でアルコールの体外への排出スピードも早めてくれます。飲んだ後にはいっぱい水を飲むように心がけましょう。

気をつけていても二日酔いになってしまったら

 気をつけていても、つい飲み過ぎてしまうもの。二日酔いになってしまったら、どうしたらいいのでしょう。迎え酒なんていうのはもってのほかです。酔いで二日酔いの症状が抑えられているように錯覚するだけなので、絶対にやめましょう。
 
 二日酔いに効く食物がいくつかありあります。たとえば、しじみにはオルニチンという肝臓の保護効果のあるアミノ酸のほか、アルコールの代謝を促すアラニン・グルタミンという成分も含まれています。しじみのお味噌汁やしじみのスープなどは、市販のものでも多く販売されているので、朝起きたときや、出勤後のランチ時に飲むといいでしょう。

 また、いくらか二日酔いに効く成分の入ったジュースを飲むのもいいでしょう。トマトのリコピンは二日酔いの原因になるアセトアルデヒドを抑制する効果があるので、トマトジュースも◎。グレープフルーツなどのフルーツに含まれる果糖もアルコール分解効果があるといわれています。

カレー好きは二日酔い対策にカレーはどう!?

 また、カレーにはターメリックという黄色のスパイスが使われていますが、これは秋ウコンのこと。二日酔いの日のランチにはアルコールの分解を促すという意味でもカレーがおすすめです。カレーうどんやカレーそばなら、水分も多分にとれますし、水分を欲している体にはぴったりのメニューです。

 飲み会の日は夜に備えて昼にカレーを食べるというのも効果があるそうです。二日酔い対策には飲み会前にカレー、次の日もアルコールの分解を早めるためにまたカレー、と飲み会をカレーでサンドすると一番効果的かもしれませんね。とはいえ、これははっきりとしたエビデンスがあるわけではありません。なので、やはり二日酔いの一番の対策は、飲みすぎないこと、コレに限ります。くれぐれも飲み過ぎにはご注意を。
(10MTV編集部)

人気ランキング

おすすめ記事

関連記事