テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2019.10.24

「束縛しやすい」男女の特徴とその対処法は?

 恋のお悩み相談で必ずと言っていいほどに話題にあがるのが束縛モンダイ。愛しているがゆえに、誰にも渡したくないからこそ、束縛したくなる気持ちは理解できますが、束縛が強くなればなるほど二人の関係はどんどん重くなってくものです。

 人は相手をなぜ束縛したくなってしまうのか。最悪の展開になる前に気をつけるべきこととは何か。束縛の心理と対処法に迫ります。

なぜ束縛してしまうのか

 人はなぜ束縛したくなってしまうのか。理由は明快です。ズバリ、不安だからです。不安になる理由はいくつか考えられます。

 例えば、「自分に自信がない」「別れることへの不安感が過度に大きい」「相手に愛されているのかどうか実感が持てない」「相手を信じることができない」「浮気されて傷ついた経験がある」などケースバイケースです。これらのうち、どれか一つというよりは、いくつかの組み合わせになっていることが多いようです。

 支配欲も行きつく先は不安です。なぜなら、相手がいなくなってしまうことへの不安が、支配したいという欲求を呼び起こすからです。

男女別やりがちな行動

 束縛する人には共通した行動パターンがあります。よくトラブルのもとになるのがスマホです。高い頻度で電話やメールで連絡をとろうとしてきたり、フェイスブックなどSNSで相手の行動やスケジュールを監視しようとしたり、許可なくメールやSNS、通話履歴をチェックすることもあります。

 また、相手の異性の友人には恐ろしいほどの嫉妬心を燃やします。束縛する女性に多い行動は「私のこと好き?」とか、「浮気してるでしょ?」としつこく何度も尋ねてくること。もちろん、男性にもそういうタイプはいます。

 一方、束縛する男性は、罰則のルールを設けたり、相手のSNSのアカウントや異性の友人の連絡先を勝手に消去するなど、力づくで抑え込んだり、仕返ししてくる傾向が高いようです。

束縛された時の対処法は?

 束縛を対処する方法は、根本原因である不安を取り除いてあげることです。そのためには、なぜ相手が不安を感じているのかを知る必要があります。もしかしたら、話を聞いてあげるだけで相手の不安は取り除かれるかもしれません。

 ただし、相手と本気でコミュニケーションを交わすためには、時間も体力もいります。どれだけ頑張ってみても相手の束縛が治らないこともあるでしょう。そうしたコストやリスクがあることは知っておいてください。

 自分が許容できる基準を明確にすることも大事なことです。自分のことをよく知り、それを正確に相手に伝えましょう。お互いにどこまで歩み寄れるかが、交際を継続する鍵になります。つまり、小まめに連絡を取り合うとか、外出先を伝えるなど、どんなルールを設定できるかにかかっています。もし、どちらかの限界を超えていた場合、その関係は長続きしません。いびつな関係はどこかで崩壊します。

 束縛されている側は、束縛する相手の暴走には気をつけましょう。特に別れ際は要注意。相手がストーカー化する可能性もあるからです。

あわせて読みたい