テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2019.10.24

「束縛しやすい」男女の特徴とその対処法は?

 恋のお悩み相談で必ずと言っていいほどに話題にあがるのが束縛モンダイ。愛しているがゆえに、誰にも渡したくないからこそ、束縛したくなる気持ちは理解できますが、束縛が強くなればなるほど二人の関係はどんどん重くなってくものです。

 人は相手をなぜ束縛したくなってしまうのか。最悪の展開になる前に気をつけるべきこととは何か。束縛の心理と対処法に迫ります。

なぜ束縛してしまうのか

 人はなぜ束縛したくなってしまうのか。理由は明快です。ズバリ、不安だからです。不安になる理由はいくつか考えられます。

 例えば、「自分に自信がない」「別れることへの不安感が過度に大きい」「相手に愛されているのかどうか実感が持てない」「相手を信じることができない」「浮気されて傷ついた経験がある」などケースバイケースです。これらのうち、どれか一つというよりは、いくつかの組み合わせになっていることが多いようです。

 支配欲も行きつく先は不安です。なぜなら、相手がいなくなってしまうことへの不安が、支配したいという欲求を呼び起こすからです。

男女別やりがちな行動

 束縛する人には共通した行動パターンがあります。よくトラブルのもとになるのがスマホです。高い頻度で電話やメールで連絡をとろうとしてきたり、フェイスブックなどSNSで相手の行動やスケジュールを監視しようとしたり、許可なくメールやSNS、通話履歴をチェックすることもあります。

 また、相手の異性の友人には恐ろしいほどの嫉妬心を燃やします。束縛する女性に多い行動は「私のこと好き?」とか、「浮気してるでしょ?」としつこく何度も尋ねてくること。もちろん、男性にもそういうタイプはいます。

 一方、束縛する男性は、罰則のルールを設けたり、相手のSNSのアカウントや異性の友人の連絡先を勝手に消去するなど、力づくで抑え込んだり、仕返ししてくる傾向が高いようです。

束縛された時の対処法は?

 束縛を対処する方法は、根本原因である不安を取り除いてあげることです。そのためには、なぜ相手が不安を感じているのかを知る必要があります。もしかしたら、話を聞いてあげるだけで相手の不安は取り除かれるかもしれません。

 ただし、相手と本気でコミュニケーションを交わすためには、時間も体力もいります。どれだけ頑張ってみても相手の束縛が治らないこともあるでしょう。そうしたコストやリスクがあることは知っておいてください。

 自分が許容できる基準を明確にすることも大事なことです。自分のことをよく知り、それを正確に相手に伝えましょう。お互いにどこまで歩み寄れるかが、交際を継続する鍵になります。つまり、小まめに連絡を取り合うとか、外出先を伝えるなど、どんなルールを設定できるかにかかっています。もし、どちらかの限界を超えていた場合、その関係は長続きしません。いびつな関係はどこかで崩壊します。

 束縛されている側は、束縛する相手の暴走には気をつけましょう。特に別れ際は要注意。相手がストーカー化する可能性もあるからです。
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
物知りもいいけど知的な教養人も“あり”だと思います。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,100本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

原因と結果の迷宮―因果関係と哲学

原因と結果の迷宮―因果関係と哲学

原因と結果の迷宮~因果関係と哲学(1)因果関係とは何なのか

「机を叩けば音が出る」。私たちはこれを当たり前だと思う。しかし本当にそう言えるのか。そう思わされているだけではないか。この哲学的な難問に取り組んでいるのが、東京大学大学院人文社会系研究科教授・一ノ瀬正樹氏だ。氏...
収録日:2016/12/15
追加日:2017/01/31
一ノ瀬正樹
東京大学名誉教授
2

ペロポネソス戦争でのアテナイの失敗…地政学から見た教訓

ペロポネソス戦争でのアテナイの失敗…地政学から見た教訓

地政学入門 歴史と理論編(4)シーパワーとランドパワーの教訓

古代ギリシアでアテナイという「シーパワー」と、スパルタという「ランドパワー」が長い戦争をした「ペロポネソス戦争」がある。当時のアテナイの将軍・トゥキディデスによると、アテナイのパワーの増大とスパルタへの恐れがこ...
収録日:2024/03/27
追加日:2024/05/21
小原雅博
東京大学名誉教授
3

「正直」の徳を最初に唱えた鈴木正三『万民徳用』とは

「正直」の徳を最初に唱えた鈴木正三『万民徳用』とは

石田梅岩の心学に学ぶ(7)鈴木正三『万民徳用』を読む(上)

鈴木正三は、三河武士から出家して『盲安杖』や『万民徳用』を著した人物である。特に『万民徳用』では、「世法即佛(仏)法」を根拠に、士農工商それぞれの職分を全うすることが仏教修行に当たるとして、在家の教化に務めた。...
収録日:2022/06/28
追加日:2024/05/20
田口佳史
東洋思想研究家
4

「バカげたアイデア」が成功する!? カギは不満と情熱と改善

「バカげたアイデア」が成功する!? カギは不満と情熱と改善

サム・アルトマンの成功哲学とOpenAI秘話(5)スタートアップ成功の秘訣:前編

Yコンビネーターで経験を重ね、紆余曲折を経てOpenAIの事業を成功させたサム・アルトマン。彼のように、革新的で、多くのユーザーに愛されるサービスを生み出すためには、どのようなマインドセットが必要なのだろうか。「素晴ら...
収録日:2024/03/13
追加日:2024/05/17
桑原晃弥
経済・経営ジャーナリスト
5

「親の介護」の問題…優しさだけでは続かない

「親の介護」の問題…優しさだけでは続かない

50代からの親の介護~その課題と準備(1)突然やってくる介護の問題

親の介護は突然やってくる。そのときに右往左往しないために、今のうちに備えておくべきことがある。2020年、日本の百歳以上の人口は8万人を超えている。長寿ということで喜ばしいことだが、その反面、介護期間は長くなっている...
収録日:2021/08/26
追加日:2021/10/06
太田差惠子
介護・暮らしジャーナリスト