テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2019.11.14

離職率が高いのは飲食業!最も低いのは〇〇業!

 日本では少子高齢化が急速に進み、さまざまな産業分野で人材不足が深刻化しています。一方で雇用は流動的な傾向が高まり、入社して3年以内の若者の離職率は約3割とも言われ、優秀な人材確保も困難になっています。

 離職率の低さは、「良い会社」を判断する基準になりつつあります。今や離職率は会社の価値を左右するスコアでもあるわけです。離職率の格差は、会社間だけでなく、業界間でも顕著に拡大しています。

 飲食業界や介護業界の離職率が高いことはよく知られていますが、さて、最も低い離職率の業界はご存知ですか。

宿泊業・飲食サービス業のメリット

 厚生労働省が発表した「平成30年雇用動向調査」には、業界別の入職率と離職率が記載されています。離職率が最も高いのは、宿泊業・飲食サービス業で26.9パーセント。ただし、入職率が最も高いのも宿泊業・飲食サービス業です。

 これは何を意味しているのかというと、それだけ転職しやすいということです。どこへ行っても飲食店とホテルはありますね。これは働く人にとってはメリットと言っていいでしょう。

 一方、よくブラック体質を批判される業界ではあるので、「このお店でずっとやっていきたい」と思えるような労働環境の整った職場はなかなか見つからないのかもしれません。

二大高離職率業界とは?

 2番目に離職率が高いのは23.9パーセントの生活関連サービス業・娯楽業。宿泊業・飲食サービス業とともに他を圧倒しています。二大高離職率業界と名付けることができます。
 
 生活関連サービス業・娯楽業はクリーニング業や理容業、銭湯、エステティック業、リラクゼーション業、ネイルサービス業など私たちの生活に密着した業種です。旅行業や結婚相談業、家事サービス業、冠婚葬祭業、映画館や劇場、スポーツ施設なども含まれます。

 職業名を見て分かる通り、正社員よりもアルバイトやパートタイマーが活躍する職種が多く、生活関連サービス業・娯楽業も宿泊業・飲食サービス業と同じく入職率が高いのが特徴です。

人手不足だからこそ、賃金上昇

 さて、離職率が最も低い業種は何か。意外かもしれませんが、9.2パーセントの建設業です。そのすぐ後に9.3パーセントの複合サービス事業、それから9.4パーセントの製造業が競って続きます。複合サービス事業は、説明すると少しややこしいので、この記事では割愛しますが、郵便局や共同組合などが当てはまります。

 人手不足が危惧されている建設業の離職率がなぜ最も低いのか。その大きな理由として、賃金が上昇していることが挙げられます。人手不足だからこそ、賃金が上昇しているのです。

 どの業界にも言えることですが、建設業は若者の早期の離職率がとくに高く、これは業界の大きな課題となっています。

 若者が働きやすい労働環境を作っていくことが人手不足の解消、ひいては日本経済の成長につながります。将来の日本経済を支えていくのは若者たちです。

<参考サイト>
・平成30年雇用動向調査|厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/19-2/dl/gaikyou.pdf
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
自分を豊かにする“教養の自己投資”始めてみませんか?
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

ぜいたくは素敵だ!?…戦時中の日本にもあった諷刺の精神

ぜいたくは素敵だ!?…戦時中の日本にもあった諷刺の精神

世界のジョーク集で考える笑いの手法と精神(1)体制を笑うジョークと諷刺の精神

「ジョークは時代を映す鏡」といわれる。ウクライナと中東では戦争と紛争が続いており、一部の専制国家では自由な言論ができない社会で市民は暮らしている。そうした抑圧された環境下では、体制を笑う諷刺的なジョークが生まれ...
収録日:2024/03/14
追加日:2024/06/14
早坂隆
ノンフィクション作家
2

直観型と熟慮型…2つの思考回路を使い分ける人間の特徴

直観型と熟慮型…2つの思考回路を使い分ける人間の特徴

行動経済学とマーケティング(2)行動経済学を構成する「3つの分野」

行動経済学は、3つの分野で構成されている。「現象の描写」「メカニズムの説明と理論」「実社会への適用」の3つだが、それぞれどのようなものなのか。詳しく解説し、従来の経済学との違いを明確にしていく。(全6話中第2話)
収録日:2024/04/08
追加日:2024/06/13
阿部誠
東京大学 大学院経済学研究科・経済学部 教授
3

松下幸之助は聞き上手ではなく言わせ上手…素直な心で即断

松下幸之助は聞き上手ではなく言わせ上手…素直な心で即断

松下幸之助の危機克服~熱海会談の真実(1)最初の出会いでの衝撃

「私は松下幸之助に惚れました。この人についていこうと思いました」――こう語るのは、28歳から25年間、幸之助の薫陶を受けた佐久間氏。かつて松下電器産業副社長を務めた氏が幸之助から学んだこととは何だろう。最初の出会いで...
収録日:2023/12/01
追加日:2024/06/10
佐久間曻二
元松下電器産業副社長
4

「トゥキディデスの罠」の教訓、大事なのは4つの戦争回避

「トゥキディデスの罠」の教訓、大事なのは4つの戦争回避

地政学入門 歴史と理論編(7)戦争を起こさないための地政学

国際社会において戦争を起こさないためには、これまでの歴史を踏まえて地政学的に世界情勢を分析することである。第1次・第2次世界大戦から冷戦期における分析からはじめ、古代ギリシャから現代まで引き継がれる「トゥキディデ...
収録日:2024/03/27
追加日:2024/06/11
小原雅博
東京大学名誉教授
5

躍進する「グローバル・サウス」77カ国が世界に与える影響

躍進する「グローバル・サウス」77カ国が世界に与える影響

グローバル・サウスは世界をどう変えるか(1)グローバル・サウスの影響力

世界の政治・経済をリードしてきたG7を中心とする先進諸国の影響力は徐々に薄れつつある。それに対して、BRICSを筆頭にして「グローバル・サウス」と呼ばれる新興国・途上国の台頭が目覚ましい。現在、国連によるとグローバル・...
収録日:2024/02/14
追加日:2024/04/03
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授