テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2020.05.21

ナビで最も検索されている「目的地」はどこ?

 「行きたい場所」はどこでしょう。温泉や観光スポットに、はたまた海に山に。テーマパークなら何度でも行きたいという人も多いのではないでしょうか。さまざまな場所が思い浮かびますが、地図をみて妄想したり、将来の計画を練ったりするだけでも楽しいものです。

 今回は「NAVITIME」で2019年に最も検索された「目的地」の情報を見てみましょう。その地域のおもしろい特性が見えるかもしれません。

地域別、目的地検索スポットランキング1位(2019年)

 調査はナビゲーションサービス大手の株式会社ナビタイムジャパンが発表しているものです。同社が提供する「NAVITIME」などのナビゲーションサービスにおいて、2019年に検索されたスポット情報をもとに集計されています。以下は地域別にもっともよく検索された場所の一覧です。

北海道:旭川市旭山動物園(北海道旭川市)
東北:大内宿(福島県下郷町)
北関東:草津温泉(群馬県草津町)
南関東:幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)
甲信越:富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)
北陸:福井県立恐竜博物館(福井県勝山市)
東海:伊勢神宮内宮(三重県伊勢市)
近畿:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪府大阪市此花区)
中国:出雲大社(島根県出雲市)
四国:大塚国際美術館(徳島県鳴門市)
九州:太宰府天満宮(福岡県太宰府市)
沖縄:沖縄美ら海水族館(沖縄県本部町)

 北関東や東北では温泉地が目立ちます。東海・中国・四国・九州では神社や美術館といった「自然・文化的施設」、南関東や甲信越、近畿ではイベントホール・公会堂、スタジアム・球場、遊園地といった「レジャー施設」がトップになっています。ではもう少し細かく地域別の上位を見てみましょう。

「レジャー施設」と「自然・文化的施設」

 大きく「レジャー施設」と「自然・文化的施設」という二つの軸で地域を見ることはできそうです。それぞれの地域のトップ5までを見ると地域的傾向がもう少しわかります。たとえば人口の密集する南関東での1位は幕張メッセ(イベントホール)でしたが、2位は東京ディズニーランド(遊園地)、3位は東京ビッグサイト(イベントホール)、4位は東京ドーム(スタジアム)、5位は浅草寺(寺院)という順です。4位までがおおよそ「レジャー施設」です(イベント会場はビジネス利用の場合も多いと思いますが便宜上レジャー施設としました)。

 同様に人口の密集している近畿は、2位に京セラドーム(スタジアム)、3位伏見稲荷神社(神社)、4位姫路城(城・城址)、5位アドベンチャーワールド(遊園地)となっています。3位、4位は「自然・文化的施設」が入っていますが、1位、2位、5位は「レジャー施設」です。日本の3大都市圏のもう一つ、東海もみてみましょう。1位は伊勢神宮内宮(神社)で「自然・文化的施設」ですが、2位は御殿場プレミアム・アウトレット(アウトレットモール)。3位は白川郷(史跡)、4位はナゴヤドーム(スタジアム)、5位ナガシマリゾート(その他レジャー)と、「レジャー施設」と「自然・文化的施設」のどちらも入っている印象です。

 一方、中国地方でのトップは出雲大社(神社)でした。ここでの2位は鳥取砂丘(砂丘)、3位足立美術館(美術館)、4位角島大橋(橋)、5位厳島神社(神社)と、「自然・文化的施設」が多くを占めている印象です。大きく言えば、人口が密集する地域では「レジャー施設」に人が集まり、そのほかの地域では神社などの「自然・文化施設」に人が集まると言えるかもしれません。

大型レジャー施設の千葉、雄大な自然が魅力の青森、

データを都市別に見るとまた興味深い点があります。たとえば、千葉県のトップ5は以下の通り。

1位 幕張メッセ(イベントホール・公会堂):千葉県美浜区
2位 東京ディズニーランド(遊園地・テーマパーク):浦安市
3位 東京ディズニーシー(遊園地・テーマパーク):浦安市
4位 イクスピアリ(複合施設・商業施設):浦安市
5位 鴨川シーワールド(水族館):鴨川市

 すでに南関東エリアで触れたところと重なります。まず目につくのはカタカナ名ではないでしょうか。近代的人工施設の特徴かもしれません。どれも都内ではなかなか敷地を確保できない大型施設といえるでしょう。ディズニーリゾートはもちろんのこと、さまざまな大規模施設が集う千葉県はレジャー施設の聖地かもしれません。またこれとは対照的なエリアの代表は青森県。トップ5は以下の通りです。

1位 十和田湖(湖沼):十和田市
2位 恐山(その他史跡):むつ市
3位 奥入瀬渓流(渓谷):十和田市
4位 弘前城(城):弘前市
5位 酸ヶ湯温泉(温泉):青森市

 湖、山、渓谷、城、温泉と聞くだけで、自然の豊かな風景が見えてきそうです。冬は決して穏やかではないかもしれませんが、それも含めて自然の力や美を感じ取ることのできる特徴的エリアといえるでしょう。ちなみに恐山は日本三大霊山の一つで、正式名称は「恐山菩提寺」というお寺とのこと。

神社もテーマパークも非日常空間として魅力的

 「レジャー施設」と「自然・文化的施設」に大きく分けましたが、二つに共通するキーワードは「非日常」だと言えます。現実で生活している空間からちょっと離れたところで呼吸することで、私たちはリフレッシュできます。レジャー施設ではプロのスポーツを観戦したり、ライブで盛り上がったり、テーマパークで異世界に飛び込んだりすることができます。

 一方、神社や寺院、雄大な自然もまた一つの異世界空間といえるでしょう。樹木や石、森などは私たちの日常にはない景色や空気を作り出し、自然と一体化した神聖さのようなものは私たちの心を鎮めます。また、自然の豊かさの中に佇む建物の美が心を打つこともあります。神社や寺院がパワースポットと呼ばれる理由の一つは、時間の流れがはるかに穏やかでゆっくりとしたものであることも関係しています。テーマパークのような乗り物はありませんが、人の心を静かに揺さぶります。非日常で心を揺さぶられるという点について言えば、神社や寺院はテーマパークと本質的には同じかもしれません。

<参考サイト>
・『2019ナビタイム 地域別・都道府県別スポット検索ランキング』を発表│NAVITIME
https://corporate.navitime.co.jp/topics/pr/202001/31_5213.html
・言わずと知れた日本屈指の霊場・恐山には、極楽の風景と温泉があった!|旅ぐるたび
https://gurutabi.gnavi.co.jp/a/a_1252/
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
“社会人学習”できていますか? 『テンミニッツTV』 なら手軽に始められます。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,100本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

失敗から学んだ石田梅岩、独学で教養を高めた少年期の体験

失敗から学んだ石田梅岩、独学で教養を高めた少年期の体験

石田梅岩の心学に学ぶ(2)梅岩の教養を育んだ少年期の体験

江戸の町人の例に漏れず11歳で奉公に出た石田梅岩だが、奉公先の商家の事情から15歳で帰郷する。失敗ともいえるこの体験が梅岩思想に与えた影響は大きいと言う田口氏。郷里へ戻った梅岩が23歳で再び奉公するまでの記録は残って...
収録日:2022/06/28
追加日:2024/04/15
田口佳史
東洋思想研究家
2

ロボットの「カンブリア爆発」時代へ電動化がもたらすもの

ロボットの「カンブリア爆発」時代へ電動化がもたらすもの

日本のエネルギー&デジタル戦略の未来像(1)電動化で起こる「カンブリア爆発」

「カーボンニュートラル」に代表されるように、持続可能なエネルギー活用を目指す動きは世界的に加速している。特に東日本大震災以降、日本でもエネルギー問題は課題となっている。では日本は、どのようなエネルギー戦略を構築...
収録日:2024/02/07
追加日:2024/04/13
岡本浩
東京電力パワーグリッド株式会社取締役副社長執行役員最高技術責任者
3

がん治療にも応用、オートファジーによる疾患制御の方向性

がん治療にも応用、オートファジーによる疾患制御の方向性

オートファジー入門~細胞内のリサイクル~(5)オートファジーと疾患の関係

オートファジーは人間の疾患とどのように関係しているのか。大隅良典氏の研究を皮切りに、急速に発展してきたオートファジー研究だが、その研究成果は医学の分野において、薬剤の開発やがん治療への応用など、新たな手法を生み...
収録日:2023/12/15
追加日:2024/04/14
水島昇
東京大学 大学院医学系研究科・医学部 教授
4

議論で和を実現せよ、怒りと執着を捨て凡夫の自覚を持て

議論で和を実現せよ、怒りと執着を捨て凡夫の自覚を持て

聖徳太子「十七条憲法」を読む(5)条文を読む…和と議論

「議論によって和を実現する」――これは、十七条憲法の条文の中で最も多くかつ非常に重要なこととして第一条、第十条、第十五条、第十七条に記されている内容である。議論を尽くすことにより自ずと立ち上がる道理。また、その前...
収録日:2023/08/24
追加日:2024/01/04
賴住光子
東京大学大学院人文社会系研究科・文学部倫理学研究室教授
5

なぜ今「心理的安全性」なのか、注目を集める背景に迫る

なぜ今「心理的安全性」なのか、注目を集める背景に迫る

チームパフォーマンスを高める心理的安全性(1)心理的安全性が注目される理由

「心理的安全性」は近年もっとも注目されるビジネスバズワードの一つともいわれている。その背景には、コロナ禍におけるリモートワークの増大、社会全体が未来予測の難しい「VUCAの時代」に入ったことがある。職場環境が多様に...
収録日:2022/04/26
追加日:2022/07/23
青島未佳
一般社団法人チーム力開発研究所 理事