10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

18年間赤字を続けた要因は「バランス」にあった?

ハウステンボス再生への戦略(2)失敗と経験に学ぶ

澤田秀雄
株式会社エイチ・アイ・エス 代表取締役会長兼社長 最高経営責任者(CEO)
情報・テキスト
わずか1年で黒字転換を果たしたハウステンボスだが、それ以前の18年間は赤字を続けていた。その失敗についての分析とともに、澤田秀雄氏の戦略論に影響を与えた貴重な経験にも迫っていく。
時間:15:49
収録日:2014/03/31
追加日:2014/05/16
タグ:
≪全文≫

●参謀の能力を備えた将


―― 僕が思うに、澤田さんのイメージというのは、将にして参謀がいらないタイプですね。参謀本部の能力が将に備わっているケースもあるのではないですか。

澤田 普通は、軍師がいたり、参謀がいたりするわけですよね。僕はどちらかと言うと、本当は軍師タイプなのです。けれども、いい将が現れないから、自分で将を兼ねているだけです。

―― 経営者を見ていて面白いなと思うのは、そこだけは、孫(正義)さんと澤田さんが似ているところです。孫さんも参謀いらずなのです。澤田さんも参謀などはいらなくて、自動回転して自分で仕組みを考え出す能力がある。ここが他の人と圧倒的な違いです。

澤田 優秀な将がいて、もしくは王様でもいいのですが、そこに優秀な参謀と優秀な軍師がいる。僕は、これが体系的には一番いいと思います。しかし、いないのなら、自分で兼ねるしかありません。変な将がいるとかえって参謀もやりにくいですし、逆に優秀な参謀がいないと、将だけで全てはできないのです。

―― 本当は、分かれるといいですね。でも、民間企業がベースなら、よほど規模が大きくなれば別ですが、結構いけるところまで、それでいった方が強いですよね。

澤田 戦い方に慣れていますからね。


●18年間赤字から黒字転換へ、さらに伸びる可能性も


―― ところで、今年で5年ですか。

澤田 今日で4年が終わりましたね。

―― 一番最初は入場者が200万人もいなかったのですよね。

澤田 僕が行った時は100万人ちょっとでした。今は倍以上になっています。

―― すでに200万人に達したのですか。

澤田 はい、もう超えています。

―― それならば、売上は、どれぐらいになったのですか。

澤田 売上ももちろんほぼ倍になっていますし。

―― ただ、その前は、利益はマイナスでしょう?

澤田 はい、その前は18年間ずっとマイナスでした。

―― 18年間でマイナス何十億円というところから、積み上げていって、ここまできたということでしょう?

澤田 今は、よほど変なことが何か起こらないかぎり、赤字になることはないですね。また、これからは、もっとすごいことになると思います。将来は数百億、下手をしたら1千億ぐらいまでいく可能性があります。ただ、あくまでも可能性なので、できるとはまだ言えませんけれども。


●バランスを崩したら勝てない~原因は過剰設備投資~


―― ところで、神近(義邦)さんという方が創業者で、ハウステンボスをつくられたわけですよね。

澤田 はい、優秀な方だと思います。

―― ただ、彼は、継続的にもうけていくところが足りなかったのですか。

澤田 いや、そんなことはないと思います。やはりバランスを崩したのでしょう。

―― バランスですか。

澤田 いいものはつくります。けれども、先ほども言ったように、ディズニーの1.6倍はいりません。つまり、過剰設備投資なのです。そのバランスを崩したわけです。

―― そうですか。もともとあの半分くらいでやっておけば、まだ続いていたかもしれないと。

澤田 だから、オランダ村をやっていた時は成功しているはずです。市場規模に合っていましたから。それをディズニーと同じ、あるいはそれ以上のものをつくったこと自体が、僕からすると、マーケティングミスだと思うのです。

 何十年もかけて都市をつくっていき、そのマーケットを十分開発しきってから、やるならいいですが、一気に関東のようなマーケットを全部持ってくるわけにはいきません。一回は来ていただいても、リピーターにはならなかったわけですから。まずはそこの読み間違いです。

 それと、過剰設備投資による過剰な借金があったため、先ほど言ったようにバランスを崩したということです。バランスを崩すと、病気になるか、つぶれるか、です。


●日本連合対ディズニーランド、マーケットの差が勝敗を分ける


―― なるほど。でも、あの時は、興銀が前のめりに出ていって、当時は日本の80年代後半から90年代頭にかけての雰囲気だったのですよね。

澤田 こういう言い方がいいか悪いか分かりませんが、まずアメリカからやってきた東のディズニーランドは、2千数百億円をかけ、一方、西のハウステンボスも、2千数百億をかけました。こちらの方がどちらかと言うと、日本連合です。当時の興銀を筆頭にした日本の一流企業が、お金やモノで全てこれに参加しています。アメリカがつくったディズニーランドと、きちんと対抗しようということでつくり上げたのです。

 けれども、結果は、ディズニーが毎年ずっと上がっていって、ハウステンボスは毎年下がっていったということです。

 日本の一流企業が全て参加したわけですから、昔の人はハウステンボスのことを皆知っています。

―― 日本の一流企業が全て参加...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。