10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

一貫性と戦略性を欠くトランプの中東戦略

深刻な中東情勢(3)トランプ大統領の戦略と反発

山内昌之
東京大学名誉教授/歴史学者/武蔵野大学国際総合研究所特任教授
情報・テキスト
トランプ大統領による中東政策では、何が重要で何が重要でないかが目くらましされているようだが、これは英語の"wag the dog"、日本語でいうところの「本末転倒」だと山内昌之氏は指摘する。確固たる政治戦略と軍事作戦をもつロシアやイランを相手に、トランプ外交はこの先どんな道を歩むのだろうか。(全3話中第3話)
時間:12:01
収録日:2018/11/29
追加日:2019/02/05
ジャンル:
≪全文≫

●オバマ氏の「逆」を行くのがトランプ政権の道?


 皆さん、こんにちは。

 「トランプ大統領と中東」と述べた場合、トランプ氏の中東政策は、"wag the dog"という英語の言い回しを思い出させるところがあります。日本語では「本末転倒」とでも言いましょうか。重要でないことを重要だと見せかけ、重要なことをさも重要でないように見せるようなときに"wag the dog"という言葉が使われます。そのレトリックは、まさにドナルド・トランプ大統領特有のものです。

 シリアにおける中東の複合危機の本質は、ロシアやイランと比べて、アメリカが曲がりなりにも公平な調停者として民主的に振る舞ってきたことにゆえんします。ロシアやイランが持つ政略と作戦は、その内容な本質において決していいものではないとはいえ、彼らはそれなりの政治戦略と軍事作戦を結合させて中東の再編政策を練っています。プーチン大統領にいたっては妥協の余地なく、まっすぐにインテグリティ(誠意)を持って取り組んでいるのです。

 アメリカの場合、トランプ大統領にはバラク・オバマ大統領との政策の不一致があり、今日、オバマ大統領のデザインをそのまま継承しているわけではありません。むしろトランプ大統領の特徴は、一つの頭文字で言うならば「R」、"reversal(あべこべ)"。すなわちオバマ大統領となんでもあべこべのことをするのが特徴でした。

 しかし、トランプ大統領のこうした方向は、アメリカ国内において必ずしも批判ばかりされているとは限らず、この間の中間選挙においても下院では敗色濃厚でしたが、上院ではそれなりに彼の言うところの「勝利」により過半数を占めることになったわけです。


●トランプ大統領の強い支持基盤「宗教右派」


 これはトランプ大統領が、とりわけ「宗教右派」に強い基盤を持っているためです。市民に根強いプロテスタントの中でも、キリスト教福音派はアメリカ国民の約4分の1を占めているとされます。彼らがいわゆる宗教右派で、聖書に書かれていることは、伝承や神話にさかのぼる余地なく、さまざまな奇跡やイエスの言行もすべて歴史的事実と解釈しなければならないという立場で信仰を深めています。

 トランプ大統領は、彼らを強い基盤としています。キリスト教福音派は、今のイスラエルを支配する連立政権の中でも強い影響力を持つユダヤ教原理主義派(本質的な正統派)とされる人々と親和性の高い存在です。

 ユダヤ教正統派の人々は、金曜日の日没に始まる安息日には絶対に働きません。エレベーターに乗っても、各階スイッチに手で触ることは「動かす」ことになるので触りません。タクシーも動くから乗ってはならないし、動かしてはならない。イスラエルのホテルでは、各階停止のエレベーターに出会ったことがあります。階が押せないので、各階に止まっていくかたちです。このような正統派にも通じるキリスト教福音派の強い基盤により、トランプ氏は政治権力を維持しているわけです。

 ただし、ユダヤ教の市民のすべてが正統派であるわけではなく、とくにアメリカにおいてはリベラル派が大半を占めていると言えます。パレスチナ問題についても、なんとかして平和裡に解決しようという考え方が、歴代のとりわけ民主党には強く、民主党大統領等々を束縛してきました。

 現在のアメリカにおいては、民主党の一部議員だけがトランプ氏の路線を批判し、パレスチナ陣営を弾圧するイスラエル政府に対して批判をする人々で、さらに言えば「アメリカ民主主義の良心」として存在しています。トランプ大統領が、彼らとはまったく逆の立場を取っているのは、なかなか興味深いことです。


●一貫性と戦略性の欠如するトランプ氏の中東戦略


 トランプ氏には、中東戦略に関して一貫性すなわち戦略性が欠如しているところがあります。シリア情勢は、アサド政権とそれを支援するロシア、イラン、レバノンのヒズボラ陣営の勝利に終わろうとしています。また、シリアにおける、本来アメリカに一番近いはずの自由シリア軍(FSA)などの苦境を知りながら、トランプ政権はシリアからできるだけ撤退しようとしています。

 ただ、トランプ氏は時々自らの政治的スタンスを主張し、アピールするために思い切ったジェスチャーをすることがあります。それは、化学兵器の使用に対する報復という作戦です。

 例えば2018年4月7日にバッシャール・アル・アサド大統領はスンナ派の住民に対して、ダマスクス郊外の東グータ地区で化学兵器攻撃を行い、50人以上が死亡したと伝えられています。抵抗するスンナ派の住民に恐怖心を植え付けるのが目的だったとされます。

 これに対して1週間後、4月14日にアメリカは、イギリス・フランスを誘って報復攻撃をしましたが、この攻撃は継続性や戦略性に乏しいものでした。何よりもトランプ氏は...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。