10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
樋口隆一

樋口隆一

ひぐちりゅういち

明治学院大学名誉教授/音楽学者/指揮者
1946年、東京生まれ。

音楽学者、指揮者。
慶應義塾大学大学院博士課程在学中にDAAD奨学生としてドイツ留学。
テュービンゲン大学哲学博士。
明治学院名誉教授。
明治学院バッハ・アカデミー芸術監督。
元国際音楽学会(IMS)副会長。
京都音楽賞研究評論部門賞、辻荘一賞、テオドル・ベルヒェム賞。
オーストリア学術芸術功労十字章。

著書に
『バッハの人生とカンタータ』
『バッハ探究』
『バッハから広がる世界』(以上春秋社)、
『バッハ』(新潮文庫)、
『バッハ カンタータ研究』(音楽之友社)、
『バッハの風景』(小学館)など。

また、CDに
バッハ《マタイ受難曲》《カンタータ傑作集》、
ベートーヴェン《ミサ・ソレムニス》、
フォーレ《レクイエム》 ほか多数がある。

講義

中世ヨーロッパの基礎的な学問「7自由学科」の一つが音楽

バッハで学ぶクラシックの本質(1)リベラルアーツと音楽

クラシック音楽に関心がある人もない人も、バッハの名を耳にしたことはあるのではないだろうか。バッハの音楽がなぜ人を惹きつけるのかを考えるためには、西洋のクラシ...
収録日:2019/09/19
追加日:2019/11/01

12世紀後半の細密画から絵解きするリベラルアーツ

バッハで学ぶクラシックの本質(2)リベラルアーツの内容

リベラルアーツとは具体的にどのような内容なのだろうか。文科系3科目、理科系4科目の計7科目に関して、12世紀後半に描かれた細密画を用いて、詳細な解説を加える。この...
収録日:2019/09/19
追加日:2019/11/01

ピタゴラスが提唱した「天空の音楽」という考え方

バッハで学ぶクラシックの本質(3)宇宙の調和と音楽

なぜ音楽はリベラルアーツの一部として重要視されてきたのか。実は、「音楽」という言葉には、現代的な意味よりもはるかに大きい世界の調和を示す意味があった。その中...
収録日:2019/09/19
追加日:2019/11/01

バッハは私たち現代人とは異なる感覚で作曲していた

バッハで学ぶクラシックの本質(4)バッハの作曲への姿勢

西洋クラシック音楽の源流は、宇宙までを巻き込んだ壮大な調和の世界の中に存在した。バッハはそうした流れを汲み、天才的な作曲家であったにもかかわらず、常に作曲に...
収録日:2019/09/19
追加日:2019/11/07

近いテーマの講師一覧

片山杜秀

慶應義塾大学法学部教授音楽評論家

野本由紀夫

玉川大学芸術学部芸術教育学科教授

池上英洋

東京造形大学教授

中島隆博

東京大学東洋文化研究所 教授

渡部泰明

東京大学大学院人文社会系研究科教授

宮廻正明

東京藝術大学 名誉教授