10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
野本由紀夫

野本由紀夫

のもとゆきお

玉川大学芸術学部芸術教育学科教授
1986年、東京藝術大学音楽学部卒業。
1989年、東京藝術大学大学院研究科(修士課程)修了。
1990年~1993年、ドイツ学術交流会(DAAD)奨学金により、ハンブルク大学博士課程に留学。
1993~2001年、桐朋学園大学音楽学部に勤務。
2003年より、玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科非常勤講師、メディア・アーツ学科助教授、同学科教授を経て、2014年より芸術教育学科教授。

また、日本音楽学会選出役員。全日本ピアノ指導者協会 (PTNA)正会員。
新潟県音楽コンクール審査委員長。
NHK-Eテレ「ららら♪クラシック」のららら委員長を務めるなどテレビにも数多く出演している。
NHK放送センター長特賞受賞(2011年)

著書に、
『はじめてのオーケストラ・スコア』(音楽之友社)、
『クラシックの名曲解剖』(ナツメ社)、
『NHKクラシックミステリー 名曲探偵アマデウス』(ナツメ社)、
リスト原典版楽譜(全音楽譜出版社より7冊)など多数。

講義

ピアノの歴史は江戸時代に始まった

ピアノでたどる西洋音楽史(1)ヴィヴァルディとバッハ

西洋音楽史を、ピアノ演奏を交えながら解説いただく画期的な試み。しかし実際にピアノが楽器として確立したのは案外新しい。第1回では、なじみ深いヴィヴァルディのヴァ...
収録日:2019/09/04
追加日:2019/11/01

「交響曲の父」は「オーケストラの父」でもあった

ピアノでたどる西洋音楽史(2)ハイドンとオーケストラ

ヴィヴァルディやバッハのバロック時代を経て、18世紀の半ばから音楽は「古典派」の時代を迎える。交響曲の父ハイドンにより、オーケストラの基本的な編成や楽曲の形式...
収録日:2019/09/04
追加日:2019/11/01

交響曲より「オペラ」を重視したモーツァルト

ピアノでたどる西洋音楽史(3)モーツァルトとオペラ

交響曲の父ハイドンが尊敬してやまなかったのは、親子ほど年下の天才モーツァルトだった。宮廷への「就活」に失敗したモーツァルトは金を生む卵としてオペラやピアノ協...
収録日:2019/09/04
追加日:2019/11/08

近いテーマの講師一覧

片山杜秀

慶應義塾大学法学部教授音楽評論家

池上英洋

東京造形大学教授

樋口隆一

明治学院大学名誉教授音楽学者指揮者

中島隆博

東京大学東洋文化研究所 教授

渡部泰明

東京大学大学院人文社会系研究科教授

宮廻正明

東京藝術大学 名誉教授