テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
西川廣人

西川廣人

さいかわひろと

日産自動車株式会社 元代表執行役社長
1953年生まれ。
1972年東京都立戸山高等学校卒業。
1977年東京大学経済学部、経済学科卒業後、日産自動車株式会社入社。
米国留学、米国駐在等を経て、1998年欧州日産、ジェネラルマネージャー。
2000年ルノー日産共同購買、エグゼクティブジェネラルマネージャー。
2005年日産自動車、取締役副社長、欧州事業統括、グローバル購買統括。
その後、北米事業統括、アジア、日本事業統括、モノづくり機能(開発、生産、購買、SCM)統括を歴任。
2017年4月同代表取締役社長兼CEOに就任。
2019年9月同代表執行役、社長兼CEO退任。2020年2月同取締役退任。

他の主な役職歴:
フランス、Renault SA. 取締役(2006年~2016年)、
東風汽車有限公司、董事(2009年~2019年)、
日本自動車工業会会長(2016年~2018年)、
株式会社アイディーエス(本社:東京都港区)顧問 2020年7月就任。

ゴーン改革の反省とグローバル経営の教訓 (全9話・3話配信中)

収録日:2020/11/10
追加日:2021/05/03

カルロス・ゴーン氏が来る以前の日産の最大の問題とは?

ゴーン改革の反省とグローバル経営の教訓(1)ゴーン以前

追加日:2021/05/03
 西川廣人氏は、日産自動車社長兼CEO(最高経営責任者)を務め、カルロス・ゴーン氏が来る以前と以後の日産の両方を体験するという、貴重な経験を積んでこられた。「ゴーン改革」は日本企業に大きな衝撃を与えたが、いわば日本企業が...

なぜ「日産リバイバルプラン」を前倒しで達成できたのか

ゴーン改革の反省とグローバル経営の教訓(2)最初のステップ

追加日:2021/05/10
 西川氏が振り返るのは、ゴーン体制の最初のステップの鮮やかさだ。個別に抱える複雑な問題を解決するために、グローバルな横軸を通し、さらに地域毎の「マネジメントコミッティ」をつくった。そして「共通の定義」による「共通の目...

ゴーン改革のなかで経営者人材はいかに育ったのか?

ゴーン改革の反省とグローバル経営の教訓(3)経営者人材の育成

追加日:2021/05/17
 組織運営では、あまり当初の指標にこだわると、前に進みにくくなる。ゴーン改革の妙味は、短期で達成できる具体的な成功体験を全社的に味あわせるところにあった。また、ヨコ軸とタテ軸のクロスファンクショナルな経営を進めていく...

近いテーマの講師一覧

楠木建

一橋大学大学院 経営管理研究科 国際企業戦略専攻 教授

柳川範之

東京大学大学院経済学研究科・経済学部 教授

佐宗邦威

戦略デザインファームBIOTOPE 代表

伊藤元重

東京大学名誉教授学習院大学国際社会科学部教授

谷口和弘

慶應義塾大学商学部教授南開大学中国コーポレート・ガバナンス研究院招聘教授

遠山亮子

中央大学 ビジネススクール大学院 戦略経営研究科 教授

新浪剛史

サントリーホールディングス株式会社 代表取締役社長

佐々木健一

NHKエデュケーショナル シニアプロデューサー(TVディレクター/ノンフィクション作家)

真野俊樹

中央大学大学院戦略経営研究科 教授多摩大学大学院 特任教授医師