10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2019.06.06

ミルクティーとロイヤルミルクティーの違いは?

 生活していると、ふとした瞬間に「これとこれの違いって何だろう?」と思うことがありますよね。例えば喫茶店で「ミルクティー」と「ロイヤルミルクティー」が用意されている場合もありますが、その違いをきちんと説明できる人はどれくらいいるでしょうか。

 今回はそんな身近にある「違い」を紹介していきましょう。

ミルクティーとロイヤルミルクティーの違い

 ミルクティーとロイヤルミルクティーの違いは作り方にあります。ミルクティーは出来上がった紅茶にミルクを入れますが、ロイヤルミルクティーは温めたミルクと水(またはミルクのみ)に茶葉を入れて蒸らして作るのです。そのため、ロイヤルミルクティーはミルクティーよりコクのある味わいになります。

 ただし英国王室を連想させるロイヤルという名前がついているものの、紅茶の本場イギリスには「ロイヤルミルクティー」は存在しません。同じような作り方のものに「シチュードティー(煮込んだ紅茶)」というものがありますが、そもそもイギリスでは紅茶にミルクを入れる飲み方が主流。ロイヤルミルクティーは日本独自の飲み物ということも意外な事実といえます。

コーヒーとエスプレッソの違い

 同じくカフェで提供されるメニューの代表格であるコーヒーですが、店によってさまざまなメニューが用意されていますよね。たとえば普通のコーヒーとエスプレッソには、どんな違いがあるのでしょうか。

 コーヒーの抽出方法は大きく分けてドリップ式とエスプレッソ式に分けられています。ドリップ式とは濾紙を使ってじっくりと豆の間にお湯を通して抽出する方法。浅煎りのコーヒー豆を使うことが多いので、飲みやすい味わいになるのが特徴です。一方、エスプレッソ式は短時間で圧力をかけて抽出します。主に深煎りのコーヒー豆を使うので味が濃く苦みが強い仕上がりになります。

 また、よくカフェオレとカフェラテの違いが話題に上ることがありますが、どちらもコーヒーにミルクを加えたものという点では同じ。使うコーヒーによって呼び方が変わり、ドリップコーヒーを使ったものをカフェオレ、エスプレッソを使ったものをカフェラテと呼ぶのです。また、味が濃いエスプレッソはアレンジが多彩で、泡立てたミルクを入れたものをカプチーノ、泡立てたミルクを少量入れたものをマキアート、チョコレートシロップやココアを入れたものをカフェモカと呼びます。こうしてみると、なんとなくで選んでいたコーヒーのメニューへの理解が深まるのではないでしょうか。

醸造酒と蒸留酒の違い

 最後に紹介するのはお酒。ビールやワイン、日本酒、焼酎などお酒の種類はさまざまですが、作り方の工程によって「醸造酒」と「蒸留酒」に分けることができます。

 醸造酒は穀物や果汁をアルコール発酵させてつくった酒で、ビールやワイン、日本酒などが分類されます。一方、蒸留酒は醸造酒に熱を加えた酒で、気化したアルコールを冷やして再び液体にすることで、醸造酒に比べてアルコール度数が高くなるのです。蒸留酒にはウイスキーやウォッカ、泡盛など、確かにアルコール度数の高いお酒が分類されています。

 製造方法が違うことによって異なる部分は他にもあります。「蒸留酒の方が翌日に残りにくい」と言われますが、これは製造過程で不純物が除かれてシンプルなお酒になって分解がしやすいため。同じ理由で「醸造酒よりも太りにくい」とも言われています。

分かると日々がちょっと楽しくなる「違い」

 普段はあまり気にしないものの、わかると「なるほど!」と日々が少し楽しくなる違い。自分が気になったものの「違い」があれば、調べてみてはいかがでしょうか。
(10MTV編集部)

あわせて読みたい