テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2021.08.23

スマホの寿命は何年?買い替えのサインは?

 生活になくてはならないガジェットとして定着したスマートフォン(スマホ)。新機種の発売時期になると、機種変にむけてソワソワしてくる人も多いのではないでしょうか。そんなスマホですが、近年、高機能化することで価格も上昇。新機種ごとに気軽に買い替えしてきた人も、さすがに慎重に検討するようになってきたようです。今回は、そんなスマホの寿命や、買い替えのタイミングについて調べてみました。

スマホの平均寿命

 スマホの代表格のひとつiPhoneは、Apple社より公式に使用年数を3年と発表されています。とはいっても、3年経過するとすぐさま使用できなくなるわけではありません。実際には、4年から6年くらい使い続けているユーザーも少なくないようです。

 ちなみに、厚生労働省の消費動向調査によると、携帯電話全体の平均使用年数は3年~4年とされています。買い換えや機種変の理由として最も多かったのが「故障」でした。

 スマホ本体の故障もありますが、バッテリーの持ちが悪くなったタイミングも寿命としてカウントできそうです。5年以上同一機種を使い続けているユーザーは、おそらくどこかのタイミングでバッテリー交換をしていることが考えられます。

バッテリーの寿命は?

 バッテリー寿命も技術革新によって性能は向上していますが、「最近バッテリーのもちが悪いな…」と感じたら、まず状態をチェックすることをオススメします。

 iPhoneの場合、「設定」画面から「バッテリー」>「バッテリーの状態」の順にタップすることで、バッテリーの状態をチェックすることができます。最大容量がほぼ100%に近ければ問題ないです。その場合は、アプリの使用状況や使用環境をチェックしましょう。GPS(位置情報サービス)を利用したアプリの使用状況やWi-Fi、Bluetooth機器などとの接続などは電力をかなり消費します。

 最大容量が80%と表示されている場合、フル充電しても新品時の80%程度しか充電できない状態を示しています。70%下回るあたりが「最近バッテリーのもちが悪いな…」と感じるレベルでしょう。

 ちなみに、Apple社ではバッテリーの品質基準を「フル充電サイクルを500回繰り返した時に、本来の容量の最大80%を維持できるように設計されている」としています。つまり、1日1回充電する使用頻度で、1年半使用すればバッテリー容量は最大でも80%までしか充電できなくなり、寿命としては大体2年というボーダーが見えてきます。もちろん、使用環境や使用頻度にもよるので、あくまでも参考値と捉えてください。

買い替えタイミングのサイン?

 液晶が破損したり、水没させたりと物理的な故障はさておき、スマホの買い替えのサインとしては、バッテリーの持ちを目安にするのがよいでしょう。利用年数が2年以上過ぎており、さらにフル充電しても一日もたないようになったら、買い替えをオススメします。
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
自分を豊かにする“教養の自己投資”始めてみませんか?
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

昭和は気合い…!?令和のコミュニケーションで大事なこと

昭和は気合い…!?令和のコミュニケーションで大事なこと

メンタルヘルスの現在地とこれから(2)職場のコミュニケーション

時代に伴ってコミュニケーションは変化する。昭和の時代、職場では今でいうハラスメント(パワハラ、セクハラなど)的なコミュニケーションをよく見かけたが、現在では「マイクロアグレッション」といわれる、本人も自覚しない...
収録日:2024/04/17
追加日:2024/06/22
斎藤環
精神科医
2

世界が驚いた!コロナ禍の日本人をジョークにすると…

世界が驚いた!コロナ禍の日本人をジョークにすると…

世界のジョーク集で考える笑いの手法と精神(2)世界と日本のジョークの違い

ルーマニアで集めたジョークを皮切りに、「世界のジョーク集」に発展させていった早坂氏。その中で気づいたのは、世界と日本のジョークではマナーに違いがあるということである。例えば、欧州ではジョークを話す人に対してある...
収録日:2024/03/14
追加日:2024/06/21
早坂隆
ノンフィクション作家
3

OpenAI創業者サム・アルトマンとはいかなる人物なのか

OpenAI創業者サム・アルトマンとはいかなる人物なのか

サム・アルトマンの成功哲学とOpenAI秘話(1)ChatGPT生みの親の半生

ChatGPTを生みだしたOpenAI創業者のサム・アルトマン。AIの進化・発展によって急速に変化している世界の情報環境だが、今その中心にいる人物といっていいだろう。今回のシリーズでは、サム・アルトマンの才能や彼をとりまくアメ...
収録日:2024/03/13
追加日:2024/04/19
桑原晃弥
経済・経営ジャーナリスト
4

躍進する「グローバル・サウス」77カ国が世界に与える影響

躍進する「グローバル・サウス」77カ国が世界に与える影響

グローバル・サウスは世界をどう変えるか(1)グローバル・サウスの影響力

世界の政治・経済をリードしてきたG7を中心とする先進諸国の影響力は徐々に薄れつつある。それに対して、BRICSを筆頭にして「グローバル・サウス」と呼ばれる新興国・途上国の台頭が目覚ましい。現在、国連によるとグローバル・...
収録日:2024/02/14
追加日:2024/04/03
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
5

地域間の不均衡解消、電力移動を可能にする「3つの階層」

地域間の不均衡解消、電力移動を可能にする「3つの階層」

日本のエネルギー&デジタル戦略の未来像(7)電力供給の「3つの階層」

カーボンニュートラルな再生可能エネルギーを生み出す技術は、すでに確立されつつある。問題は、それをいかにして社会に実装し、使用率を高めるかである。分散型の電力供給が前提となる中で、地域間や消費者間の電力移動を可能...
収録日:2024/02/07
追加日:2024/05/25
岡本浩
東京電力パワーグリッド株式会社取締役副社長執行役員最高技術責任者