テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2022.10.28

全国で唯一「電車が走っていない」県とは?

 鉄道は日本のあらゆるエリアに敷設されています。しかし中には鉄道ではあっても、厳密な意味での「電車」が走っていないとされるところがあります。ではそもそもどういう列車を電車と呼ぶのでしょうか、また今後、鉄道はどうなるのでしょうか。ここで少しだけ見てみましょう。

列車には大きく「電車」と「気動車」がある

 多くの場合、レールの上を走っている列車を私たちは「電車」と呼びます。しかし、厳密な意味での「電車」とは架線を通して流れる電力で走っている列車のことをさしています。つまりディーゼルエンジンや、最近開発されている燃料と電力(バッテリー含む)のハイブリッドで動いている車両は、「電車」とは異なります。徳島県は全国で唯一、こういった意味での「電車」が県内を走っていません。

 実際に徳島のひとは地元の列車のことを「汽車」と呼ぶそうです。「汽車」と聞くとちょっと懐かしくて趣深いですが、正式に呼称としてはディーゼルエンジンで動く列車は「気動車」と定義されます。つまり、列車はその動力によって大きくは「電車」と「気動車」に分けられます。電化されていない路線を走る「気動車」自体は、全国のローカル線などではそこまで珍しくはありません。ただし県内すべてが非電化路線という条件だと徳島県のみということになります。

なぜ徳島では「電車」が走っていないのか

 では、なぜ徳島には電車が走っていないのでしょうか。マイナビニュースの記事によると、この原因は「私鉄が発達しなかったから」とのこと。四国の私鉄は比較的小規模で、都市部を通っていることから全面で電化しています。一般的に私鉄は経営の効率化が優先されるので、低コストで輸送することは当然です。都市部であれば運行本数が多いことから、架線を通して電力を受け取って走る「電車」のコストが低くなります。しかし、運行本数が少ない路線では電車だとむしろ架線の保守管理に費用がかかります。このことから特に地方のローカル線では「電車」よりも「気動車」の方がコストは下がります。

 また都市部から電車が直通するような駅であれば、架線が引かれ「電車」が入ってきます。たとえば島根県の出雲市駅には、東京駅を始発とする寝台特急「サンライズ出雲」がやってきます。もちろんこれだけが理由ではないと思われますが、全国的に人口が少ない島根県であっても、出雲市(正確には車両基地につながる西出雲駅)より東側では「電車」が走っています。

 四国の他の県を見てみましょう。四国に最寄りの新幹線の駅は岡山駅。ここから瀬戸大橋を渡って四国に入りますが、本州寄りの香川県と愛媛県は特急「電車」が走っています。一方、瀬戸内海方面からはやや遠い高知県、徳島県と岡山駅とをつなぐ特急は「気動車」です。このあたりは旧国鉄時代に、瀬戸内海側から電化されていった背景があるようです。しかし、高知県内には路面電車「とさでん」が走っています。このことから高知県は電車が走っている県と言えます。こうして徳島県だけが電化された路線がない県となっています。

水素燃料電池式ハイブリッドカーも開発中

 ディーゼルエンジンは環境負荷の観点から言えばやや問題があります。かといって今から電化するには大変なコストがかかる上に、それに見合った効果は見込めません。こういったことから非電化路線ではバッテリー式であったり、バッテリーとディーゼルのハイブリッド式であったりといった技術の応用も進んでいるようです。特に秋田県の男鹿線では、架線からの電力供給を受ける電車でありながら蓄電池も搭載した電車、つまり充電した電力で非電化区間も走れる車両が活躍しています。

 ただ、これだとやや電池のスペースによって客室が狭くなったり、システムが複雑になったりするといった不都合もあるとのこと。こういった問題を解決すべく、JR東日本はトヨタ自動車、日立製作所と共同で、「水素燃料電池式ハイブリッドカー」を開発しています。これであれば、電車路線、気動車路線どちらでもクリーンに走行可能とのこと。この先、こういった新たな列車の形が普及していく可能性はあります。

<参考サイト>
47都道府県で唯一電車がない徳島県に「電鉄」が存在した!?|マイナビニュース
https://news.mynavi.jp/article/trivia-302/
電車が無い県から先進的電車のある県へ│徳島県とくしま目安箱
https://www.pref.tokushima.lg.jp/opinion/7204675/
もはや電車と気動車の差はなく、経営効率化を睨み電化廃止が進む=土屋武之|エコノミストOnline
https://weekly-economist.mainichi.jp/articles/20220201/se1/00m/020/043000c
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
“社会人学習”できていますか? 『テンミニッツTV』 なら手軽に始められます。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,100本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

地域間の不均衡解消、電力移動を可能にする「3つの階層」

地域間の不均衡解消、電力移動を可能にする「3つの階層」

日本のエネルギー&デジタル戦略の未来像(7)電力供給の「3つの階層」

カーボンニュートラルな再生可能エネルギーを生み出す技術は、すでに確立されつつある。問題は、それをいかにして社会に実装し、使用率を高めるかである。分散型の電力供給が前提となる中で、地域間や消費者間の電力移動を可能...
収録日:2024/02/07
追加日:2024/05/25
岡本浩
東京電力パワーグリッド株式会社取締役副社長執行役員最高技術責任者
2

人間だけが大人になっても「学び」を持続できる

人間だけが大人になっても「学び」を持続できる

「学びたい」心のための環境づくり

人生を豊かに、充実したものにするために、必要不可欠なスパイスとなるのが「好奇心」であることを否定する人はいないだろう。しかし、この「好奇心」は、進化生物学見地からすると、どのように考えられるのだろうか。行動生態...
収録日:2018/02/14
追加日:2018/05/01
長谷川眞理子
日本芸術文化振興会理事長
3

「金持ちになりたい」は失敗する!?鍵は仲間と実行力と情熱

「金持ちになりたい」は失敗する!?鍵は仲間と実行力と情熱

サム・アルトマンの成功哲学とOpenAI秘話(6)スタートアップ成功の秘訣:後編

世界を変える革新的なプロダクトは、一人の天才的な経営者が生み出しているように思われがちだが、実際にはそうした経営者を支える仲間がいるケースがほとんどだという。前回は、「スタートアップ成功の秘訣」の前編として、ア...
収録日:2024/03/13
追加日:2024/05/24
桑原晃弥
経済・経営ジャーナリスト
4

日本が必要なのは「軽武装・経済優先主義」からの大転換

日本が必要なのは「軽武装・経済優先主義」からの大転換

グローバル・サウスは世界をどう変えるか(8)日本の新しい平和戦略

日本は戦後70年以上、日米安保の下で経済活動だけに注力してきた。そして1人当たりのGDPではアメリカと肩を並べるほどに急成長したものの、この「軽武装・経済優先主義」の代償として国民の安全保障への意識低下を招いた。だが...
収録日:2024/02/14
追加日:2024/05/22
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
5

男性脳と女性脳の違いから分かる「子育てのトリセツ」

男性脳と女性脳の違いから分かる「子育てのトリセツ」

黒川伊保子先生に学ぶ「子育てのトリセツ」(1)男性脳と女性脳はどこが違うのか

「男性と女性では、とっさに見る場所が異なる」――。まだ男女の脳が違うということが社会的に話題にならなかった頃から人工知能開発に携わってきた黒川伊保子先生。その過程で気づいた「男女の脳の特性の違い」とは何か。(全7話...
収録日:2021/06/28
追加日:2021/08/23
黒川伊保子
株式会社感性リサーチ 代表取締役社長