テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2023.05.24

貯金箱はなぜ「豚」なのか

貯金箱の定番といえば豚ですが…

 昭和に連載が始まり、令和の現在も子どもたちに人気のギャグ漫画「あさりちゃん」。この作品を読んで育ち、今でもお気に入りという方も多いのではないでしょうか。そんなあさりちゃんは公式ツイッターで作品のお知らせやあさりちゃんの日常を発信しており、2023年2月6日に「トルコ・シリア地震」が発生したときには、無駄遣いばかりするあさりちゃんが寄付をするためにお金を貯めたことをツイートしています。

 このツイートには小さな豚を手に乗せたあさりちゃんのイラストが添えられているのですが、一体なにを意味しているのでしょうか……と疑問を挟むまでもなく、豚が貯金箱だということはすぐにわかりますよね。そう、日本では「貯金箱=豚」というイメージが、定番として広く根づいているのです。

 そして実は、豚が貯金箱の定番になっている国は日本だけではありません。むしろ世界中でメジャーな存在です。そもそも、豚の貯金箱発祥の国は海外なのです。

豚の貯金箱誕生の経緯とは

 豚の貯金箱は14世紀のイギリスで誕生したとされています。もともとイギリスには、ちょっとした小銭を赤土でできた壺に入れておく習慣があり、この壺が発展して貯金箱になりました。ではなぜモチーフが豚になったのかについては諸説ありますが、貯金箱をつくる職人が発注を聞き間違えたという説が第一に上げられます。貯金箱の素材である赤土の粘土の名前は「pygg」といい、豚を意味する「pig」と発音がほぼ同じなので、「赤土(pygg)の貯金箱」を「豚(pig)の貯金箱」だと思ってつくってしまった……というわけです。

 つまり、できあがった貯金箱は欠陥品だったのですが、職人が試しに販売してみるとかわいらしい見た目が人気を呼び、イギリスからヨーロッパ全土にも広がっていきました。19世紀ごろにはヨーロッパでも豚の貯金箱が定番になったといわれます。

 また、豚は一度に10頭近く出産することから子孫繁栄の象徴であり、「子どもがどんどん生まれる=財産がどんどん増える」とも考えられている縁起がいい動物です。貯金箱にはぴったりといえるでしょう。お肉だけでなく、皮や骨も利用できる無駄のない動物であることから、「無駄遣いを避けられる」と考えられる点も貯金箱にぴったり。豚はまさに、見た目も縁起も貯金箱にふさわしいモチーフなのです。

日本にはいつごろ上陸したのか

 イギリスからヨーロッパに渡った豚の貯金箱が、日本にやってきたのは20世紀に入ってから。1961(昭和36)年に、三菱銀行が口座を開設した預金者へのノベルティとして配った「ブーちゃん貯金箱」がはじまりといわれます。この貯金箱はなんと140万個も配布されたのだとか。無料のサービス品だったとはいえ、当時大人気だったダッコちゃん人形の販売数が40万個だったことと比較しても、その人気ぶりがうかがえます。ブーちゃん貯金箱は現在でもネットオークションやフリマアプリに出品されており、人気のレトロアイテムになっています。

 昭和に人気を呼んだ豚の貯金箱が今でも定番として愛され、令和の時代になっても昭和から続く人気漫画のキャラクターといっしょに描かれている姿を見られると、どんなに時代が流れても色褪せない文化があることを改めて感じさせられますね。

<参考サイト>
・レタスクラブ 聞き間違えが誕生のきっかけ? 世界中で最も多い動物の貯金箱は“豚”だった!
https://www.lettuceclub.net/news/article/190150/
・FUNDO 貯金箱のデザインはなぜブタが定番なの?その理由を解説!!
https://fundo.jp/328403
・LIMIA 世界中で愛される貯金箱の定番!ブタの貯金箱おすすめ10選!
https://limia.jp/article/119138/
・介護のみらいラボ 【今日は何の日?】12月1日=三菱銀行が「ディズニー預金」をスタート(1962年) / 雑学ネタ帳
https://kaigoshoku.mynavi.jp/contents/kaigonomirailab/news/today/20221201_00/
・あさりちゃん公式ツイッター
https://twitter.com/asarichan927/status/1628574362604560386

~最後までコラムを読んでくれた方へ~
自分を豊かにする“教養の自己投資”始めてみませんか?
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

ぜいたくは素敵だ!?…戦時中の日本にもあった諷刺の精神

ぜいたくは素敵だ!?…戦時中の日本にもあった諷刺の精神

世界のジョーク集で考える笑いの手法と精神(1)体制を笑うジョークと諷刺の精神

「ジョークは時代を映す鏡」といわれる。ウクライナと中東では戦争と紛争が続いており、一部の専制国家では自由な言論ができない社会で市民は暮らしている。そうした抑圧された環境下では、体制を笑う諷刺的なジョークが生まれ...
収録日:2024/03/14
追加日:2024/06/14
早坂隆
ノンフィクション作家
2

直観型と熟慮型…2つの思考回路を使い分ける人間の特徴

直観型と熟慮型…2つの思考回路を使い分ける人間の特徴

行動経済学とマーケティング(2)行動経済学を構成する「3つの分野」

行動経済学は、3つの分野で構成されている。「現象の描写」「メカニズムの説明と理論」「実社会への適用」の3つだが、それぞれどのようなものなのか。詳しく解説し、従来の経済学との違いを明確にしていく。(全6話中第2話)
収録日:2024/04/08
追加日:2024/06/13
阿部誠
東京大学 大学院経済学研究科・経済学部 教授
3

松下幸之助は聞き上手ではなく言わせ上手…素直な心で即断

松下幸之助は聞き上手ではなく言わせ上手…素直な心で即断

松下幸之助の危機克服~熱海会談の真実(1)最初の出会いでの衝撃

「私は松下幸之助に惚れました。この人についていこうと思いました」――こう語るのは、28歳から25年間、幸之助の薫陶を受けた佐久間氏。かつて松下電器産業副社長を務めた氏が幸之助から学んだこととは何だろう。最初の出会いで...
収録日:2023/12/01
追加日:2024/06/10
佐久間曻二
元松下電器産業副社長
4

「トゥキディデスの罠」の教訓、大事なのは4つの戦争回避

「トゥキディデスの罠」の教訓、大事なのは4つの戦争回避

地政学入門 歴史と理論編(7)戦争を起こさないための地政学

国際社会において戦争を起こさないためには、これまでの歴史を踏まえて地政学的に世界情勢を分析することである。第1次・第2次世界大戦から冷戦期における分析からはじめ、古代ギリシャから現代まで引き継がれる「トゥキディデ...
収録日:2024/03/27
追加日:2024/06/11
小原雅博
東京大学名誉教授
5

躍進する「グローバル・サウス」77カ国が世界に与える影響

躍進する「グローバル・サウス」77カ国が世界に与える影響

グローバル・サウスは世界をどう変えるか(1)グローバル・サウスの影響力

世界の政治・経済をリードしてきたG7を中心とする先進諸国の影響力は徐々に薄れつつある。それに対して、BRICSを筆頭にして「グローバル・サウス」と呼ばれる新興国・途上国の台頭が目覚ましい。現在、国連によるとグローバル・...
収録日:2024/02/14
追加日:2024/04/03
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授