テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2023.07.27

意外と知らない「大物家電の寿命と買い替え時」

 大物家電(大型家電)というと、テレビ・エアコン・冷蔵庫・洗濯機などが該当します。新型は定期的に発売されていますが、これらはいったん据え付けたあとは、あまり頻繁には買い替えないかもしれません。ではこれらは一般的にどれくらいのサイクルで、またどういった理由で買い替えられているのでしょうか。

平均使用年数は10年から13年程度

 内閣府の調査資料では、2022年(令和4年)4月から2023年(令和5年)3月の一年間に主要耐久消費財(家電製品、自動車、家具、スマホなど)を買い替えた世帯での、それぞれの平均使用年数を算出しています。これによると、代表的な大型家電4つについて、比較的使用年数が長い順に並べると以下の通りとなっています。

ルームエアコン 13.6年
電気冷蔵庫 13.0年
カラーテレビ 10.7年
電気洗濯機 10.1年

 軒並み10年以上なので、それなりに長く使われていると考えていいかもしれません。また資料を見ると、故障での買い替えが最も多くなっています。この割合は次の通り。

ルームエアコン 65.1%
電気冷蔵庫 63.0%
カラーテレビ 64.8%
電気洗濯機 74.2%

 どの製品においても6割以上、特に洗濯機では7割以上の人が故障によって買い替えていることがわかります。つまり大型家電に関しては、一般的に約10年を超えると寿命が来て買い替えることになる、と考えていいかもしれません。
 

パーツがあれば修理も選択肢

 もちろん10年超というのは平均なので、その前に壊れる場合もあり得ます。こうなると故障しても修理してまだ使いたいという場合もあるでしょう。修理可能かどうかという点に関しては、交換パーツがメーカーにあるかどうかという点がポイントです。パーツがあれば修理対応してもらえることになります。一般的にその製品の製造を中止したあとも、一定期間、メーカーは修理対応のためにパーツを保持しています。

 「公益社団法人 全国家庭電気製品公正取引委員会」は、製造を打ち切った機器の交換用部品(補修用性能部品)保有期間を決めています。これによると、エアコンと電気冷蔵庫は9年、カラーテレビ8年、電気洗濯機は6年となっています。これを受けてメーカーは製品ごとに最低保有期間を決めてWebページなどで公開しています。

 製造終了からの期間なので、今使っている機器のパーツがあるかどうかという点については、すぐにはわからないかもしれません。この点について、メーカーによっては製品別に家電故障診断サイトがある場合もあります。こういったWebページから修理依頼することも可能です。故障したかもしれないと思った機器については、ここから修理可能かどうか確認してみるといいかもしれません。

日頃から家電の動向をチェックしておく

 交換パーツがない場合は新品に買い替えるしか道はなくなりますが、故障してから買い替えるのでは遅い場合もあります。たとえば電気冷蔵庫やエアコンが真夏に故障した場合、かなり不便を強いられることは想像に難くありません。また、酷使するのはこの季節なので、この時期に壊れやすいことも事実です。買い替える際には豊富な種類の中から価格と相談しながら製品を選び、そこから輸送してもらうことになります。これにはまとまったお金と時間、労力がかかります。つまり、故障してからの買い替えでは遅い場合は往々にしてあると言えるでしょう。

 ということで、故障していなくとも大型家電の寿命はおよそ10年と考えておいて、これを目安として買い替えるイメージを持っておくと良いのではないでしょうか。ただし、家電製品には買い時のタイミングがあります。10年に満たなくとも、そろそろ買い替えてもいいタイミングかなと感じたら、日頃から家電の値動きや新製品の情報をチェックしておきましょう。それであれば経済的なタイミングで買い替えることができるかもしれません。

<参考サイト>
大物家電の“寿命”は何年? 意外と知らない家電の買い替えタイミング│TBS NEWS DIG
https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/116728?display=1
消費動向調査令和4年3月実施分│内閣府
https://www.esri.cao.go.jp/jp/stat/shouhi/honbun202303.pdf
補修用性能部品表示対象品目と保有期間│公益社団法人 全国家家庭電気製品公正取引協議会
https://www.eftc.or.jp/code/notation/notation_table3.php
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
物知りもいいけど知的な教養人も“あり”だと思います。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

不登校は教育システムが原因!?学校も企業も問題が組織に

不登校は教育システムが原因!?学校も企業も問題が組織に

メンタルヘルスの現在地とこれから(5)新型うつと発達障害

近年、増えているといわれる「新型うつ」や「発達障害」について、どう考えればいいのか。「コミュ力」が高い人が偉いという社会的風潮が蔓延する中、そうでない人が相対的に目立ってしまい偏見を持たれることがあるのだが、そ...
収録日:2024/04/17
追加日:2024/07/13
斎藤環
精神科医
2

贅沢は敵か「素敵」か?…戦時中の日本にも諷刺の精神が

贅沢は敵か「素敵」か?…戦時中の日本にも諷刺の精神が

世界のジョーク集で考える笑いの手法と精神(1)体制を笑うジョークと諷刺の精神

「ジョークは時代を映す鏡」といわれる。現代でも、紛争や戦争に直面する厳しい状況はもちろん、一部の専制国家では自由な言論が封じられた社会で、多くの人びとが暮らしている。そうした抑圧された環境下では、体制を笑う諷刺...
収録日:2024/03/14
追加日:2024/06/14
早坂隆
ノンフィクション作家
3

山上憶良が「沈痾自哀文」で問いかけた因果応報の問題

山上憶良が「沈痾自哀文」で問いかけた因果応報の問題

山上憶良「沈痾自哀文」と東洋的死生観(1)因果応報と日本仏教の課題

『万葉集』にさまざまな歌を残した山上憶良は、8世紀の「知の巨人」と目されている。例えば彼は、「善行を積んできた自分が報われず、老いの醜態をさらす惨めな状況になったのはなぜか」という問いを「沈痾自哀文」に残した。こ...
収録日:2024/04/02
追加日:2024/07/12
上野誠
國學院大學文学部日本文学科 教授(特別専任)
4

人間はそれほど合理的ではない…行動経済学の本質に迫る

人間はそれほど合理的ではない…行動経済学の本質に迫る

行動経済学とマーケティング(1)「行動経済学」とは何か

最近、「行動経済学」という言葉をよく見聞きするが、これはそもそもどういうものなのか。第1回目は行動経済学の基本を、行動経済学という分野がなぜ従来の経済学とは別に誕生・発展したのか、行動経済学が考える人間像や前提と...
収録日:2024/04/08
追加日:2024/06/06
阿部誠
東京大学 大学院経済学研究科・経済学部 教授
5

【会員アンケート企画】「メンタルヘルス」について

【会員アンケート企画】「メンタルヘルス」について

編集部ラジオ2024:7月10日(水)

今回の会員アンケート企画では「メンタルヘルスについて」というテーマでご意見をいただきました。

メンタルヘルスとは「こころの健康状態」のことを指します。
こころの健康状態が崩れてしまうことは誰にでも...
収録日:
追加日:2024/07/10
テンミニッツTV編集部
教養動画メディア