10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2015.10.27

味、コク、風味が全然違う!産地別コーヒー豆の特徴の違い

 肌寒くなってくるこの頃、温かいコーヒーが飲みたくなる季節だ。おしゃれなカフェで飲むのもいいが、たまには家で味わってみるのもいいだろう。どうせ飲むなら、豆にこだわって楽しみたい。

コーヒー豆はどこからくるのか

 アカネ科の常緑樹、コーヒーノキ。白い花を咲かせたあと、赤くて丸い実をつける。実の中には二つの種子が入っていて、これを生成した薄緑色の生豆(なままめ、きまめ)を焙煎したものがコーヒー豆である。

 焙煎の度合いはライトローストからイタリアンローストへ至るまで八段階あり、焙煎度が高くなればなるほど、黄色から茶、黒へと変化していく。ライトは酸味が強く、イタリアンに近づくほど苦味が強くなっていく。

ブレンドとストレート

 よく耳にする「モカブレンド」は、モカを中心にいろんな豆を入れている。ストレートはモカならモカだけ、というように一種類のみの味を味わえる。

 これは何の豆?というのがわからないパッケージを買うときには、生産国を見てみよう。国によって豆の種類は分かれている。

コーヒー豆の種類

 産地により味はさまざま。他にもコクや風味で違いがある。

・モカ(エチオピア・イエメン産)
日本人に一番親しまれている豆程よい酸味とコクがあり、一番古くからある種類

・メキシコ(メキシコ産)
適度な酸味と香りで上品な味が特徴

・ブラジル・サントス(ブラジル産)
酸味、コク、苦味がちょうどよいバランス。ブレンドのベースとしてよく使われ、香りが高い

・コロンビア(コロンビア産) 酸味控えめ、甘味があり、まろやかなコクがある

・グァテマラ(グァテマラ産)
酸味控えめ、甘味があり、上品な口当たり

・マンデリン(インドネシア産)
コクと苦味が強いが、上品な口当たり

・ベネズエラ(ベネズエラ産)
苦味強めで、酸味があり、香り高い

・ハワイ・コナ(ハワイ産)
強い酸味と甘み

・ケニア(ケニア産)
強い酸味。キレがあって後味も良い

・ブルーマウンテン(ジャマイカ産)
酸味と苦味はひかえめに、高い香りと甘さが特徴的。とにかく軽い飲み心地

・キリマンジャロ(タンザニア酸)
後味のすっきりした酸味を持つ。芳醇な香り

 よく飲まれる有名なものを挙げたが、まだまだ種類はたくさんある。コーヒー豆は60を超える地域で生産されている。それぞれに特徴があり、味も香りも違う。

 もしあなたがもう少しコーヒーと深くつきあっていきたいと思うなら、新しい豆にもチャレンジしてみてほしい。そして好きな豆を見つけたら、好みの焙煎方法や淹れ方を見つけて、もっとコーヒーを楽しめる生活を送ってみてはいかがだろうか。

(10MTV編集部)