10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

生物の進化を学ぶのにおすすめの本

私のおすすめ本:『進化 生命のたどる道』

長谷川眞理子
総合研究大学院大学長
情報・テキスト
『進化――生命のたどる道』
(カール・ジンマー著、長谷川眞理子翻訳、入江尚子翻訳、岩波書店)
生物学の中でも進化生物学が一番面白いと長谷川眞理子氏は言う。その氏が進化についての多くの本の中から特におすすめの本を紹介する。それは、生物の進化に関する「なぜ」や「どのように」といった問いに応えてくれる貴重な書である。
時間:03:45
収録日:2019/03/04
追加日:2019/04/01
タグ:
≪全文≫

●第一のおすすめ本-『進化 生命のたどる道』


 私は、進化生物学が生物学の中で最も面白いと思っているので、進化についての本をご紹介したいと思います。

 進化については10MTVオピニオンの中で何回かお話ししてきましたが、生物がどうしてこのようにできているのかを示す唯一の統一的な理論が、進化理論なのです。ところが、進化については本当に誤解が多く、「トンデモ」のような話からまじめな話までたくさんあります。

 この本は、カール・ジンマーという人が書いた『進化 生命のたどる道』(岩波書店)という本です。彼はアメリカの科学ジャーナリストですが、たいへんしっかりと調査されていて、その意味でもこの本は非常に立派に全体像を書いた優れた本だと思います。私が日本語版監訳となっており、自分が関係した本をご紹介するのは気がひけるのですが、本当にカール・ジンマー氏のこの本はすごいと思います。

 この本では、進化に関する話題は全部取り上げていて、遺伝子の話も形の話も、古生代、中生代と地質年代に沿って生き物がどう変化したかという大きな話も、また、今の人間で起こっているちょっとした遺伝子の変動の話なども、全て入っています。もちろん、人類の進化のことも書いてあります。


●気軽に、きちんと学べる『進化の教科書』


 これが本体5600円と非常に値段が高くて、なかなか簡単にはおすすめできないなと思っていたところ、同じカール・ジンマー氏がダグラス.J・エムレン氏(生物学者でカブトムシなどの研究をしている人)と一緒に書いた『進化の教科書』というシリーズが、講談社のブルーバックスから出ました。値段は第1巻が本体1680円、第2巻が本体1600円で、先ほどの本の半分程度です。

 カール・ジンマー氏のジャーナリストとしての筆の軽さというものがとても良く、ダグラス.J・エムレン氏も、生物学における進化、遺伝子、生態と歴史などについて、全てうまくカバーして書いているので、とても良い本です。現に、ハーバードやプリンストンなど、いろいろなアメリカの大学で教科書として採用されています。第1巻が進化の歴史について、第2巻が進化の理論となっています。ポケットに入るサイズですし、進化についてしっかりと分かる良質な進化学の本なので、この本をぜひ皆さんにご紹介したいと思います。
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。