10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

ISの最終局面におけるアメリカの野心とロシアの警告

IS最終局面と中東情勢2019(1)ISの消滅とアメリカの思惑

山内昌之
東京大学名誉教授/歴史学者/武蔵野大学国際総合研究所特任教授
情報・テキスト
ついに消滅か。イスラム国(IS)の勢力はますます劣化し、最終局面に入ったという。しかし、その背後にはトランプ大統領の野心がちらつく。そしてそれを警戒するロシア──。今シリア、そして中東に何が起こっているのか。(全2話中第1話)
時間:11:32
収録日:2019/02/20
追加日:2019/05/03
ジャンル:
≪全文≫

●IS消滅に向け、アメリカの役割が寄与したことは間違いない


 皆さん、こんにちは。北東アジアにおいてもドナルド・トランプ大統領は、北朝鮮の非核化を目指して、主観的にはさまざまな形でアプローチと努力を続けています。また、目立たないことですが、中東においても、トランプ大統領はシリア問題に関して最終局面、すなわち、スンナ派過激派武装組織イスラム国(IS)の掃討、消滅に関して最終局面に入る上で、なかなかに重要な役割を果たしています。このシリアにおけるトランプ大統領ひいてはアメリカの役割は、あまり知られていません。今日はそうした点を中心にお話しします。

 かつてはシリアとイラクにまたがるシリア砂漠を中心に、シリア中部地域とイラク西部地域を事実上コントロール下に置いていたISも、次第に支配地域が狭まることになり、現在ではアル・バクマルというこの一角に押し込められるようになっています。もう少し大きな地図で拡大しますと、このアル・バクマルは、ちょうどイラクとシリアが接する国境の端にあたり(東側がイラク、西側がシリア)、ISはここまで押し込められています。

 さらに詳しくこの部分を拡大したのが左上のこの拡大部分です。アル・バクマルの中のバーグーズという地域に押し込められ、そこから四散しつつあるというのが最終段階におけるISの現在の現状です。したがって、トランプ大統領が、アメリカの力によってISが今や消滅しようとしているというのは、全くの真実でもありませんが、全くの虚偽というわけでもありません。そこにアメリカのいくつかの役割が寄与したことは間違いありません。

 地図にアメリカの旗が見えますが、黄色いゾーンはクルド人部隊がここまで支配していることを示しています。赤いゾーンはシリア政府、アサド大統領の部隊がシリアを再び回復しつつあるとシリア政府は言っているわけですが、一番大きな違いは、黄色い地域にクルド人たちが大きな勢力を広げているということです。そのクルド人を地上部隊として使用し、技術要員を派遣しかつ軍事顧問を送ったのはアメリカです。小さなものでありますが、ここにアメリカのプレゼンスがあるのはそうした意味です。


●アメリカ軍撤退後のシリアはどうなるのか、大きな問題として浮上


 ところが、トランプ大統領は、このアメリカ軍を撤退させると言っているわけです。問題はアメリカ軍撤退後のシリア、もう少し厳密にいうと、アメリカ軍が撤退した後、シリアのこうした広範な地域にわたって支配するようになっているクルド人、ひいてはクルド人部隊がどうなるのかということが、現在の大きな問題として浮上してきているわけです。

 クルド問題と申しますと、皆さん、必然的にトルコの問題を思い浮かべられる方も多いと思います。実際にISの最後の舞台となったバーグーズから、今やそこに押し込められ、さらに逃亡しようとしている段階において、クルド人主体のクルド人シリア民主勢力(略してSDF)が大きな力を占めている現状が実際にはあるわけです。トランプ大統領はこうした現状を踏まえると、アメリカによるダーウィッシュ(ISのこと)に対する勝利を宣言し、まもなくシリアが平和を回復するだろうし、そうするとアメリカはそこから出ていくという、これが現状認識です。


●シリアに安定と平和を回復する動きを阻害しているのはアメリカ


アメリカの野心、ロシアの警告

 ところが、日本時間2019年2月19日、ロシアの報道スプートニクによりますと、セルゲイ・ラブロフ外相はこの局面でアメリカに対してやや警告ともいえるものを発しています。つまり、こういうことです。ラブロフ外相は名指しは避けたけれども、アメリカはこの撤兵に際して、ユーフラテス川の東岸のクルド人地域に、「準国家(quasi states)」をつくろうとしている。そういう野心をアメリカは持っている。すなわち、シリア政府がシリア北東部を再統合してシリアに安定と平和を回復する動きを阻害しているのはアメリカだ、というわけです。

 「クルド人」という名前はいわないまでも、シリア政府が戻ることを阻止しているために、シリアの現在戦争が行われていない緩衝地帯、すなわち、クルド人支配地域とアサド政府支配地域の双方の境界領域のような戦闘が行われていない地域にも、アメリカ軍が残した「イリーガルな勢力」(つまり、非合法的あるいは不法な占拠者たちとでもいうべきでしょうか)に譲ろうとしていると。誰を指しているかというと、もう何度も申しましたように、クルド人を指しているわけです。こうしたシリア政府がコントロールしているシリアの力が及ばない、コントロールできない地域をつくろうとしているという批判を、ラブロフ外相は2月19日に述べ...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。