テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

徳川吉宗の勝因に大奥あり、嫌われた尾張と好かれた紀州

徳川将軍と御三家――紀州藩と尾張藩(2)藩主の器量と大奥の力

情報・テキスト
なぜ徳川吉宗が8代将軍となったのか。それは御三家の紀州徳川家と尾張徳川家の違い、ひいては藩主である吉宗と継友の器の違いにあった。さらには将軍決定に大きな影響力を及ぼす「大奥」「付家老」への対応方法にも迫る。(全2話中2話)
※インタビュアー:神藏孝之(テンミニッツTV論説主幹)
時間:14:20
収録日:2020/01/14
追加日:2021/12/11
≪全文≫

●大きな権力の源泉は大奥


山内 7代将軍・徳川家継が危篤になっていく際にも、紀州藩は段取りよく情報収集をしていました。藩主が吉宗なので、その点は抜かりがなかった。後に「御庭番(おにわばん)」の制度となるような諜報システムがあり、その情報収集班を江戸城の内外に張り巡らせていました。

 また、江戸城の中には、御三家による城詰めの「御連絡」というものがありました。それから、幕府から付けられた「付家老(つけがろう)」がいました。これは、尾張においては竹腰家と成瀬家、紀州においては安藤家と水野家、水戸は中山家でした。紀州藩においては、この付家老と城詰めの情報収集の能力と器は大きかったといわれています。

 尾張藩は、家継の病状が重篤で、まさに危篤の時にも暢気なものでした。付家老の一人・竹腰(山城守)が尾張に帰ろうとして、段取りをつけていた。幕府も将軍の危篤は秘中の秘なので外部には漏らさず、それを許したのです。ですが表面上は許したからといって、本当に帰るかという話です。実際に中仙道を経由して帰ろうとしたのですが、その寸前に家継が死んだので、さすがに竹腰は帰るのをやめました。

 紀州藩は、家継が亡くなる前後にきちんと情報収集をしているので、登城の命令が下ったときには真っ先に行列を整え、2人の家老が馬に乗り、堂々と隊を組んで、登城した、という話があります。

―― 情報収集力が全然違ったのですね。

山内 ところが尾張藩は、その知らせが来たときに何の備えもしていませんでした。行列を揃えるどころの段取りではなかった。どうなったかというと、継友は先ほど申したような器の人物なので、焦って馬を買い、単騎で江戸城に登っていきました。その後、バラバラに家中がついていったといいます。これではダメでしょう。

 このような紀州藩と尾張藩の統制力の違い、情報収集力の違い、藩主の器の違い、それから家康からの血の問題、こういったものが積み重なって、吉宗は将軍になっていきます。

 それをバックアップしてくれたのは、大奥の天英院という、家宣(6代将軍)の正夫人、それから、家宣の側室だった月光院が吉宗を推しました。月光院は亡くなった家継(7代将軍)の実母ですから、その彼女が強く推した。

 また天英院に戻りますが、この人も結局推すことになりました。彼女が吉宗を大奥に招いて「あなたしかいない」と言い、話が進みました。つまり、吉宗は大奥を味方につけたのです。

 家康と血が近い曾孫だった――吉宗はそういった要素で将軍になったのですが、当時の一番のパワー、あるいはいくつかの大きな権力の源泉はどこかといえば、「大奥」なのです。

 当時大奥を仕切っていたのは、家宣の未亡人であった天英院でした。この天英院が最終的には大奥をまとめる、そして吉宗を支持するという構図ができたために、吉宗は大奥というパワーを味方につけることができたのです。

 それから「老中」(門閥譜代といわれる徳川宗家に使える三河由来の家臣団)というパワー、「御三家」という家康の血を引いている権威(自らもその一員)を得た。そして、事実上の権力基盤であり、権力の隠れた存在(「大奥」)を味方につけた。

 この3つ――御三家、老中(門閥譜代集団)、そして大奥(女性・女中集団)――から万遍なく支持を受けていく。これが吉宗の勝因であったのです。

――すごいやり方ですね。


●御三家のコンセンサスを取る徳川吉宗の周到さ


山内 大奥に嫌われた尾張と、大奥に好かれた紀州。これは大事なことです。幕府政治の表に出てこないのですが、重要なファクターは大奥なのです。

―― 裏の部分がものすごく重要なのですね。

山内 ところが吉宗も然る者で、このような人物でなければ天下は取れないと思うのですが、「将軍はあなたしかいない」と言われたからといって彼は軽々しく受けなかった。なぜだと思いますか。

―― 一回で受けると、権力が弱まってしまうからですか。

山内 それはありますね。現代政治でもそうかもしれません。だけど、江戸時代の特殊な事情があります。

 それは「女謁(にょえつ)」といって、女性が政治に口を出すことは建前としては許されないのです。実質的にそういった力を発揮した人はたくさんいます。綱吉の母の桂昌院(けいしょういん)がその例です。

 ところが、女性が口を出し、次期将軍に対して「あなたでいきますよ。お受けください」と言い、その場で受けるような小人物ではいけません。そうなれば大奥が発言権を強めて、政治への(女性の)干渉を許すことになります。政治というのは「表」でやるものです。

―― 「裏」に借りをつくらないということですね。

山内 「奥」も表の空間を指します。今話しているのは「大奥」です。大...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。