10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2018.02.28

毎年600億円が消える…休眠口座に要注意!

 使わずに放置している口座、ありませんか?子どもの頃に親が作ってくれた口座、高校生の頃にアルバイト先に指定されて作った口座、就職のときに給与受け取りのために作った口座……これまで、さまざまな機会で口座を開設してきたものの、今では使わずに放置している口座があるのではないでしょうか。なかには引っ越しのときに通帳がでてきた、突然手紙が届いて親が作ってくれた口座があったと知ったなど、本人が忘れている、知らない口座があることも少なくありません。

 10年以上資金の出し入れがない口座は「休眠口座」と呼ばれていて、最近注目を集めています。今回は誰もが持っている可能性の高い休眠口座について考えていきます。

600億円にものぼる休眠預金

 休眠口座には、数百円だけ入っていて使われていない口座もあれば、名義本人が死亡したあとで家族が口座を把握しておらず、相続されていない口座も含まれています。こうした休眠口座の預金の総額は、なんと年間で約900億円、払い戻しが行われたあとでも600億円にものぼっているのです。

 なぜこれだけの休眠預金が生まれているのでしょうか。日本銀行の発表によると、2017年9月時点、国内銀行で開設されている個人の口座数は7億口座を超えています。日本の人口が1億人強なので、平均して一人あたり7つ以上の口座を持っている計算になります。日本の銀行は手数料がかからないために気軽に口座を開設できますが、数が増えすぎた口座を管理するのは難しいです。休眠預金が莫大な額になっているのは、こうした背景から忘れられた口座があることも一因だと考えられます。

休眠預金は消えてしまう?

 では、休眠預金となったその600億円はどこへいってしまうのでしょうか?これまで休眠預金は金融機関の利益として計上されていましたが、2018年1月に休眠預金等活用法が施行され、社会貢献活動を行う団体への融資や助成に活用されることになりました。

 ここで心配してしまうのが「休眠口座になったら預金は消えてしまうのか」ということですが、口座のお金が消えてしまうわけではありません。休眠口座になったあとでもお金を引き出すことはでき、引き出されたお金は銀行の損失として計上されます。しかし、ゆうちょ銀行では、民営化前に預けた郵便貯金は最後の取り扱い日から20年2ヶ月が過ぎると権利が消滅してしまう場合もあるので、注意が必要です。

 休眠口座の権利は消えることがないとはいえ、2017年末には3メガバンクが口座維持手数料の導入を検討するなど、今後は休眠口座を持つことで損をする可能性も出てきています。自身の財産管理をきちんと行うためにも使わない口座は解約手続きをすることが大切です。一度、口座を整理してみてはいかがでしょうか。
(10MTV編集部)

あわせて読みたい