テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2018.10.03

今の小学生は「視力1.0未満」が〇割超!

 スマホを用いた育児(スマホ育児)に関してはさまざまな意見が出ており、感情的な反発から医学的検証までさまざまな論点があります。また「子供とスマホ」に関しては、デジタルデバイスの過度な利用による視力低下という問題もあるようです。この視力の問題もスマホ育児の延長線上にある問題と考えていいかもしれません。ここで何が起こっているのか見てみましょう。

子供の視力は低下している

 平成27(2017)年度の文科省の調査によると、裸眼視力1.0未満の割合は、小学生で30.97%、中学生は54.05%、高校生は63.79%となっており、各学校段階で徐々に増加します。この数字は前年度と比較すると各学校段階で微増しています。また10年前の平成17(2007)年度の調査では、小学生は、26.46%、中学生は47.77%、高校生は58.42%、となっています。つまり、この10年で、小学生はプラス4.51%、中学生はプラス6.28%、高校生はプラス5.37%とどの学校段階でも増えていることがわかります。

スマホの普及は2010年以降に加速

 総務省の調査(2016年)によると、スマートフォンは2010年の時点での世帯保有率は9.7%でしたが、翌2011年には29.3%、2012年には49.5%と急速に普及し、2016年では71.8%となっています。ちなみにソフトバンクがiPhoneを販売し始めたのは2008年、ドコモが日本で初のAndroid搭載スマホを発売したのは翌2009年です。裸眼視力1.0未満の割合は、データのある昭和54年(1979年)から時代を追うごとに少しずつ上昇していますが、特に高校生のデータに限っては平成22年(2010年)から急上昇します。ここから推測してもスマホの普及と子供の視力の低下に関係性はありそうです。

 この子供の視力低下の問題に関しては、日経新聞の取材に対して、日本小児眼科学会の前理事長で川崎医療福祉大の田淵昭雄名誉教授は、「幼いころからスマホなどの画面を長時間近くで見ていることが原因。家庭内でルールを作ったり、なるべく外で遊ばせたりして、目を酷使させないでほしい」とコメントしています。

なぜスマホで視力が落ちるのか

 視力の低下は主に近視によるものですが、近視とは、焦点が網膜の手前で結ばれてしまう状態です。この近視になる原因には「遺伝要因」と「環境要因」がありますが、軽度の近視では「環境要因」が強いと考えられています。この「環境要因」による近視化でもっとも影響を与えているのが、スマホやパソコン、携帯ゲーム機ではないかと思われます。

 その理由は、簡単にいえば、いつも近くを見ていると、手前を見やすいように目が順応するからです。いつも手元を見ていると、眼球全体の屈折力(目の度数)が手元よりに変化するのです。実験では、狭い空間で育てたヒヨコが近視化することがわかっています。

 仮性近視(単に調節力が働いたままの状態)であれば、トレーニングや点眼治療で回復できます。しかし状態が長く続き、眼軸長(目の前後の長さ)が伸び、眼球全体の屈折力(目の度数)が固定してしまった場合、回復が期待できません。こうなる前にしっかりした習慣づけが必要です。

どう予防すればいいのか

 近視を予防するにはとにかく目を休ませ、長時間「毛様体筋」を緊張させないことが大切です。そのためには、画面を見るときにできるだけ目との距離をとり、背筋を伸ばした姿勢を心がけること、時々、遠くを見たり、意識的にまばたきをしたりすることも効果があるようです。

 なるべく画面をみないことが望ましいようですが、現代的生活ではそうもいかないですよね。しかし、景色や星空をぼーっと眺めるだけでも毛様体筋を弛緩させる効果があるそうです。また運動したり、散歩して体を動かしたりすることも、毛様体筋や目を動かす外眼筋にいい影響があります。もちろん、早寝早起き、栄養バランスの良い食事に気をつけることも忘れてはなりません。

<参考サイト>
・文部科学省:学校保健統計調査-平成27年度(確定値)の結果の概要 調査結果の概要
http://www.mext.go.jp/component/b_menu/other/__icsFiles/afieldfile/2016/03/28/1365988_03.pdf
・総務省:情報通信機器の普及状況 第2部 基本データと政策動向
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h29/html/nc262110.html
・日本経済新聞:小学生の視力低下止まらず 1.0未満が30.9%に スマホなど原因か
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG22H5A_S6A120C1CR8000/
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
より深い大人の教養が身に付く 『テンミニッツTV』 をオススメします。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

昭和は気合い…!?令和のコミュニケーションで大事なこと

昭和は気合い…!?令和のコミュニケーションで大事なこと

メンタルヘルスの現在地とこれから(2)職場のコミュニケーション

時代に伴ってコミュニケーションは変化する。昭和の時代、職場では今でいうハラスメント(パワハラ、セクハラなど)的なコミュニケーションをよく見かけたが、現在では「マイクロアグレッション」といわれる、本人も自覚しない...
収録日:2024/04/17
追加日:2024/06/22
斎藤環
精神科医
2

世界が驚いた!コロナ禍の日本人をジョークにすると…

世界が驚いた!コロナ禍の日本人をジョークにすると…

世界のジョーク集で考える笑いの手法と精神(2)世界と日本のジョークの違い

ルーマニアで集めたジョークを皮切りに、「世界のジョーク集」に発展させていった早坂氏。その中で気づいたのは、世界と日本のジョークではマナーに違いがあるということである。例えば、欧州ではジョークを話す人に対してある...
収録日:2024/03/14
追加日:2024/06/21
早坂隆
ノンフィクション作家
3

OpenAI創業者サム・アルトマンとはいかなる人物なのか

OpenAI創業者サム・アルトマンとはいかなる人物なのか

サム・アルトマンの成功哲学とOpenAI秘話(1)ChatGPT生みの親の半生

ChatGPTを生みだしたOpenAI創業者のサム・アルトマン。AIの進化・発展によって急速に変化している世界の情報環境だが、今その中心にいる人物といっていいだろう。今回のシリーズでは、サム・アルトマンの才能や彼をとりまくアメ...
収録日:2024/03/13
追加日:2024/04/19
桑原晃弥
経済・経営ジャーナリスト
4

躍進する「グローバル・サウス」77カ国が世界に与える影響

躍進する「グローバル・サウス」77カ国が世界に与える影響

グローバル・サウスは世界をどう変えるか(1)グローバル・サウスの影響力

世界の政治・経済をリードしてきたG7を中心とする先進諸国の影響力は徐々に薄れつつある。それに対して、BRICSを筆頭にして「グローバル・サウス」と呼ばれる新興国・途上国の台頭が目覚ましい。現在、国連によるとグローバル・...
収録日:2024/02/14
追加日:2024/04/03
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
5

地域間の不均衡解消、電力移動を可能にする「3つの階層」

地域間の不均衡解消、電力移動を可能にする「3つの階層」

日本のエネルギー&デジタル戦略の未来像(7)電力供給の「3つの階層」

カーボンニュートラルな再生可能エネルギーを生み出す技術は、すでに確立されつつある。問題は、それをいかにして社会に実装し、使用率を高めるかである。分散型の電力供給が前提となる中で、地域間や消費者間の電力移動を可能...
収録日:2024/02/07
追加日:2024/05/25
岡本浩
東京電力パワーグリッド株式会社取締役副社長執行役員最高技術責任者