10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2018.10.20

残業時間ランキング―最も残業の多い職種は?

 求人票では勤務時間が「9時~17時(くじごじ)」と書いてあっても、残業なしで帰れる日なんてないよ...という会社員の皆さんもたくさんいることでしょう。果たして自分の残業は他の会社、仕事と比べて多いのか、それとも少ないのか。転職サービス「doda(デューダ)」が15,000人のデータから124の職種に分類し、残業時間ランキングを発表しました。

残業時間が長いのは需要が高い証拠?

 それによると、残業がもっとも多いのはゲーム(制作・開発)で45.3時間。2位がインターネット/広告/メディアで42.4時間。ゲームの開発やインターネット/広告/メディアなどはユーザーからの需要が高い分野で、ある種、現代の花形とも言える仕事かもしれません。今回の調査では大きな「ゲーム」というくくりでしたが、特にモバイルゲーム市場はiPhoneが登場した2007年以降毎年2桁の伸びをマーク。日本だけでも2018年の市場規模は約2兆円と予測されています。それだけに仕事量が多く、残業時間も長くなってしまうということなのでしょう。

 3位につけたのは建築施工管理の41.5時間。5位にも同じ建築業界の設備施工管理が39.4時間でランクインしました。どちらも建設業界が好況というのが大きな要因。2020年の東京五輪はもちろん、老朽化が進んだインフラの更新工事も需要が根強いと見られています。

 一方、残業時間が短いのは、1位から経理事務・財務アシスタントの11.1時間、秘書/受付(11.6時間)、医療事務(12.1時間)。どの仕事も比較的定時に近い時間に上がれる傾向が強いと言えそうです。ただ、経理や秘書は業務の繁忙期には仕事量も増えるというケースも多いので、「残業が短くてラクチン」とはいかないでしょう。

プレ金、ノー残業デー実施率は?

 今では死語でしょうか?以前は「花金」なんて言葉もありましたが、働き方改革や消費拡大を狙って2017年から「プレミアムフライデー(プレ金)」が始まりました。実施から1年たった今年2月、経済産業省が調査したところ、「実際に早帰りした人は1割、取り組んだ企業は800社」にとどまっていたのだとか。「プレ金」の先輩格(?)、ノー残業デーに関しては市場調査会社のマーシュが行った調査によると「制度はあり、実施されている」企業が23.4%。ただしプレ金もノー残業デーも他の日にしわ寄せが及び残業時間が結局減らないという声が出ているのも事実です。

 冒頭のdodaのアンケートとは調査主体が違うため単純に比較することはできませんが、国家公務員が月平均100時間以上の残業をしている可能性がある、という研究レポートもあります。国家公務員が働き方改革の見本になるどころか、超絶ブラックとも言える環境で働いている日本。改革が実現するのはまだまだ先になりそうですね。

<参考サイト>
・doda:残業時間ランキング
https://doda.jp/guide/zangyo/
(10MTV編集部)