テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2020.02.18

30~60代女性に聞いた「美容液」の選び方は?

 洗顔後のスキンケアに加えることで、さまざまな効果をもたらしてくれる美容液。自分が気になるところを集中的にケアできるというメリットがありながら、多種多様な美容液の中から何を選んで良いのか難しいという難点もあります。

 今回は化粧品・健康食品原料メーカーKASYU Biochem(佳秀バイオケム)が2019年に1008人の女性を対象に行ったアンケートをもとに、30代~60代の女性の美容液に関する実態を紹介していきましょう。

美容液の使用について

 美容液は化粧水や乳液ほど欠かせないものではないという印象の方も多いかと思います。実際に上記のアンケートでも、美容液を使っていると答えた人は約4割、使っていないと答えた人は約6割という結果でした。

 筆者の周りでも使っている人、使っていない人はほぼ半々に分かれました。使っていない人からは「使った方が良いのは分かるんだけど」「どんな効果があるか分からず必要を感じていない」という声も。中には「オールインワンでスキンケアを済ませている」という女性もいて、美容液はマストなスキンケアではないと感じる女性が多いことがうかがえました。

美容液を選ぶ決め手は?

 ひとことで美容液といっても、美白や保湿、エイジングケアなど目的によってさまざまな種類のものがあります。テクスチャもウォーター、ジェル、クリームなど、こちらも種類が豊富です。どの美容液が良いのか選ぶだけでもひと苦労ですが、世の女性はどのように選んでいるのでしょうか。

 美容液を選ぶときの決め手になるのは口コミを選ぶ人が多く、次いで「値段」「ブランド」と続きました。年齢別に見てみると30~40代の世代では口コミを重視する傾向が強く、50代は値段、60代はブランドが決めてになると回答しています。

 筆者の周りの30代の女性の話を聞くと「口コミも気になるけど、決め手となるのは使い心地。あまりベタつくのは好きじゃないから」「お試し期間で使い心地を確かめてから使いたい」と、口コミに次いで使い心地を重視する声も聞かれました。

美容液に求める効果は?

 アンケートに回答した女性が美容液に求める効果の第1位は「ハリがでること」。美容液は化粧水のあとにつけて保湿する役割を持っているので、使うか使わないかでハリが変わるのは納得できるでしょう。次いで「乾燥が防げること」「シミがなくなること」と続きましたが、どんな効果を得たいかで選ぶ美容液も変わるので、自分が抱える問題に適したものを選ぶことが大切です。

 「冬は乾燥が気になるから保湿美容液を、夏は紫外線が気になるから美白美容液を、と季節によって使い分けている」という声も筆者の周りでは聞かれました。美容液を使っている人の中にはなんとなく使っている人も多いかもしれませんが、季節によって使い分けることでより美容液の効果を感じることができるでしょう。

美容液を選ぶときは自分に合ったものを

 洗顔後のデリケートな肌につけるものなので、美容液を選ぶときは自分に合うか合わないかを見極めることが大切です。せっかく買ってしまっても肌荒れをしてしまったり、続けるにはコストがかかりすぎてしまったりしてはもったいないですよね。いきなり使うのは気が引ける場合にはお試し期間がもうけられている美容液もあるので、自分に合うのかをしっかり見極めてから使い始めるようにしましょう。

<参考サイト>
・【美容液を使用している1,008人の女性にアンケート!】30代~60代の女性の8割近くが美容液を毎日使用している!美容液を選ぶ基準と求める効果とは!?
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000019.000038401.html
・実は知られていない!エイジングケアと美容液のふか~い関係!
https://www.kose.co.jp/eterna_agingcare/aging/aging41.html
・美容液の順番|化粧水、美容液、乳液、正しい順番は?夜と朝のスキンケア方法やオールインワンアイテムもご紹介
https://www.biteki.com/skin-care/others/247928
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
物知りもいいけど知的な教養人も“あり”だと思います。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

こりごり?アイ・ラブ・トランプ?…トランプ陣営の実状は

こりごり?アイ・ラブ・トランプ?…トランプ陣営の実状は

「同盟の真髄」と日米関係の行方(7)トランプ氏の評価とその実像

「こりごりだ」「アイ・ラブ・トランプ」…いったいどちらが本当のトランプ評なのか。前大統領のトランプ氏は、過激な発言で物議を醸すことも多かったが、その人柄はどのようなものだったのだろうか。2024年11月アメリカ大統領選...
収録日:2024/04/23
追加日:2024/07/24
杉山晋輔
元日本国駐アメリカ合衆国特命全権大使
2

正解がタダ!?大規模言語モデルの「自己教師あり学習」とは

正解がタダ!?大規模言語モデルの「自己教師あり学習」とは

生成AI・大規模言語モデルのしくみ(3)言語モデルと「自己教師あり学習」

生成AIによる出力の精度を飛躍的に向上させた大規模言語モデル。はたしてこれまでの言語モデルとはどのような違いがあるのか。1940年代に出た言語モデルの原型を手始めにその仕組みを解説しながら、大規模言語モデルの画期性を...
収録日:2024/04/16
追加日:2024/07/23
岡野原大輔
株式会社Preferred Networks 共同創業者、代表取締役 最高研究責任者
3

小林秀雄から福田和也まで、日本の文芸批評史を俯瞰する

小林秀雄から福田和也まで、日本の文芸批評史を俯瞰する

福田恆存とオルテガ、ロレンス~現代と幸福(1)曖昧になった日本人の「自然」

前近代と近代、戦前と戦後といった社会の転換期において、日本人の精神的な拠り所には大きな「ズレ」が生じていた。それを指摘し、そのズレを縫合する方法を模索したのが小林秀雄や吉本隆明といった文芸批評家である。彼らの議...
収録日:2024/05/10
追加日:2024/06/16
浜崎洋介
文芸批評家
4

人間はそれほど合理的ではない…行動経済学の本質に迫る

人間はそれほど合理的ではない…行動経済学の本質に迫る

行動経済学とマーケティング(1)「行動経済学」とは何か

最近、「行動経済学」という言葉をよく見聞きするが、これはそもそもどういうものなのか。第1回目は行動経済学の基本を、行動経済学という分野がなぜ従来の経済学とは別に誕生・発展したのか、行動経済学が考える人間像や前提と...
収録日:2024/04/08
追加日:2024/06/06
阿部誠
東京大学 大学院経済学研究科・経済学部 教授
5

「隣の隣」に気づきあり!?…学びには仕掛けが必要

「隣の隣」に気づきあり!?…学びには仕掛けが必要

大人の学び~発展しつづける人生のために(3)埋もれた好奇心を掘り起こすために

成長の過程で埋もれてしまった好奇心の発掘が、大人の学びには不可欠である。本当の「好き」も、真の主体性も、そこから始まるからだ。そのためには、自分にはめられているタガをいったん外し、よそ見や寄り道などをして遊ぶこ...
収録日:2024/02/18
追加日:2024/07/22
対談 | 為末大柳川範之