テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2020.05.25

世界一使われている「絵文字」とは?

 皆さんは、7月17日が「世界絵文字デー」ということをご存じでしょうか。

 「絵文字」とは、メールやSNSなどで文字のかわりに使用するアイコン的なイラストのことを指します。感情や表情だけでなく、状況や単語ですらも端的に表すことができるため、登場当初から画期的なコミュニケーションツールとして人気となり、多くのユーザーに使用されてきました。

 また「絵文字」は、140文字(日本語、中国語、韓国語)と文字数が限られたTwitterなど、文字数に制限のあるテキストコミュニケーションで、本領を発揮します。それゆえにTwitterユーザーにも「絵文字」は愛用され、Twitter上では様々な「絵文字」が多用されてきました。

 そのためもあってか、Twitterでは「世界絵文字デー」にちなんで、【Twitter上で多く使われている絵文字】を発表しています。

世界一は「泣き笑い」or「さくらんぼ」?

 では早速、【2019年 Twitter上で多く使われている絵文字上位10個】の「国内編」と「世界編」を見てみましょう。なお末尾の「U+〇〇〇」はそれぞれのユニコードです。

【2019年 Twitter上で多く使われている絵文字上位10個】(国内編)
1位 泣き笑い(顔文字) U+1F602
2位 ピース(ハンドサイン) U+270C
3位 キラキラ U+2728
4位 グーパンチ(ハンドサイン) U+1F44A
5位 挙手(ハンドサイン) U+270B
6位 赤色のハート U+2764
7位 思考中(顔文字) U+1F914
8位 炎 U+1F525
9位 号泣(顔文字) U+1F62D
10位 桜の花 U+1F338

【2019年 Twitter上で多く使われている絵文字上位10個】(世界編)
1位 さくらんぼ U+1F352
2位 キラキラ U+2728
3位 桜の花 U+1F338
4位 カメラ U+1F4F7
5位 顔つき太陽 U+1F31E
6位 泣き笑い(顔文字) U+1F602
7位 虹 U+1F308
8位 目が回る U+1F4AB
9位 プレゼント U+1F381
10位 音符 U+1F3B5

 結果を見てみると、日本では顔文字が3個ランクインしていますが、世界では1個のみのランクインとなっています。このことより、日本の利用者の多くが世界の利用者と比較すると、“顔の表情を表す絵文字(顔文字)”を多く使っていることがわかります。

 また、日本編の結果では、ピースやグーパンチといった“手や指だけで意思を表現する絵文字(ハンドサイン)”も、顔文字同様に3個ランクインしていることも特徴的です。

 他方、世界編で1位となったさくらんぼのように、世界では食べ物や天気にまつわる絵文字、カメラや音符といった趣味や興味に関連した絵文字が、幅広く使われていることが見えてきます。

絵文字の発祥は日本!開発者はどんな人?

 ところで皆さんは、「絵文字は日本発祥の文化」ということをご存じでしたでしょうか。

 現在のような絵文字が登場したのは1999年、当時NTT DOCOMOの携帯電話「iモード」の立ち上げメンバーの一人であった、栗田穣崇(くりた・しげたか)氏が開発しました。

 栗田氏は絵文字を開発した動機として、「別に流行らせたかったわけじゃなく、単純に20代の僕が『使いたいな』と思ったからです。絵文字の便利さについては、当時付き合っていた彼女とのポケベルでのやり取りから、『感情が伝わりにくい短文でも、語尾に“ハート(の絵文字)”がつけばポジティブな印象になる』と実感していた」と述べています。

 そして2016年には、栗田氏が開発した12×12ピクセルでつくられた176種の「絵文字」(emoji)が、ニューヨーク近代美術館(MoMA)の永久収蔵コレクションに加えられました。

 なお、2020年5月現在の栗田氏は、ネットワークエンタテインメントに携わるIT企業・ドワンゴの専務取締役COOなどを務められ、ドワンゴの運営する動画サービス・ニコニコの代表などで活躍されています。

進化する「絵文字」。ただし使い方には注意を

 メールにとどまることなく、TwitterやLINEといったさまざまなSNSでも多用されるようになった「絵文字」は、日々新たな開発がされ、進化を続けています。ただし、単に“絵”ではなく“文字”の機能や意味をもつ「絵文字」には、テキストコミュニケーションにおける注意も求められます。

 文字には文化的背景があります。そのため、例えばハンドサインなど異文化の人同士で使う場合には、特に注意が必要となります。また、絵からは文字以上に様々な情報が読み取れるため、いわゆる“誤読”が起こってしまう場合もあります。そういった点が、「絵文字」が世界共通であっても一概に世界言語とはいえない要因ともなっているように思います。

 また、世代によって「絵文字」の使い方や意味も違ってくるため、下手に使ったり変に多用したりすると、いわゆる“誤爆”となってしまう危うさもあります。

 しかし、異文化や世代間といった文字やコミュニケーションに潜む根源的な課題はあるものの、やはり「絵文字」は便利かつ画期的なコミュニケーションツールであるといえます。豊かな文字文化の一つとして、多いによりよく活用されることが望まれます。今後の「世界絵文字デー」の変遷も楽しみです。

<参考文献・参考サイト>
・7月17日は #世界絵文字デー│Twitter Japan
https://blog.twitter.com/ja_jp/topics/events/2019/World-Emoji-Day-2019.html
・「スマートフォン・タブレット型端末用語」『日本大百科全書』(小学館)
・「スマートフォン・タブレット型端末用語(絵文字 pictogram)」『日本大百科全書』(小学館)
・iモードに絵文字を生んだ男の、やりきる力。やがて絵文字はemojiになった|栗田穣崇の履歴書 #ぼくらの履歴書 - ぼくらの履歴書|トップランナーの履歴書から「仕事人生」を深掘り!
https://employment.en-japan.com/myresume/entry/2020/02/18/103000
・絵文字はどのようにして生まれ, 世界に広がっていったのか?
https://www.jstage.jst.go.jp/article/bplus/11/3/11_199/_pdf
・The Original NTT DOCOMO Emoji Set Has Been Added - MoMA
https://stories.moma.org/the-original-emoji-set-has-been-added-to-the-museum-of-modern-arts-collection-c6060e141f61
・全然知らなかった!英語圏で勘違い or スルーされているスマホの絵文字15選
https://ej.alc.co.jp/entry/20170327-gourmet-emoji
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
“社会人学習”できていますか? 『テンミニッツTV』 なら手軽に始められます。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

世界の紛争…アメリカの空母機動部隊は3正面で戦えるのか

世界の紛争…アメリカの空母機動部隊は3正面で戦えるのか

「同盟の真髄」と日米関係の行方(1)日本を占う3つの選挙と軍事作戦

2024年は日本にとって重要な選挙が3つある。それは1月に行われた台湾総統選、4月の韓国総選挙、そして11月のアメリカ大統領選である。これらの選挙結果は、ロシア・ウクライナの戦争や、ガザ地区での紛争が収束の気配を見せない...
収録日:2024/04/23
追加日:2024/06/12
杉山晋輔
元日本国駐アメリカ合衆国特命全権大使
2

松下幸之助は聞き上手ではなく言わせ上手…素直な心で即断

松下幸之助は聞き上手ではなく言わせ上手…素直な心で即断

松下幸之助の危機克服~熱海会談の真実(1)最初の出会いでの衝撃

「私は松下幸之助に惚れました。この人についていこうと思いました」――こう語るのは、28歳から25年間、幸之助の薫陶を受けた佐久間氏。かつて松下電器産業副社長を務めた氏が幸之助から学んだこととは何だろう。最初の出会いで...
収録日:2023/12/01
追加日:2024/06/10
佐久間曻二
元松下電器産業副社長
3

「トゥキディデスの罠」の教訓、大事なのは4つの戦争回避

「トゥキディデスの罠」の教訓、大事なのは4つの戦争回避

地政学入門 歴史と理論編(7)戦争を起こさないための地政学

国際社会において戦争を起こさないためには、これまでの歴史を踏まえて地政学的に世界情勢を分析することである。第1次・第2次世界大戦から冷戦期における分析からはじめ、古代ギリシャから現代まで引き継がれる「トゥキディデ...
収録日:2024/03/27
追加日:2024/06/11
小原雅博
東京大学名誉教授
4

躍進する「グローバル・サウス」77カ国が世界に与える影響

躍進する「グローバル・サウス」77カ国が世界に与える影響

グローバル・サウスは世界をどう変えるか(1)グローバル・サウスの影響力

世界の政治・経済をリードしてきたG7を中心とする先進諸国の影響力は徐々に薄れつつある。それに対して、BRICSを筆頭にして「グローバル・サウス」と呼ばれる新興国・途上国の台頭が目覚ましい。現在、国連によるとグローバル・...
収録日:2024/02/14
追加日:2024/04/03
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
5

歴史における「運」とは?ソクラテスの「運」から考える

歴史における「運」とは?ソクラテスの「運」から考える

運と歴史~人は運で決まるか(1)ソクラテスが見舞われた「運」

歴史における「運」とはどういうものだろうか。例えば、富裕と貧困という問題について、「運」で決まるのか、あるいは「運」とは異なる努力、教養、道徳などの要素で決まるのかという点でも、思想家たちの考え方は分かれる。第1...
収録日:2024/03/06
追加日:2024/04/18
山内昌之
東京大学名誉教授