テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2021.09.23

コロナ時代の安全な国番付 日本は何位?

 各種の「世界で一番安全な国」ランキングで日本はトップクラスの常連ですが、「コロナ時代の安全な国番付」という切り口だとどうなるでしょうか?米ブルームバーグが世界で最も安全な国・地域の番付「COVIDレジリエンス(耐性)ランキング」という評価を毎月発表していますが、その推移を見ると日本のコロナ対策が海外からどう見られているかが浮き彫りになってきます。

昨年10月時点では世界2位 しかしその後は…

 ランキングは「経済再開への進展」(ワクチンを接種した人口割合やロックダウンの深刻度など)、「コロナの状況」(感染者数や死者数など)、「生活の質」(GDP成長率の予測や国民皆保険の浸透など)を元に採点されたもので、昨年10月の時点では日本は2位につけていました(1位はニュージーランド)。今となっては信じられないような数字ですが、当時は全国の新規感染者数が1000人を切っていました。その頃はその頃で必ずしも楽観できる状況ではなかったのですが、海外の感染爆発具合に比べれば日本は感染を押さえ込めていた、という評価になるのも理解はできます。また、この頃はまだ世界中でワクチン接種が始まっていなかったため、評価基準の中にはワクチン接種は当然入っていません。

 10月に2位へ入った際の理由を見てみると、「過去に結核が流行した日本は保健所制度を維持しており、追跡調査が新型コロナでも迅速に採用された。高いレベルの社会的信頼やコンプライアンス(法令順守)を背景に国民は積極的にマスクを着用し、人混みを避けた」と評価されています。追跡調査ができない、緊急事態宣言下でも密が発生、などなど翌年に問題が噴出したのとは対照的ですね。

 今年4月までは10位圏内をキープしていましたが、順位を大きく落とし始めるのは5月から。やはりワクチンの接種遅れが目立ち、さらに感染再拡大も重なって右肩下がりに。5月に14位と初めて10位圏外へ落ち、最新の8月調査では33位となっています。ちなみに8月の1位はノルウェー。北欧諸国も日本と同じく様々な「安全な国」ランキングで上位の常連ですが、時期によっては10位圏外へ落ちていたこともあります。アメリカは8月に25位ですが、ワクチン接種で先行していた6月には1位に躍り出ていたことも。感染者数が世界一多くても、別の部分が評価に値すれば上位につけることもあるという例ですね。

日本で弱点とされている部分はどこなのか

 このランキングを上げることは目的ではなくあくまでコロナの感染拡大を抑えた結果が順位に反映されるわけですが、現状の日本の各評価項目を見ると“弱点”がどこにあるのか見えてきます。8月の評価を見ると、足を引っ張っているのは航空便が2019年比で減少していることや、経済成長率予測が低く見積もられていること。つまり感染拡大の状況やワクチンの接種遅れが他の国と比べて悪いというわけではなく、コロナの影響で経済活動が停滞していることが日本の弱みと見られているわけです。

 では緊急事態宣言なんてやめて経済を積極的に回すべきだ!などと言いたいわけではありません。総体的に見れば感染拡大状況が世界の中で悪いレベルではないものの、日本国内での医療の逼迫状況などは深刻であることに変わりはありません。感染拡大を抑えたうえで、さらに経済を回すことも次のステップとして考えていかないと日常は戻ってこない、そうしたことを示唆している評価と読み解けるのではないでしょうか。

<参考サイト>
・Covid Resilience Ranking: The Best and Worst Places to Be in 2021
https://www.bloomberg.com/graphics/covid-resilience-ranking/
・コロナ時代、世界で最も安全・危険な国・地域とは-耐性ランキング - Bloomberg
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-11-24/QKA1FUT0AFBM01

あわせて読みたい