テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2022.06.07

一般道と高速道路の標識の「色」が違う理由

一般道は青、高速道路は緑

 車を運転する方にとってとても重要な道路標識は、大きく分けて案内・警戒・規制・指示の4種類があります。このうち、案内標識の色は一般道が青の地に白い文字、高速道路が緑の地に白い文字という違いがありますよね。車を運転しない方でも、なんとなく見覚えがあるのではないでしょうか。この配色は「道路標識、区画線及び道路標示に関する命令」(標識令)という法律で定められています。

 標識令は昭和35(1960)年にはじめて施行された法律で、昭和38(1963)年に名神高速道路の開通に合わせて第3回改正が行われました。このとき高速道路の案内標識について、地色はヨーロッパでメインに使われている青と、アメリカでメインに使われている緑のどちらにするか検討が重ねられ、最終的に緑に決まりました。緑を採用した理由は、夜間の走行実験の結果によるもの。被験者に青の標識をヘッドライトで照らして見てもらったところ、全員が「緑」に見えると回答したのです。このため、昼夜問わず認識が同じになる緑が選ばれたといわけです。ただし、夜間にヘッドライトで照らして見る緑は、昼間よりも明るく見えるとのこと。

 高速道路を管理するNEXCOは「視認性の観点」から案内標識の色が決められていると解説していますが、このような実験に基づいていたのですね。「自然界にある色」、「目に優しい」などの解説がされていることもありますが、実際には違うのです。

実は「どんな緑」かは決まっていない

 しかし、一言で緑といっても暗めのモスグリーンや、黄色みが強いうぐいす色、青みが強いエメラルドグリーンなど、さまざまな色味がありますよね。どのような緑を使うかは、標識令で決まっていないのでしょうか。

 実は、意外なことに明確な決まりはないのです。とはいえあまりにも自由すぎると、一般道と見分けがつかないほとんど青のような緑などの標識まで登場しかねませんよね。そこで標識全般は警視庁の「交通規制基準」、光を反射して視認性を確保する反射式標識は日本道路協会の「道路標識設置基準・同解説」の中で、色の「範囲」が決められています。具体的には色を光の三原色に基づいてx・y・zの座標として表した色度座標や、一定の面から発生する明るさを表した輝度などを基準にしています。色は周囲の環境(昼や夜、晴れや雨)、表現している媒体(スマホやPCのモニター、印刷物)などで見え方がかなり変わるため、色を数値化してイメージどおりの色を共有できるようにしているのですね。

 色の範囲を守っていれば問題ないので、実は路線や管理会社によって案内標識の緑は微妙に違います。なかでも大手の管理会社であるNEXCOと首都高速道路株式会社の案内標識の色は「NEXCOグリーン」、「首都高グリーン」と呼ばれることもあり、首都高のほうが少し明るい緑になっています。よく見るとNEXCOと首都高では書体も違っており、どちらも「角ゴシック」という文字の太さが一定で角ばったスタイルなのですが、NEXCOは「ヒラギノ角ゴ」、首都高は「新ゴ」を使っています。

青の標識はいつからあったのか

 高速道路の普及によって誕生した緑の案内標識に対して、青の案内標識はいつごろ誕生したのでしょうか。道路標識の歴史をさかのぼっていくと、標識令の元祖といえる「道路警戒標及び道路方向標に関する件」という政令が大正時代に制定されており、このときからすでに案内標識が誕生していました。しかし、このときの案内標識は白の地に黒の文字という配色。青が使われるようになったのは昭和に入ってから制定された「道路標識令」のときなのですが、この時点では青と白の配色といっても、白の地に青の文字が使われていました。

 現在のような青の地に白の文字の案内標識が登場したのは、標識令の第1回改正が行われた昭和37(1962)年からとされます。これより前に国道番号を表示する案内標識は青の地に白の文字を採用していましたが、方面と方向を表示する一般道の案内標識が現在のスタイルとほぼ同じになった時期は、高速道路の案内標識が緑になった時期ととても近かったのですね。

 使用される色が黒から青に変わった詳しい理由の説明は法律の条文にありませんが、原則的に国連標識のデザインを採用したためといわれます。青を使用するようになったころから、案内標識にはローマ字表記が併用されているところからも、国際的な視点を意識していたことがわかりますよね。

<参考サイト>
・ドラぷら 高速道路の案内標識はどうして緑色なのですか。
https://www.cs3.e-nexco.co.jp/faq/s/article/1121
・WEB CARTOP 案内標識はなぜ一般道が「青」で高速道路は「緑」? NEXCOに聞いたその理由に納得
https://www.webcartop.jp/2020/07/545021/
・くるまのニュース 高速道路の標識はなぜ緑色? デザインはどうやって決めている?
https://kuruma-news.jp/post/126649
・乗りものニュース 「首都高グリーン」「NEXCOグリーン」とは? 実は異なる高速道路標識の緑色
https://trafficnews.jp/post/90096
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
雑学から一段上の「大人の教養」はいかがですか?
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

55年体制は民主主義的で、野党もブレーキ役に担っていた

55年体制は民主主義的で、野党もブレーキ役に担っていた

55年体制と2012年体制(1)質的な違いと野党がなすべきこと

戦後の日本の自民党一党支配体制は、現在の安倍政権における自民党一党支配と比べて、何がどのように違うのか。「55年体制」と「2012年体制」の違いと、民主党をはじめ現在の野党がなすべきことについて、ジェラルド・カ...
収録日:2014/11/18
追加日:2014/12/09
2

5Gはなぜワールドワイドで推進されていったのか

5Gはなぜワールドワイドで推進されていったのか

5Gとローカル5G(1)5G推進の背景

第5世代移動通信システムである5Gが、日本でもいよいよ導入される。世界中で5Gが導入されている背景には、2020年代に訪れるというデータ容量の爆発的な増大に伴う、移動通信システムの刷新がある。5Gにより、高精細動画のような...
収録日:2019/11/20
追加日:2019/12/01
中尾彰宏
東京大学 大学院工学系研究科 教授
3

マスコミは本来、与野党機能を果たすべき

マスコミは本来、与野党機能を果たすべき

マスコミと政治の距離~マスコミの使命と課題を考える

政治学者・曽根泰教氏が、マスコミと政治の距離を中心に、マスコミの使命と課題について論じる。日本の新聞は各社それぞれの立場をとっており、その報道の基本姿勢は「客観報道」である。公的異議申し立てを前提とする中立的報...
収録日:2015/05/25
追加日:2015/06/29
曽根泰教
慶應義塾大学名誉教授
4

BREXITのEU首脳会議での膠着

BREXITのEU首脳会議での膠着

BREXITの経緯と課題(6)EU首脳会議における膠着

2018年10月に行われたEU首脳会議について解説する。北アイルランドの国境問題をめぐって、解決案をイギリスが見つけられなければ、北アイルランドのみ関税同盟に残す案が浮上するも、メイ首相や強硬離脱派はこれに反発している...
収録日:2018/12/04
追加日:2019/03/16
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
5

健康経営とは何か?取り組み方とメリット

健康経営とは何か?取り組み方とメリット

健康経営とは何か~その取り組みと期待される役割~

近年、企業における健康経営®の重要性が高まっている。少子高齢化による労働人口の減少が見込まれる中、労働力の確保と、生産性の向上は企業にとって最重要事項である。政府主導で進められている健康経営とは何か。それが提唱さ...
収録日:2021/07/29
追加日:2021/09/21
阿久津聡
一橋大学大学院経営管理研究科国際企業戦略専攻教授