テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2022.09.15

廃車のナンバープレートは使いまわしできる?

 最近の車のナンバープレートには、オリンピック仕様や図柄入りご当地ナンバーなどさまざまなものがあります。また希望ナンバー制度によって、大きく書かれた4桁の数字(一連指定番号)を選ぶこともできます。ナンバープレート自体に思い入れのある人も多いでしょう。ただし多くの場合、車は数年、長くても十数年で買い替えることがほとんどです。このとき、新しい車で以前のナンバープレートを引き継ぐことはできないのでしょうか。

ナンバーは永久欠番

 結論から言えば使用できません。ナンバープレートは一台ずつに固有のものであり、ナンバープレートに記載された自動車の登録番号は、車体番号と紐づけられているとのこと。使い回しはできないことになっています。車が登録されるたびにナンバープレートに記載されている情報の組み合わせ(自動車の登録番号)も一つ使用され、再利用されることはありません。

 ではどれくらいのナンバーが毎年消えているのでしょうか。たとえば、廃車されたり災害に遭ったりしてスクラップになった車両や、盗難にあった場合は「永久抹消登録」の手続きが行われます。この台数は2021年には19万6,393台、2020年では22万660台となっています。さらにこの他にも一時的に登録を抹消してナンバーを返納する「一時抹消登録」は、2021年では379万9,834台、2020年は384万1,848台です。このそれぞれの年の「永久抹消登録」と「一時抹消登録」の合計数が、毎年使われなくなったナンバーの数と考えていいようです。かなりの数にのぼりますが、ではナンバーは枯渇しないのでしょうか。

 ナンバープレートには登録地域名や、軽自動車か普通自動車か、また排気量や用途などによる区分などが入っています。つまり大きく書かれた4桁の一連指定番号が同じ番号であっても、地域や車の大きさなどが異なれば違う組み合わせになります。加えて、これまでもプレートの上部にある分類番号の数字の桁数を増やしたりアルファベットを足したりすることで、ナンバーは枯渇しないように管理されてきました。つまり番号が枯渇しそうになるたびに、記載できる情報の幅を広げてパターンを増やしているといえます。ご当地ナンバー制度も、このパターンを増やす役割を担っています。

ナンバープレート自体を手元に残すことは可能

 ナンバープレートは再利用できないことがわかりました。また、抹消登録する際には基本的にナンバープレートの返却が必要となっています。しかし、2017年以降は、使用しなくなったモノとしてのナンバープレートを残すことは可能となりました。ラグビーワールドカップ記念ナンバープレートの発行を機に変わったようです。ただし、このためには以下のようないくつかの細かいルールを守る必要があります。

 普通車もしくは軽自動車で、自動車検査証に記載されている名義がナンバーの所有者本人であること。またプレートに規定サイズの穴を開けていること、といったものです。つまり、外した状態のまま穴を開けずに保管したり、他者に譲渡したり販売したりすることはできません。

ナンバープレートの封印は不用意に外さない

 車を長期間使わない場合(長期入院、海外赴任、留学、欲しい人が見つかるまで保管する場合など)は「一時抹消登録」の手続き行うこともあります。この時ナンバープレートは、車から外して返納します。このあとは公道を走ることはできなくなりますが、一時抹消登録をすることで自動車税はかからなくなり、またすでに支払った自動車税や自賠責保険などの還付金を受け取ることができる場合もあるようです。

 一時抹消登録をした車両は後に再度登録し直す(中古新規登録)こともできますが、ナンバーは新しいものになります。また、普通自動車のリアに取り付けられたナンバープレートの封印は、抹消登録手続きをするため以外で不用意に外すと違反となるようです。この違反には「違反点数2点、6ヵ月以下の懲役又は30万円以下の罰金」が科されるとのこと。注意しておいたほうがよさそうです。

<参考サイト>
返却したクルマのナンバーは再利用される? 希望ナンバー増加で数字は枯渇気味なのか|くるまのニュース
https://kuruma-news.jp/post/407512/
売却する車のナンバープレートが欲しい!手元に残す方法をご紹介します|carview
https://kaitori.carview.co.jp/article/%E5%A3%B2%E5%8D%B4/150/
永久抹消登録台数|一般社団法人日本自動車販売協会連合会
http://www.jada.or.jp/data/year/y-u-touroku/y-u-etd/
一時抹消登録台数|一般社団法人日本自動車販売協会連合会
http://www.jada.or.jp/data/year/y-u-touroku/y-u-tmd/
ナンバープレートの分類番号の違いについて|グーネットマガジン
https://www.goo-net.com/magazine/knowhow/carlife/27461/
ナンバープレートの封印と再封印の方法|ZURICH
https://www.zurich.co.jp/car/useful/guide/cc-seal-reseal-numberplate/
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
自分を豊かにする“教養の自己投資”始めてみませんか?
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

自由とは奴隷の思想ではないか…福田恆存の人間論とは

自由とは奴隷の思想ではないか…福田恆存の人間論とは

福田恆存とオルテガ、ロレンス~現代と幸福(6)福田恆存の人間論――演戯と自然

ロレンスの『黙示録論』を通じて、日本人の依拠すべき自然観を模索した福田恆存。その思考は、演戯と自然が日本人の宿命感をもたらすという独自の人間論に結実する。「醒めつつ踊り、踊りつつ醒める」という演戯とは何か、また...
収録日:2024/05/10
追加日:2024/07/21
浜崎洋介
文芸批評家
2

フィンランドで始まったオープンダイアローグの活用法とは

フィンランドで始まったオープンダイアローグの活用法とは

メンタルヘルスの現在地とこれから(6)職場で生かすオープンダイアローグ

フィンランドの西ラップランドで始まったオープンダイアローグは、近年、日本でも注目される精神医学上の手法である。統合失調症に対する治療的介入の手法として始まり、大きな成果を上げている。行われるのは普通の対話だが、...
収録日:2024/04/17
追加日:2024/07/20
斎藤環
精神科医
3

地政学を理解する上で大事な「3つの柱」とは

地政学を理解する上で大事な「3つの柱」とは

地政学入門 歴史と理論編(1)地政学とは何か

国際政治を地理の観点からひも解く「地政学」という学問。近年、耳にすることも多くなった分野だが、どのような手法や意義を持った学問であるかを学ぶ機会は少ない。その基礎から学ぶことのできる今回のシリーズ。まず第1話では...
収録日:2024/03/27
追加日:2024/04/30
小原雅博
東京大学名誉教授
4

インドが世界有数のIT産業の拠点へと発展した理由

インドが世界有数のIT産業の拠点へと発展した理由

躍進するインドIT産業の可能性と課題(1)下請けから世界の中心へ

近年、世界的にIT産業の発展は目覚ましいが、インドがその中で果たす役割は非常に大きい。そこでこのシリーズでは、インドのIT産業の発展に関して、その背景や今後の展開について詳しく解説する。第1話は、シリコンバレーの下請...
収録日:2020/04/07
追加日:2020/06/05
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
5

重要思考とは?「一瞬で大切なことを伝える技術」を学ぶ

重要思考とは?「一瞬で大切なことを伝える技術」を学ぶ

「重要思考」で考え、伝え、聴き、議論する(1)「重要思考」のエッセンス

「重要思考」で考え、伝え、聴き、そして会話・議論する――三谷宏治氏が著書『一瞬で大切なことを伝える技術』の中で提唱した「重要思考」は、大事な論理思考の一つである。近年、「ロジカルシンキング」の重要性が叫ばれるよう...
収録日:2023/10/06
追加日:2024/01/24
三谷宏治
KIT(金沢工業大学)虎ノ門大学院 教授