テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
DATE/ 2022.11.14

タイヤはなぜ黒一色なのか?

 タイヤといえば黒色と相場が決まっています。特に乗用車などのクルマにおいて、黒でないタイヤを見かけることはほとんどありません。

 かつて、白っぽいタイヤもあったと記憶している人は、なかなかのクルママニアといってよいでしょう。タイヤの側面が白いのは、昔のクルマが登場する映画でも確認できるところです。

 では、なぜクルマのタイヤは黒一色になっているのでしょう?

タイヤはなぜ黒い?

 自転車のタイヤをインターネット検索すると、レインボーのように多彩なカラーバリエーションでタイヤ製品を確認できますが、乗用車などクルマのタイヤにおいては黒一色です。

 この理由は明白で、ゴムの強度を高める素材の色が黒であるからです。

 黄色い輪ゴムなどのゴム製品は、加硫といって生ゴムに硫黄を混ぜて加熱することである程度の強度を高めていますが、タイヤに使われるゴムは、カーボンブラックと呼ばれる黒い炭素の粒を合成することで強度を高めています。

 硫黄による加硫以上、飛躍的にゴムの強度を高められるのがカーボンブラックによる合成で、車重をささえ、路面との摩擦に耐えうるタイヤ性能を獲得するという事情から、タイヤの色は黒一色になっているのです。

タイヤの歴史

 木製の車輪からゴム製のタイヤへ、その歴史を刻んだのは、1888年、イギリスのJ.B.ダンロップによる自転車用空気入りタイヤの発明からです。自動車への転用は、1895年にフランスのミシュラン兄弟によります。空気入りタイヤを装着して、パリ=ボルドー間往復レースに出場したことが最初に記録されています。

 この頃のタイヤは、ゴムの樹の樹液を固めて整形しただけで、色彩的には白色や飴色の製品で、耐久性はそれほどなかったようです。

 そして、カーボンブラック合成によって強化され耐久性を高めた黒タイヤの登場は1912年なります。

カラータイヤの可能性は?

 近年、低燃費やエコが指標になってから、カーボンブラックの混入量は減り、ゴムの補強剤としてシリカ粒子を微細化したホワイトカーボンが使用されるようになってきました。

 ブラックカーボンに依存することなく耐久性を得られることから、ホワイトカーボンに着色することでカラーバリエーションがでてきてもおかしくない状況にはなっていますが、製品としての普及には至っていないようです。

 その理由は、一般的にタイヤは黒という100年の歴史は重く、市場からカラーバリエーションがまだそれほど望まれていないことが挙げられます。

 カラータイヤは、新たなコンセプトで時代を牽引するようなEV(Electric Vehicle、電気自動車)の登場など、画期的なデザインとともにカラーバリエーションが選択できるような近未来に期待したいところです。

あわせて読みたい