テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2023.09.09

今更聞けない?国民年金と厚生年金のちがい

 年金には大きく分けて「国民年金」と「厚生年金」の2つがあります。このことはなんとなく知っているけれど、実際にどのような違いがあるのかよく分からない、という人も多いのではないでしょうか。ということでまずはここで2種類の年金の違いについて理解しておきましょう。

「厚生年金」の人も「国民年金(基礎年金)」を払っている

 「国民年金」は「基礎年金」とも呼ばれ、日本に住む20歳以上のすべての人が加入するものとされています。これに加えて企業などに勤めている人は「厚生年金」に加入している、ということになります。このように「厚生年金」は「国民年金(基礎年金)」の上に「厚生年金」が乗る、2階建ての構造です。つまり、「厚生年金」を払っている人は、同時に「国民年金」にも加入しているので、給付が手厚くなるという仕組みとなっています。

 「国民年金」のみに加入している人は、国民年金の区分では「第1号被保険者」と呼ばれます。これに該当するのは、主に自営業者や農業者、学生、無職といった立場のひとです。一方、「厚生年金」に加入している人は、年金の区分では「第2号被保険者」となり、公務員や会社員が該当します。また「第2号被保険者」の扶養に入っている年収130万円未満の20歳から60歳未満の配偶者は「第3号被保険者」とされ、「国民年金」に加入しているとみなされます。
 

それぞれどれくらい払うのか

 ではそれぞれ実際にどれくらい払う必要があるのでしょうか。まず「国民年金(第1号被保険者)」の場合、毎年春頃に一定の額が決められます。たとえば2023年(令和5年)は毎月16,520円の定額とされています。年間に換算すると198,240円の支払いです。ちなみにまとめて前払いすると割引されます。この金額は毎年の物価状況などに応じて変更されます。また原則20歳から60歳までの間、支払うことになります。

 これに対して「厚生年金(第2号被保険者)」は、月給の18.3%の負担となっています。ただしこのうち半分は事業主が負担するので、本人が負担するのは9.15%。つまり、30万円の給与収入がある場合、27,450円が年金として差し引かれることになります。「厚生年金」は就職してから退職するまで加入することができます。また「厚生年金(第2号被保険者)」に扶養されている「第3号被保険者」は、20歳から60歳まで加入可能ですが、国民年金保険料を支払う必要はありません。

どのくらいもらえるのか

 では現役を引退したあと、現状ではそれぞれいくらもらえる計算なのでしょうか。「国民年金」の場合は保険料を納めた期間に応じて金額が異なります。一方「厚生年金」の場合、保険料を納めていた期間に加えて、働いていたときの賃金に応じた金額が計算されて「国民年金(基礎年金)」の支給額に上乗せされます。ただし、そのときの経済状況や社会状況に影響されると考えておきましょう。ここではとりあえず2023年(令和5年)現在での状況を見てみます。

 「国民年金(第1種被保険者)」の場合、満額受給であれば毎月6.6万円です。一方、「厚生年金」に加入していた場合は平均で毎月約14.9万円。基礎年金(国民年金)の分の定額に加えて、「厚生年金」の分が所得に比例して支払われることで変動します。また「第3号被保険者」は満額受給の場合、毎月6.5万円となっています。どの年金であっても現在は65歳以降死亡するまで受給できることになっています。ただし年金を受給できる年齢はこれまでにも引き上げが行われてきました。今後も状況により変化する可能性はあります。

「国民年金」を納めないことは可能か

 「厚生年金」の場合は給与からその分が引かれて支給されていると思われます。一方、「国民年金(第1号被保険者)」の場合、自身の意思で納める必要があります。このことから「国民年金」を払わない、もしくは払い忘れていている人もいると思われます。もちろん「国民年金」は一定期間納めなければもらうことはできないのですが、「もらえなくても構わないので払わない」と考えることは問題ないのでしょうか。

 結論から言えば、日本に住む20歳以上60歳未満の人は国民年金を支払う義務があります(第3号被保険者以外)。またもし本人が払えない場合は、世帯主や配偶者といった立場の人が納めることになります。ただし払えないときには、手続きを行うことで支払い猶予を受けることは可能です。ではなぜ義務なのでしょうか。国民年金は自身の老後を支えるという目的と同時に、現在受給している人たちを支える資金でもあるからです。この考えは「賦課方式」と呼ばれています。つまり、現在の日本の年金制度は現役世代が年金受給世帯の生活を支える仕組みです。

 ただしこの方式の場合、少子高齢社会においては現役世帯の負担がかなり苦しいことになります。この点についてはこれまで、働く意欲のある高齢者や女性などへの働きかけによって担い手を増やす工夫もなされてきました。また、その年に使われなかった年金は積み立てられています。この積立金は株式や債券などで資産運用され、将来の年金財源とするといった方策もとられているようです。

<参考>
国民年金と厚生年金の仕組み│厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/nenkinkenshou/document/pdf/mechanism_a4.pdf
公的年金制度の種類と加入する制度│日本年金機構
https://www.nenkin.go.jp/service/seidozenpan/20140710.html
国民年金保険料の額は、どのようにして決まるのか?|日本年金機構
https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/hokenryo/hokenryogaku.html
国民年金保険料|日本年金機構
https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/hokenryo/hokenryo.html
いっしょに検証!公的年金年金の仕組みと将来~ 第06話積立金の役割|厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/nenkinkenshou/manga/06.html
国民年金保険料「もらう気がないから払わない」はやめた方がいい│東証マネ部!
https://money-bu-jpx.com/news/article043073/
厚生年金保険料の計算方法とは?給与計算で迷わないための基礎知識|弥生
https://www.yayoi-kk.co.jp/kyuyo/oyakudachi/koseinenkinhoken-01/
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
“社会人学習”できていますか? 『テンミニッツTV』 なら手軽に始められます。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

昭和は気合い…!?令和のコミュニケーションで大事なこと

昭和は気合い…!?令和のコミュニケーションで大事なこと

メンタルヘルスの現在地とこれから(2)職場のコミュニケーション

時代に伴ってコミュニケーションは変化する。昭和の時代、職場では今でいうハラスメント(パワハラ、セクハラなど)的なコミュニケーションをよく見かけたが、現在では「マイクロアグレッション」といわれる、本人も自覚しない...
収録日:2024/04/17
追加日:2024/06/22
斎藤環
精神科医
2

世界が驚いた!コロナ禍の日本人をジョークにすると…

世界が驚いた!コロナ禍の日本人をジョークにすると…

世界のジョーク集で考える笑いの手法と精神(2)世界と日本のジョークの違い

ルーマニアで集めたジョークを皮切りに、「世界のジョーク集」に発展させていった早坂氏。その中で気づいたのは、世界と日本のジョークではマナーに違いがあるということである。例えば、欧州ではジョークを話す人に対してある...
収録日:2024/03/14
追加日:2024/06/21
早坂隆
ノンフィクション作家
3

OpenAI創業者サム・アルトマンとはいかなる人物なのか

OpenAI創業者サム・アルトマンとはいかなる人物なのか

サム・アルトマンの成功哲学とOpenAI秘話(1)ChatGPT生みの親の半生

ChatGPTを生みだしたOpenAI創業者のサム・アルトマン。AIの進化・発展によって急速に変化している世界の情報環境だが、今その中心にいる人物といっていいだろう。今回のシリーズでは、サム・アルトマンの才能や彼をとりまくアメ...
収録日:2024/03/13
追加日:2024/04/19
桑原晃弥
経済・経営ジャーナリスト
4

躍進する「グローバル・サウス」77カ国が世界に与える影響

躍進する「グローバル・サウス」77カ国が世界に与える影響

グローバル・サウスは世界をどう変えるか(1)グローバル・サウスの影響力

世界の政治・経済をリードしてきたG7を中心とする先進諸国の影響力は徐々に薄れつつある。それに対して、BRICSを筆頭にして「グローバル・サウス」と呼ばれる新興国・途上国の台頭が目覚ましい。現在、国連によるとグローバル・...
収録日:2024/02/14
追加日:2024/04/03
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
5

地域間の不均衡解消、電力移動を可能にする「3つの階層」

地域間の不均衡解消、電力移動を可能にする「3つの階層」

日本のエネルギー&デジタル戦略の未来像(7)電力供給の「3つの階層」

カーボンニュートラルな再生可能エネルギーを生み出す技術は、すでに確立されつつある。問題は、それをいかにして社会に実装し、使用率を高めるかである。分散型の電力供給が前提となる中で、地域間や消費者間の電力移動を可能...
収録日:2024/02/07
追加日:2024/05/25
岡本浩
東京電力パワーグリッド株式会社取締役副社長執行役員最高技術責任者