10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

土砂災害は「まさか」という場所で起こりうる

土砂災害と防災(2)土砂災害の実態

池谷浩
一般財団法人 砂防・地すべり技術センター研究顧問/農学博士
情報・テキスト
土砂災害の特徴は、多様な原因によって多様な事象が発生することである。近年では、流木により川の流れが変わり、それまで想定しなかった区域がハザードゾーンになる例も多い。社会的側面として、高齢化の進行も災害を拡大する要因となっている。第2話では、近年の事例を中心に土砂災害の種類と実態を見ていく。(全3話中第2話)
時間:09:01
収録日:2019/03/13
追加日:2019/05/13
タグ:
キーワード:
≪全文≫

●深層崩壊と表層崩壊


 砂防・地すべり技術センターの池谷浩です。今日は、悲惨な被害が生ずる土砂災害の実態についてお話をします。家を破壊し、人の命を奪っていく土砂災害は、毎年全国では1千件近く発生しているという実態があります。そこで、土砂災害の特徴、つまり土砂の移動実態の特徴について、皆さんで考えてみましょう。

 まず特徴として挙げられるのは、多様な原因によって多様な事象が発生することです。原因としては、大雨、地震、火山噴火、融雪(雪解け)などがあります。これらの原因によって発生する土砂の移動現象として、土石流、地すべり、がけ崩れ、火山地帯では火砕流、火山泥流、溶岩流などがあります。また、よく「山崩れ」といいますが、一般的には「崩壊」と呼んでいます。この崩壊にも、深層崩壊や表層崩壊があります。

 深層崩壊とは非常に大きな崩壊のことです。例えば、平成23(2011)年9月に紀伊半島で発生した深層崩壊では、長さ1100メートル、深さは平均して30~50メートルもありました。

 一方、表層崩壊ですが、層は厚くありません。平成25(2013)年、伊豆大島で発生した土石流では、厚さ50センチ程度の表層崩壊が土石流を発生させました。大きな崩壊も、浅い崩壊も、大きな被害を与えます。


●「まさか」という場で土砂災害の起こった西日本豪雨


 多くの原因と多くの現象が発生するのが一つの特徴ですが、厳しいのは、これらの現象が突発的に発生することです。事前の予知がなかなか難しいのも、土砂災害の特徴といえるかと思います。

 最近でも、思わぬところで思わぬ災害が起こっている例があります。平成30(2018)年の西日本豪雨災害の時に広島県呉市で起こった災害は、国土交通省が「土砂・洪水氾濫」災害と名付けるほど、新たな災害として有名になりました。

 一般的に土砂災害は川の上流域で発生しやすいため、堆積するのも比較的上流に土砂が溜まります。下流に行くほど水の災害になり、洪水氾濫が起こるのが一般的です。

 呉市の場合は、海に近い勾配のゆるいところまで、川底に土砂が堆積して川を埋めてしまいました。本来ならそこで水があふれ出て洪水になるのですが、その時は流れ出た土砂が下流に堆積しました。その量も、1~2メートルという大変な量でした。そのため、勾配のゆるい、海に近い場所で、土砂災害が発生しました。付近の住民の方は皆さん、「このような災害はかつてなかったし、このようなことが起こるとは思ってもみなかった」と口をそろえて言われていました。

 このように、いまだに新たなタイプの災害も発生しているのです。このような災害が相変わらず起こっているのが、土砂災害の一つの特徴といえるかと思います。


●秒速40メートルで走ってきた十勝岳の火山泥流


 次の特徴として、土砂の移動速度の話をしたいと思います。

 がけ崩れのようにいったん土砂が動き始めるとほとんど一瞬にして勝負が終わるという現象もありますが、土石流は、1秒間に走る速度が10~20メートルという速い速度の現象だと分かっています。

 また、火山泥流では、大正15(1926)年に十勝岳で発生した火山泥流が、上流の方では1秒間に約40メートルという、ものすごい速さで流れ下ったことが記録に残っています。このように、速い速度で流れる現象が木造家屋にまともにぶつかると、家屋は破壊されてしまいます。

 皆さんもテレビ等で災害の現場をご覧になったとき、柱だけが残っている映像や、場合によっては家の土台しか残っていない画像を見たことがあるかと思います。これは速度の速い土砂移動現象がそこを通過した、一つの証拠です。すなわち、家にいても家ごと壊されてしまうということです。


●避難が間に合わない速度で襲う土砂災害は全国で発生している


 では、避難は可能かというと、このような速度の速い現象が起こると、避難する時間はほとんどなく、避難自体、難しいことになります。そのため、土砂災害は人的被害に結びつきやすい災害といわれています。事実、平成30年の西日本豪雨災害の際に、土砂災害で亡くなった方は実に119人にも及んでいます。

 このような悲惨な災害である土砂災害は、ある程度決まった場所で起こるかというと、そうではありません。平成30年の1年間に土砂災害の発生した都道府県を調べてみると、44の道府県に上ります。すなわち、ほとんど全国で土砂災害が発生しているのです。

 これは何を意味するのかというと、土砂災害は決して他人事ではない、自分のこととして考えなくてはならないということです。


●川の流れも変えてしまう流木災害の実態


 さて、もう一つ、最...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。