テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

武士道の最も大きな思想は「Amor Fati(運命への愛)」

武士道の神髄(3)いかに自分の命を使うかが武士道

執行草舟
実業家/著述家/歌人
情報・テキスト
武士道とは他人のために命を捧げること。戦国時代に宣教師によってもたらされたキリスト教もそうで、だから武士の間でいっきに広がった。命を懸けられる対象は、崇高なものだけである。命懸けをやってみればわかるけれども、自分のために命を懸けることはできない。だからこそ、今の自殺は自己中心的で、人間の死ではなく動物の死と同じだといえる。そもそも青春の苦悩とは、何に命を捧げるか探すことであった。それがわかり、実践して死んだのなら早死にでも不幸ではない。武士道とは自分の命をどう使い、どう捨てるかということなのだ(全10話中第3話)
※インタビュアー:川上達史(テンミニッツTV編集長)
時間:11:18
収録日:2019/11/26
追加日:2020/01/31
キーワード:
≪全文≫

●崇高なものにわが身を捧げる


執行 僕は全部体当たりしているから、相手も本音が出るのです。だから僕のことを嫌いな人は、ごまんといます。それは仕方がないことで、それを覚悟して体当たりを繰り返していたら、自分の運命がわかります。

 運命がわかれば、僕を見てもわかるとおり、死ぬ気で体当たりしてもなかなか死ねません。これは結果論ですが、社会というのは、けっこううまくいくものです。僕はあらゆる人に嫌われましたが、何もまずいことはありませんでした。だからほかの人も、自分の運命をつかんで運命のとおりにやれば、必ずうまくいくということは言えます。ただし運命でなければダメで、ここが難しいところです。

―― ここが難しいですね。

執行 運命は、体当たりをしないと出てきません。だから僕は武士道の一番大きい思想とは「Amor Fati」だと思っています。ラテン語で「運命への愛」という意味です。有名な哲学用語で、マルクス・アウレリウスの『自省録』に出てきます。武士道が好きなフランスの思想家モーリス・パンゲが「日本の武士道とは運命への愛」だと語っていて、僕はこの言葉が非常に気に入っています。僕は自分の武士道を「運命への愛」と、ずっと言い続けています。

 自己の運命を愛さなければ、武士道は貫徹できません。自己の運命を愛すると、自分の信ずる思想のために腹も切れるし、死ぬこともできるのです。死ぬことができるというのは、自分を愛しているということです。愛さなければ、切腹なんてできません。武士である自己を愛しているから、自分の腹を切れるのです。

―― そこが今の幸福論とは違う幸福論ですね。現代風の幸福論ではない幸福論。

執行 もちろんそうです。現代の幸福論は、幸福論ではありません。幸福論で一番有名なのは、西洋だと『アミエルの日記』(フレデリック・アミエル著)や、カール・ヒルティの『幸福論』があります。いずれも僕と同じ意見で、昔に書かれたのでキリスト教に基づいています。キリスト教信仰に基づき、キリスト教のために命を捧げ、キリスト教信仰のために他人に尽くし、他人のために自分の命を捧げるという人生論です。

 とくに『幸福論』がそうで、武士道と一緒です。だから僕はカール・ヒルティも大好きです。僕がキリスト教の話をよくするのは、昔のキリスト教信仰が非常に武士道的だからです。

―― キリスト教は、それこそ戦国時代に日本にやってくるわけですが、響き合うところがあったのでしょうね。

執行 だから戦国時代にいっきに広がったのです。信者のほとんどが武士ですから。もともと合っているのです。日本の武士道と合っている宗教は、仏教の中では禅です。あとはキリスト教です。

 ただし、今のキリスト教と今の仏教はダメです。ヒューマニズムの太鼓持ちに成り下がって、いい人さんごっこをしているだけです。昔の命懸けだった頃のキリスト教仏教の話です。

 フランシスコ・ザビエルにしても、大変な波濤を越えて日本まで来ています。日本や中国に来る船の沈没率は、あの頃は半分以上でした。命懸けなのです。

―― しかも、どんなところかわからないところに乗り込んでいくという。

執行 そして伝染病でみんな死んでいきました。あの頃、日本に来た宣教師たちは全員命懸けで、だから武士であり、武士道なのです。

―― もう一つ、今のお話でうかがいたいのが、運命のために尽くす、キリスト教ならキリスト教に尽くす、誰かに尽くす、社会とか……。

執行 社会とか国家とか。

―― わが身を捨てて何かに尽くすということについてです。

執行 これが人間の根源です。この人間の根源が文化として確立したのが、日本では武士道、西洋では騎士道です。これが人間の文明が生み出した、一つの一番大きい文化の精華だと僕は捉えています。これは偶然ではなく、「人類とは何か」という話です。人類とは、僕は武士道や騎士道を生み出すためにできたと、僕は思っています。今の民主主義は一回、人類が頂点の文明に来て、それから下がりだした文明なのです。

―― 自分の運命のために命を捨てるとか、命懸けで行くという行為は、下手に解釈すると、すごく自己中心的で、自分のことしか考えていないようにも見えますが、もう一方で、いま先生がおっしゃった……。

執行 これは、やってみればわかりますが、「自己中心」とか「自分のため」というだけは、命は捨てられません。命懸けになれる相手は、必ず国家や会社、他人、または家族や愛する者などで、それ以外はありません。

 自己中心者は、命なんて捨てられません。今の自殺は捨てているのではなく、腐ったのです。僕はよく「生息物が腐る」と言っていますが、動物が死んで道端で腐ったのと何も変わりません。人間の死ではないということです。人間が人間として死ぬとい...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。