10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
執行草舟

執行草舟

しぎょうそうしゅう

実業家/著述家/歌人
◆ 執行草舟公式WEBサイトはこちら
昭和25年東京都生まれ。
立教大学法学部卒業。
実業家、著述家、歌人。

独自の生命論に基づく事業を展開。
戸嶋靖昌記念館館長、執行草舟コレクション主宰を務める。
蒐集する美術品には、安田靫彦、白隠、東郷平八郎、南天棒、山口長男、平野遼等がある。
洋画家 戸嶋靖昌とは深い親交を結び、画伯亡き後、全作品を譲り受け、記念館を設立。
その画業を保存、顕彰し、千代田区麴町の展示フロアで公開している。
日本菌学会終身会員。

主な著書に
『生くる』
『友よ』
『根源へ』
(以上、講談社)、

『孤高のリアリズム』
『憂国の芸術』
『生命の理念』(Ⅰ・Ⅱ)
『夏日烈烈』
(以上、講談社エディトリアル)、

『「憧れ」の思想』
『おゝポポイ!』
『風の彼方へ』
『悲願へ―松下幸之助と現代―(発売予定2019年4月下旬)』
(以上、PHP研究所)

等がある。

講義

人類をつくった哲学や宗教が崩壊してしまった現代

崇高と松下幸之助(1)崩壊した哲学、宗教、国家

世界で一番頭が良いと言われているマルクス・ガブリエルの考え方は、間違っているのか。また、我々の宗教への理解は間違っているのか。人間と哲学、宗教、国家との歴史...
収録日:2019/02/06
追加日:2019/04/05

命よりも大切な掟のために自分の命を捧げることが文明

崇高と松下幸之助(2)文明と原始キリスト教

人類は今の文明の崩壊を迎えようとしている。松下幸之助はこのことをPHP理念の中で予言していた。では、なぜ崩壊してしまうのか。また、そもそも文明を創った正体とは何...
収録日:2019/02/06
追加日:2019/04/08

松下幸之助が求めたものは「崇高さ」

崇高と松下幸之助(3)崇高さと人間とは何か

松下幸之助が求めたものは「崇高さ」であり、「崇高さ」の一番分かりやすい例は原始キリスト教だと執行先生は指摘する。原始キリスト教は、「自分の命よりも大切なもの...
収録日:2019/02/06
追加日:2019/04/11

松下幸之助は、成功しすぎて身動きがとれなくなった

崇高と松下幸之助(4)偉大すぎた松下幸之助

偉大になりすぎた松下幸之助は、国家の看板になり、「良い人」としてしか振舞うことができなかった。一方で、「崇高」を求めた彼は、孤独でもあった。そのことは、松下...
収録日:2019/02/06
追加日:2019/04/14

不良とは「損を覚悟の人生を送ることができる人」

崇高と松下幸之助(5)不良性とコンプレックス

「不良性」とは悪い意味だけではない。また、今の時代の金髪でロックンローラーはなぜ不良とは言わないのか。時代によって変わるそれぞれの価値観について、19世紀のヴ...
収録日:2019/02/06
追加日:2019/04/17

中国が人類的な経済破錠の引き金になる

崇高と松下幸之助(6)経済破綻とこれからの日本

ほとんど褒められたことがなかった執行先生では褒められることが多くなってきている。それは、時代が追いつきつつあると同時に世界が破綻へと向かっていることの証でも...
収録日:2019/02/06
追加日:2019/04/20

近いテーマの講師一覧

津崎良典

筑波大学人文社会系准教授

中島隆博

東京大学東洋文化研究所 教授

山内昌之

東京大学名誉教授歴史学者武蔵野大学国際総合研究所特任教授

本村凌二

東京大学名誉教授博士(文学)

納富信留

東京大学大学院人文社会系研究科教授

貫成人

専修大学文学部教授文学博士