テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

「宗教の時代」が終わってしまったからこそ重要な長篇詩

『ベラスケスのキリスト』を読み解く(1)霊性文明の時代に

執行草舟
実業家/著述家/歌人
情報・テキスト
執行草舟は、スペインの哲学者ウナムーノが著した『ベラスケスのキリスト』の本邦初訳を監訳した。本シリーズでは、この『ベラスケスのキリスト』について、その要点を解説していく。本書は20世紀初頭の哲学者であるウナムーノが、プラド美術館にあるベラスケス画のキリスト像と対話する中で生まれた長編詩である。キリスト像と生涯向き合う中で味わった魂の苦悶、葛藤、対決が赤裸々に描かれている。科学文明がここまで進んだ現代人はもはや、原始キリスト教や原始仏教を信じた人たちのようには、神を信じることができない。だからこそ、本書を読むことでウナムーノの体験を追体験してほしい。これは人類が21世紀に向かうべき「霊性文明」をつかむために必要なことでもある。(全13話中第1話)
※インタビュアー:神藏孝之(テンミニッツTV論説主幹)
時間:12:16
収録日:2022/08/02
追加日:2022/09/09
タグ:
≪全文≫

●なぜ『ベラスケスのキリスト』なのか


―― よろしくお願いします。今日は執行先生に『ベラスケスのキリスト』の魅力を語っていただきます。これは本邦初訳で、これほど難しいものを先生の思想をもって読み解いていく。私にもすごくありがたい機会です。

 先生は「宗教の時代は終わった」と言っておられますね。

執行 元々の著作ではそうです。

―― 今なぜ、この本を世の中に問うことになったのか。そこのところから教えていただけますか。

執行 『ベラスケスのキリスト』は、本の全容としては、(ミゲール・デ・)ウナムーノというスペインの哲学者が、プラド美術館にある、(スペインの画家ディエゴ・)ベラスケスが描いたキリスト像と一生涯対面しながら、魂の対話をしたという1つの瞑想書です。

「宗教が終わった」とは、われわれ近代人は良くも悪くも科学文明の汚染を受けて、本当の意味で神様を信じられない、ということです。これは19世紀後半から仕方ないことです、もうここまで行ってしまうと。

それでも私は、21世紀になっても一番人間存在にとって大切なのは、神だと思います。だけど、神は失ってしまった。

 神を失ってしまったということは、これからは「超宗教」に入らなければならない。宗教を超える、つまり「神を超える」ということです。ちょっと傲慢な言葉ですが。
 
 われわれ人間のレベルでいうと、21世紀は「霊性の文明」に入らないと人類はもう棲息できないということを、多くの識者も言っています。霊性文明を本当につかむための重要な方法として、私が今まで読んだ本の中では、『ベラスケスのキリスト』を読み込めば霊性文明が理解できると感じていました。ただし今まで日本では訳す人がいなかった。だから私の関連者で、スペイン語が得意な人と組んで訳させてもらいました。

 スペイン語が得意な人がスペイン語を訳し、私はそれをもとに『ベラスケスのキリスト』の英訳本2冊を参考にしながら、ウナムーノの哲学に沿うようにこの詩を翻訳しました。私はウナムーノの哲学を死ぬほど研究していますから。そしてこの本が、霊性文明のはしりになるということです。

―― 『ベラスケスのキリスト』が、宗教を超えていくものとの橋渡しになる。

執行 超宗教の始まりが『ベラスケスのキリスト』になるということです。「魂」と「人類の本質」とでもいうのでしょうか。釈迦やキリストといった従来の大宗教家の魂と、近代に突入したわれわれ人類を代表する哲学者であるウナムーノの魂が、一生をかけて対話した。それが『ベラスケスのキリスト』です。

 ベラスケスの絵を見ながらウナムーノは「人類とは何か」「われわれ人間はなぜこの世に生まれたのか」「どこに行くのか」「人類の未来とは何なのか」、こういったことを問いかけた。そこから始まったものです。

―― ベラスケスの絵の中に魂が込められていて、それとの対話という形になる。

執行 私はいろいろなキリスト像を見てきました。キリスト像が好きなので、いろいろな人のキリスト像を、目の前に貼り付けて、ずっと見てきました。それこそ4年、5年、10年と。有名なものではゴヤやダリやダ・ヴィンチなど、いろいろな人がキリストの磔刑図を描いています。ベラスケスも描いていて、私はそれらをずっと並べて見てきました。本の上でも今までずっと見ていますが、社長室にもすべて人の磔刑図を貼りつけ、5年ぐらいずっと凝視ししていた。

―― 並べて全部を見たんですね。

執行 その中でベラスケスは別格でした。ベラスケスだけが永遠をつかまえています。

―― ベラスケスだけが黄金期のスペインの宮廷画家ですね。

執行 そう、宮廷画家です。もちろん画家としてもたいしたものですが、他の偉大な画家たちが描く中で、キリストの魂が持っていた「永遠」というものをキャンバスに落とし込んだのはベラスケスしかいません。だから私もずっと見ていて、まったく飽きない。

 あとの絵は、驚くようなものはありますが、ずっと見ていると飽きてきます。ところが(ベラスケスの絵には)それがない。

 それがわかって、霊性文明のためにキリストが持つ永遠を映し込んだベラスケスのキリスト像と対面して、魂の対話をしたのがウナムーノなのです。

―― すごい話ですね。


●21世紀の人類に必要な本


執行 ウナムーノも現代人で、20世紀の哲学者です。ですから、スペインでキリスト教のすごい信仰のもとで生まれているのですが、どうしても信じ切れないのです、神を。

―― 現代人。ここがポイントなのですね。

執行 そこでウナムーノは一生涯にわたり、自分の魂と神を代表するものとで対話をした。その記録が『ベラスケスのキリスト』なのです。

―― (ウナムーノは)1864年に生まれて、1936年に亡くなるのですね。

執行 ...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。