テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

コシノジュンコ作品に感じる「原始の力」と「生命力」

勢いと余白(1)映画『火の鳥』の衣装

情報・テキスト
コシノジュンコ氏の芸術の秘密に、執行草舟が迫る対談。コシノジュンコ氏の作品には、原始の力と、原始からそのまま出てくる生命力があると執行は語る。はたして、どのようなことか。そもそも、執行草舟がコシノ氏を知ったのは、手塚治虫原作の映画『火の鳥』でコシノ氏がつくった「衣装」の力を感じたことに始まる。以来、コシノ作品を見るようになり、コシノジュンコ氏の描いた絵画も集めるようになった。コシノ氏は映画『火の鳥』の衣装を「超過去は超未来と一緒」と考えてデザインしたという。この衣装は、神話や古代史の真実を理解させるほどの力を持っていた。(全11話中第1話)
※インタビュアー:川上達史(テンミニッツTV編集長)
時間:12:41
収録日:2022/10/06
追加日:2022/12/16
≪全文≫

●映画『火の鳥』の衣装デザイン秘話


―― 皆さま、こんにちは。本日はコシノジュンコさん、執行草舟さんにお話を伺います。どうぞよろしくお願いいたします。

執行 よろしくお願いします。

コシノ よろしくお願いします。

―― 今回コシノさんに、この戸嶋靖昌記念館にお越しいただきました。ご覧になっていかがでしょう。

コシノ 何度か寄らせていただきましたが、まさか私の絵がここに「落ち着く」とは、本当に夢のようです。こんなに素晴らしいプライベートギャラリーをお持ちの方はいませんから。

 まず、ここに入ってきて、空間の作り方、色、すべて好きです。そこに私の大好きな山口長男の絵が、しっとりと入っているんですね。その横にいるなんてことは、夢のようです。本当に私は幸せです。

―― 山口長男さんの絵とのバランスということですか。

コシノ バランスどころか、私はそれこそお呼びでないですけれども、本当に光栄です。

執行 口を挟むようですが、山口長男とコシノさんの絵をコラボしているのは、今回「流体の美学」という題名で展覧会を開いているからです。私は、「流体の美学」という一つの宇宙エネルギーを考えているのですが、その宇宙エネルギーの発露として、山口長男の油絵とコシノジュンコの作品、ほかにもいろいろな人の書などをコラボして、素晴らしいものだけを並べています。

 一番多いのがコシノジュンコと山口長男の作品で、主力を占めています。今回はそういう意味で、山口長男と一緒に並んでいるのです。

コシノ ここに巨匠の山口長男がいて、そこにどんどん広がりができている。執行さんの感性の凄さがだんだん見えてきたというのか、落ち着いてきたというのか……。この空間は本当に別格です。

 大きなギャラリーやミュージアムもありますが、(ここでは)一つひとつに息がかかっています。これはもう人間味だと思います。それを感じられると思うのです。

―― 執行さんは一番最初に、コシノさんをどのようにお知りになったのでしょう。

執行 私は、悪いのですが男なので、若い頃は女性のファッションに全然興味がありませんでした。興味がないので、あまり見ていなかったのですが、一番最初にコシノジュンコという名前を知って圧倒されたのは『火の鳥』という映画です。

コシノ 手塚治虫の。

執行 そうです。『火の鳥』を見て、衣装をやったのがコシノジュンコと出ていた。『火の鳥』がすごい映画で、その衣装を全部担当された。あとで話しますが、私は『火の鳥』によって古代史などで理解できたことがすごく多かったのです。それも全部コシノジュンコという人の「衣装の力」です。ここからコシノジュンコという名前を知りました。

 その後は私も興味を持ち、ファッションショーはあまり行きませんでしたが、展覧会などを見るようになりました。コシノジュンコという画家が、このような素晴らしい絵を描いていることを知り、仰天したのです。腰を抜かしたというか、そのくらい衝撃を受けました。

 それからは、すっかりコシノファンになり、少しずつできる範囲で集めさせていただいています。もう相当集まってきたので、このような展覧会を開けるようになりました。これからもっと増えるから楽しみにしてください。

コシノ 『火の鳥』の映画をご覧になったというのは本当に嬉しいです。私は映画の衣装はあまりやっていませんが、突然そういうお話があったのです。

 ただ典型的な原始的なお話ですので、見たことがない衣装をやるわけです。現実離れしているというか。そういう意味で「超過去は超未来と一緒」だと考えて、自分の中で勝手にイメージをして、監督だろうが演出家だろうが(気にせず)、私の世界を勝手に作ってしまって、先に絵を描いたんです。脚本ができる前に、先にイメージをバーッと絵に描いた。

執行 脚本の前に。

コシノ そうです。漫画の本を送ってきたので、手塚治虫さんの漫画を見て、自分で勝手にその世界をバーッと広げた。イメージが分かったら、手が勝手に動きます。それで一気に描いてしまったのです。まだ脚本家もこれからなのに、「あ、これで行こう」と一気になってしまいました。

 もし私が、野原の何もないところで一人で生活することになれば、どんなふうになるか。どうやって食べていくか。何を着るか。本当に何もないわけですから、この手で何ができるかというところから始まって。

執行 疑似体験ですね。

コシノ 本当に手作りの。メカニックなものは何もないし、化学繊維や化学染料なども何もない。とにかく自然なもので何ができるかということで、ちょっと挑戦したのですが、それが本当に手間がかかってかかって。たとえば、一着を作るのに、いちいち手紡ぎで糸を作って、そこから織るとか。

執行 そういうと...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。