テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

人が好き…「人のために喜んでもらう」ことが一番の快感

勢いと余白(6)単純なものこそ感動する

情報・テキスト
コシノジュンコ氏は自分が女性であることも、あまり意識しないという。意識するのは仕事や時代など、見えるものだけである。コシノ氏の著書『56の大丈夫』の核心も、「人のために喜んでもらう」ことだという。「自分が好かれたい」ではなく「相手にどうしてあげるか」ということでもある。そして、今、目の前にあることを楽しんで大切にすることが人生の成功だという。また、人は単純なものこそ感動する。その精神は、おもてなしにもつながると、美空ひばりのエピソードを紹介しつつ語る。(全11話中第6話)
※インタビュアー:川上達史(テンミニッツTV編集長)
時間:12:29
収録日:2022/10/06
追加日:2023/01/20
カテゴリー:
≪全文≫

●今、目の前にあることを楽しんで大切にすることが、人生の成功


―― 以前「テンミニッツTV」で執行さんがコシノさんの『56(ごろく)の大丈夫』という本を紹介されたことがありました。

コシノ そうですか。

―― その話をお聞きになった視聴者の女性から質問をいただきました。

 「日々の仕事の中で、頭が固い人がいたり、融通が利かない人がいたりする。そういうものを女性の力で、どう突破していくか。その力をコシノさんが非常にお持ちのような気がしました。ぜひその秘訣を知りたいのですが」という質問でした。周りにそういう人がいた場合、どう突破していけばいいとお考えですか。

コシノ 「女性」ということを意識し過ぎていますね。私はあまり自分が女性だと意識していないです。男性ではないけれど、女性を意識していないですね。意識するのはやはり仕事とか、時代とか、目の前のこととか。

執行 対象物ですよね。

コシノ 見えるもの。見えるものは意識しますよ。見えないものは意識のしようがないですね。だから意識の仕方が違うのではないでしょうか。

 私は自分が女性だから、やっているわけではない。気がついたら「女性かな」などと思いますし、やっぱり女性ですけれども。無視はしていないのですが、でも、女性は独特の現実文化を持っているのです。男性と、そこが少し違うように思います。

 男性はすごく大きな理想論を持っています。女性は目の前の現実に強いんです。いざとなったら、ものすごい強いのです。

執行 原始性ですよ。

コシノ 現実のものなんです。

執行 これが女性の一番の(強さです)。だからコシノジュンコさんは最も女性的だとも言えるのです。

コシノ だから、女性が持っていた潜在的な意識みたいなものがあります。早く言えば、目の前の現実のものには、ものすごく強いし、そこに敏感だし。未来や先のことは分からないけれど、「今、大切じゃないの?」みたいなことが私は好きなんです。

 『(56の)大丈夫』は全部、人、人、人なんです。「人のために喜んでもらう」。これが、やはり一番の快感ですね。

 そして「大丈夫」の「大」は「一人(「一」と「人」)」からなるのです。やっぱり一人一人が大切で、「みんな一緒くた」ではないと思うのですね。

執行 あの本はもともと「岸和田思想」ですからね。

コシノ そうですね(笑)。

執行 あの『56(の大丈夫)』には岸和田の思想が書かれています。

―― 先ほどのお母さまの話もそうですが、人を大切にするところからエネルギーが集まってくる。

コシノ やはり人が好きでないと。人嫌いはダメですよ。「自分も人だ」ということを忘れてしまいます。人のことばかり見ていて、自分のことが見えない。みんな人なんですよね。動物とは違って、人は人です。

執行 それはコシノさんと会って初めて話をさせていただいてから、ずっと感じていることです。コシノさんの最大の特徴は何かというと、いろいろな言葉がありますが、やはり「人間賛歌」。「人間が好き」というものです。

コシノ そうです。

執行 これは初めて会ったときから、ずっと感じています。「人間がすごく好き」ということが、コシノさんの持っているあらゆる力を出させている。

 だから今質問された方は、言葉は悪いですが防御的なものが強いのかもしれません。例えば「自分が好かれたい」とか。そうではなく、今コシノさんが話されたのは「自分がどうか」ではなく、「相手にどうしてあげるか」ということだと思います。

―― 先ほど、性別に囚われない、時に囚われない、自分の歳にも囚われない、空間にも囚われないと言われました。だけど自分の中にあるもの、厳然としてあるものが、そのまま、おのずと流れていけば、それが力になっていく、というところもあるわけですよね。

コシノ 私はどこにいても対応できます、本当言って。「こうでなきゃダメだ」というように、理論的ではないのです。「たっぷりと広くて優雅な」といったものもいいのですが、それだけだと退屈する場合もあります。何がいいかは、別に決めていないですね。

執行 そういう中心性というものを、コシノさんにはずっと感じています。内輪話になってしまいますが、今も、つい何日か前までニューヨークにいた。それで昨日かおとといまで、神戸にいた。

コシノ 昨日ですね。

執行 それで今ここにいて、この平然とした何もないような、しゃべり方(笑)。

コシノ だから、「今日は日帰りで大変だ」と思わないんです。けっこう楽しんでいますから。何もやらないのに「大変」はないですよ。

 毎日、一日一日が有意義というのが一番幸せだし、人生の成功だと思います。明日は見えないから、どうなるか分からない。ただ、今、目の前にあることをすごく楽...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。