テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

国力の衰えとは、「国民の魂や良心」の衰えである

民主主義の根源とは(4)傲慢さが民主主義を破壊する

情報・テキスト
日露戦争と昭和の戦争とでは、科学性や知性の基盤がまったく違う。そうなってしまったのは、日本人が謙虚さを失ったからであった。議会制民主主義の最盛期を築き上げた19世紀の大英帝国も、貴族であれ庶民であれ、誰もが負い目を持ち、幸福ではなかった。だが、それが議会制民主主義をうまく機能させることにつながったのである。イギリスの国力が衰えたのは大衆民主主義が行き過ぎ、さらにはキリスト教も失った結果である。(全6話中第4話)
時間:10:23
収録日:2019/12/25
追加日:2020/04/17
タグ:
≪全文≫

●人間に対する想像力が無くなった


―― ここは漁夫の利なのですね。第一次世界大戦で火事場泥棒みたいなことをした。あのとき初めて国家としての債務超過が解消した。

執行 そうです。

―― その結果、傲慢な人になり、暴走が始まるわけですね。

執行 そして知性を失った人間が天狗になって、世界に対して、いばりたいだけの国民になった。それで出てきたのが昭和の軍閥です。いばりたいけれど世界中がいうことを聞かないので、「あの野郎、ふざけるんじゃねえ」となった。昭和陸軍はみんなそうで、海軍もそうです。皆さんもご存じでしょうが、日露戦争のときの科学的な戦争と昭和の戦争はまるで違います。

―― およそ知性がある人とは思えません。

執行 日露戦争までの科学的な計算と知性は、司馬遼太郎の本を読んでもわかりますが、みんな謙虚さによるものです。まだわれわれは、それを持っていました。われわれの国は弱い、ロシアに比べてダメだと。その謙虚さから、あの知性が生まれてくるわけです。

―― 確かにそうですね。謙虚さ、必死さからあの知性が生まれてきたわけですね。なんとか6対4で勝ち、引き分けに持ち込んだ。

執行 勝とうとも思っていないのですから。ところが昭和になると、もう気違いです。昭和の気違い軍閥を生み出したのが大正デモクラシーです。

―― そう考えると腑に落ちます。非常に不思議だったのは、日本の陸軍のやったことは、要は弁当を持たせずにフィリピンに行かせて、50万人ぐらいの餓死者を出すというものです。

執行 弁当だけじゃない。弾もありません。

―― 北から南まで大砲を引っ張っていくうちに半分死んでいるわけです。

執行 あんなことは武士道があれば、やりません。ダメに決まってます。ダメに決まっているところで、みんな死んでいった。とんでもない話です。

―― その淵源が、傲慢になった大正デモクラシー以降、漁夫の利を得て、そこから始まっている。

執行 そして今の日本の現状は、バブルから始まっています。だから今の日本の無為無策は、バブルのときの傲慢さが払拭されていないのです。

―― 払拭されていないし、極めて知的なものを失ってしまった。

執行 もちろんそうです。一番は知性です。

―― そして生き方を見失ってしまった。

執行 そういうことです。

―― 今の日本には2万人のジェントルマンがいないわけですよね。

執行 いません。武士道もない。2万人という数は、ちょうど明治時代にいた優れた武士の数と一緒です。やはり教養のある武士といわれていた人が、明治時代で2、3万人いました。2、3万人の人が学問とか経済、政治、官僚など、いろいろな業界に散らばっていれば、日露戦争までの日本みたいな科学的な知性を持てるということです。指導者がいれば。

―― 今は、人間に対する行政官の理解力が、極端に落ちたということですね。

執行 一般にみんながいう想像力、または文学的にいえばロマンティシズムを失ったのです。では、なぜ失ったかというと、また根源的な話に行きますが、やはり教育にも問題があります。本当は、宗教、それから哲学を失ったということなのです。宗教は日本にはもともとなく、日本の場合、武士道が宗教です。武士道教育、ヨーロッパならキリスト教。これがなくなれば哲学を失ってしまいます。

―― 宗教イコール武士道。哲学を失ったら、やはり人間が人間でなくなるのですね。

執行 だから先ほどのオルテガの理論のように、今は凡庸であることの権利を主張するだけの日本国民なのです。新聞にもこの間、堂々と「怠惰な幸福で何が悪いか」と出ていました。そんなことを新聞で書ける時代なのです。「すべての人に権利があって、怠けたら生きる権利がないのか」と。怠け者に対して「何なんだ、お前、怠けて」と怒ると、「じゃあ、怠け者は生きる権利がないのか」といわれるのですから、もう主客転倒です。


●コンプレックスが議会制民主主義を発達させた


執行 もう一つ、学問的に非常に面白い理論があります。マイケル・ヤングという社会学者が書いた『メリトクラシー』という本があります。僕もなるほどと思ったのですが、英国のヴィクトリア朝はちょうど19世紀にあたります。19世紀は大衆民主主義もまだ中途半端でした。貴族主義が滅びてきていて、キリスト教信仰を失ってきた。それで、当時の英国人は全員、負い目を持っていたというのです。これはとても重要なことです。負い目を持っていることが、人間のやる気の根源になるからです。

 英国は強烈な貴族社会です。ところが民主主義が進展してきて、19世紀には貴族が貴族に生まれたことを少し恥じたそうです。「俺は生まれながらにこんな恵まれていていいのだろうか」と。さらに民主主義が進展すると、今度は勉強していい大学さえ出れば偉く...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。