テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

昔の民主主義は全部「神を持っていた」

民主主義の根源とは(1)民主主義は宗教から起こった

情報・テキスト
執行草舟が民主主義の根源に迫る、全6話シリーズ。世界中が民主主義となった現代では、「民主主義を知ること」は人生をよく生きるうえで必要不可欠である。今の日本人は民主主義を「甘え」に使ってしまっているが、本来は「自分たちが主体的に生きるため」に使うべきものなのである。それはなぜかといえば、民主主義はもともと宗教から出てきたものだからである。神を認めつつ、「少し」は神から自由になってもいいという考えから生まれたものが民主主義なのだと理解することが、まず大切なのである。(全6話中第1話)
※インタビュアー:神藏孝之(テンミニッツTV論説主幹)
時間:11:04
収録日:2019/12/25
追加日:2020/03/27
タグ:
キーワード:
≪全文≫

●民主主義とは、現代でいい人生を送る鍵


―― 今日は先生に「民主主義とは何か」を伺いたいと思います。これは重要なテーマだと思います。

執行 今の時代は世界中が民主主義ですから。民主主義とは何かがはっきりわかっていないと、民主主義の国家の中で自分の人生を生かせません。自分が民主主義をやるかやらないか、政治家になるかならないかは関係ありませんが、良くも悪くも民主主義の世の中ですから、その中で「いい人生」を送るには、民主主義が何であるか自分なりにつかんでいないと絶対ダメだと思います。その意味でこの民主主義の理論については、みんなに聞いてもらいたいと思います。

 今の民主主義という考え方についてはテレビなどでもやっていますが、もっと重要なのは、民主主義が何から起こったのか、どうして民主主義という政治の考え方が出てきたのかを知識として知っておくことです。

―― たしかに、どこから生まれてきたのかは大切ですね。

執行 もちろん古代から来た流れが、昔に逆戻りはできません。しかし、どういう淵源で生まれたかを知っていると、今の政治家が何を言っても、その政治家の発言と、現代の具合や自分の考え方との相関関係がとれるようになります。

―― それはすごく大事なことですよね。

執行 それが人生ですから。大事なのは民主主義の世の中で、自分自身が良くならなければダメです。ところが今の日本人の生き方は、僕から見ると民主主義を「甘え」に使っています。政治家に餌をばら撒かれ、その餌に食いついて民主主義という社会の中で「政策のとおりに生かされて」しまっているように、僕からは見える。そうではなく民主主義は、本来、自分たちが生きるために、主体となって使わなければならない、という主義なのです。

―― 使わなければならない。

執行 せっかく民主主義の社会に生きているのだから、言葉は悪いですが、民主主義の政治を自分の人生に利用する。そのためには民主主義がどうして起こったのか、何が淵源にあるのか、今の時代と歴史的なものとで何が違うのかを自分の中でわからなければダメです。

―― 私は今日、民主主義のお話をうかがえるのがとても楽しみだったのですが、例えばアテネの民主制を見たときに、ペリクレスは天才ですよね。

執行 ペリクレスはそうです。

―― それから多分、50年間ぐらいだけが機能した。

執行 あの時代が理想です。

―― そしてプラトンやアリストテレスは、必ずしも民主主義に対して肯定的ではありません。

執行 そうです。

―― 今日はそのあたりも含めて民主主義とは何か、民主主義の淵源あたりからお話をいただければと思います。


●神があってこその民主主義


執行 まず、民主主義について今の人が絶対に忘れてはいけないのは、「宗教から起こった」ということです。宗教が民主主義の根源なのです、宗教が好きとか嫌いとかは関係なく、です。まず人類史では宗教が起こって、いろいろ変遷はありますが、今われわれが民主主義と呼んでいる人権や平等などといった考えは、研究してみればわかりますが、要は、3大宗教と呼ばれる仏教キリスト教イスラム教といった大きな宗教の根源的な考え方なのです。その中から、「許し」の部分のいいところだけを取ったのです。たとえば、優しさや平等、人権といったものはそうです。

 もともと宗教では、神と人間との関係に何度も盛衰がありました。神の掟とは、イコール宇宙や自然の掟です。宇宙や自然の掟の中で、人間がどう文明を築き、よくなるかというのが、もともとの宗教の歴史です。その中で神の掟が強くなり過ぎてしまった時代というものが、何度もあるわけです。人間を神が圧殺するような時代です。それから、今でも3大宗教と呼ばれて残っている宗教は、圧殺だけでなく、神の中には許しもあると説いたのです。それが釈迦であり、キリストであり、ちょっと遅れてマホメットです(ヒンズーなどもありますが)。

 これらだけが世界の3大宗教として今に残っています。この世界の3大宗教の思想を研究していくと、全部、「今の民主主義」であることがわかります。例えばキリスト教が世界を覆って「本当のキリスト教の社会」ができたら、理想的な民主主義だったのです。これは仏教ももちろん同じです。ところが、そうならなかった。人間の欲望のほうが勝ったからです。

 一番、今、忘れてはいけないのは、宗教から出てきた「昔の民主主義」は、全部、神を持っていたということです。ここが重要です。

―― 神を持っていたんですね。

執行 神を持っていたから、「人権」とか「優しさ」とか「許し」などが全部、価値を持っていた。

―― なるほど、優しさに価値が出たのですね。

執行 神がいるからです。先ほども言ったように、神とはイコール宇宙の掟、自然の掟...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。