テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

数字を追いかけるな、説明責任を求めるな…共感経営への道

日本企業の病巣を斬る(9)社会的共感経営の実現

対談 | 執行草舟田村潤
情報・テキスト
野中郁次郎氏の唱える「知識創造企業」を築くには、「暗黙知」の活用と、地域やお客さんとの「共感」が重要である。まさに「共感経営」が重要だが、そのためには、数字を追いかけたり、説明責任を求めたりするのが間違いだとわからなければいけない。戦前の岩波書店が出版社として成功したのは、「社会的共感経営」を行ったからである。それゆえ、戦前の知識人の共感者を増やすことができた。そうした企業が1社でも2社でも出てくれば、必ず周囲も変わってくる。(全12話中第9話)
※インタビュアー:川上達史(テンミニッツTV編集長)
時間:10:23
収録日:2023/10/18
追加日:2024/01/26
カテゴリー:
キーワード:
≪全文≫

●「大事なこと」には言葉にできないものが多い


執行 野中郁次郎さんが言う「知識創造企業」を築くには、「暗黙知」を活用することと、「共感」、(つまり)地域や人々、お客さんと共感する経営を築き上げることが重要です。そのためには日本の場合、グローバル経済、アメリカンビジネスから抜け出さなければならない。抜け出さない限り、数字を追いかける無限経済成長からは誰も出られません。

 数字の追求は政治家もやっていることで、そうしないと選挙に受かりません。だから、今それをなくすのは大変ですが、やるしかない。

田村 そうですね。

執行 「数字を追いかけるのが間違い」なのです。間違いであるということを、本当にわからなければダメです。それには歴史を勉強しなければダメです。歴史を勉強すれば、ヨーロッパの企業も日本の企業も、18世紀ぐらいまで数字を追いかけていない。自動的に「共感経営」になっているのです。

 共感経営をしようと思うと、暗黙知が働いてきます。田村さんはキリンの高知支店で、たぶん暗黙知が知らず知らずに出たのでしょう。そのことをいつも言っているのです。ところが、アメリカンビジネスを信じると出なくなってしまう。だって「いけないこと」だと思うから。

田村 数値化しないとダメだと(思ってしまう)。

執行 私が若い頃はハーバード大学のビジネススクールがすごく有名で、同じ世代の頭がよかった人の多くがそこに入学してMBA(経営学修士)になりました。でも、そういう人たちが継いだ会社やブレーンになった会社で潰れなかった会社はありません。数値を追いかけるだけだと、オーバーアナリシスになってしまうのです。

田村 私が会社を辞めたのは10年少し前ですが、その直前ぐらいから取締役会で発言したことが全部記録に残るようになりました。そして、合意を取らないと進められないということになったのです。

 そうすると、大事なことには言葉にできないものが非常に多いけれども、それは説明ができないのです。説明責任が全部問われるようになったから。すると、説明できるものは、誰でも納得できるものなのです。

執行 薄っぺらいもの…。

田村 それでうまくできなくなった。クリエイティブなものが生み出されなくなった。これは、株主総会で説明責任が問われるようになったからです。

執行 だから、今の日本は、芸能界も含めて文化的にはものすごく薄っぺらくなっています。なぜなら、芸能でも歌舞伎でも芸術でも、有名になると説明責任を問われるからです。他人に説明できることは、音楽でも絵画でも表面です。だから、表面が一番うまい人が賞を取れたり、有名になってしまうのです。

田村 私も議案を上げる場合、本当はうまくいきそうなことでも、説明ができないものであれば議案に持っていく勇気が起きないのです。反論が出てくるからです。「それは田村が個人的に思っていることだろう。それを合理的に説明しろ」と言われてしまう。すると、数字で説明することになるけれども、数字では説明できない。

執行 今も世の中に出ている人は、口が達者というか、説明責任がうまい人だけです。だから社会は非常に薄っぺらで、もう崩壊寸前になっている。そういうことなのです。そこからどう立て直すか。これは気がついてから長くなるけれども、やはり企業しかできません。

田村 そうですね。

執行 政治家はダメ。大衆の選挙で(票が)入るから大衆が嫌がることはできない。だから、企業がやっていくしかない。


●「社会的共感経営」で成功した会社の実例とは?


執行 例えば、戦後の出版社が全部ダメになったのは、大量生産・大量消費というアメリカングローバリズムに入ったからです。いい本を出版して、細々とでもいいから出版社として食いつなぐやり方は、どの出版社もできなくなった。口では言っているけれども、できない。大量に刷って大量に売って、一儲けする。楽して稼ぐことを覚えたからです。

 昔の出版社は、とにかく自分が気に入った本やいい本を出して、長くそれを持って、なるべく世の中に広めようとする。いわば出版社としての「社会的共感経営」。出版社の愛読者がいるのは、共感者を増やしていることです。それに成功したのは、日本では戦前の岩波書店だけです。

 岩波書店は共感経営と暗黙知の経営理念を(創業者の)岩波茂雄が勉強したのでしょう。商売的に確立した。伝記を読むとわかりますが、非常に偉大な人です。自分のやり方で売って、売上げがそれほど上がらなくても儲かるように会社を組んで、専門の販売網を築いた。

 私の父は、戦前すでに大学を出ていた戦前の知識人の一人です。その父にとって、岩波書店は「神」でした。戦後も同じで、私は学生の頃、ずいぶん父の本を買いに行かされましたが、父がいつも言って...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。