テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

理念と使命感と塩梅…組織や数字の奴隷にならない生き方

日本企業の病巣を斬る(6)組織の奴隷にならないために

対談 | 執行草舟田村潤
情報・テキスト
企業の「勝ち負け」は、相手を蹴落とすこととは違う。それは「いかに顧客の心をつかむか」の競争であり、「顧客の心をつかむ」のは「勝ち負け」とは関係ない。顧客の心をつかむことで得られるのは満足や愛である。理念の実現に向かっていくと敵味方という考えはなくなる。一方、企業内ではよく「数字を達成しなければいけない」といわれるが、その数字自体が間違っている可能性もある。それを見極めるのが教養や知恵で、そのためにも心と物質社会の動きを切り離して考える習慣をつけることである。企業では本社から指示が出るが、その指示に対して「自立」していないと組織の奴隷、数字の奴隷になってしまう。(全12話中第6話)
※インタビュアー:川上達史(テンミニッツTV編集長)
時間:11:21
収録日:2023/10/18
追加日:2024/01/05
カテゴリー:
キーワード:
≪全文≫

●理念が実現された状態に向かうと、敵味方も目標もなくなる


―― 先ほどの田村先生から「企業は勝たなければいけない」というお話がありました。企業が勝つためには、誰かを倒さないと(ならない)。例えばアサヒビールのシェアを奪わないと、キリンビールは勝てないと。

田村 結果として、ですね。結果論では。

―― それが「利他なのだ」といったとき、表面的には矛盾するように感じますが…。

田村 それは違います。「お客さんに喜んでもらう」を追求していくと、お客さんのことだけを考えるようになるのです。ライバルメーカーがいて、ライバルメーカーのお店ができるとキリンを飲めない店ができてしまう。これは理念的に見たらダメで、だからキリンに変えてもらう。

執行 これは蹴落とすのとは違う。

田村 そう、これは敵ではないのです。

―― なるほど。

田村 相手にしているのは、お客の心だけ。その心に満足してもらう。キリンを飲んで喜んでもらうには、そうした活動が必要だからやるだけ、という話です。

執行 これは勝ち負けとは違うと思う。

田村 だから、「勝て」と指示したことがありません。

執行 「勝ち負け」という思想は、多分アメリカンビジネスだと思います。

―― なるほど。

執行 だから(ジョン・)ロックフェラーがスタンダード石油を作る際、乗っ取りによって200人以上が首を括ったと言われています。あれは「どちらが勝つか」(という世界)です。

田村 そうですね。

執行 だから、ロックフェラーも年を取ってから慈善家になったのです。日本やヨーロッパの商売は違います。

田村 ライバルは敵ではない。相手にするのは、顧客の心だけです。だから、目標もありません。

執行 企業相手ではない。顧客の心をつかむ。つかんだ人が、勝ち負けで「勝った」とは言わないでしょう。

田村 そう。満足とか愛です。

執行 アサヒビールがダメになったのなら、アサヒは怠けて顧客が何を求めているかがわからなかったというだけです。別にキリンに負けたわけじゃない。

田村 そうです。それだけです。だから、すごくシンプルなのです。目標設定もそうです。理念が実現された状態に向かっていくと、敵味方はなくなり、目標もないのです。だから、私は目標を作りませんでした。作れないのです。日本人を幸せにする目標など、ないですから。だからよかった。自由にそこへ向かえたのです。

執行 それは高知支店がダメだったからでしょう。

田村 いえ、4000人がそうだったのです。キリンビール全体がそうだったのです。

―― キリンビールの副社長のときのお話ですね。

田村 そうです。範囲が広がっても同じなのです、考え方は。だから目標も計画もない。そこに向かっていればいいだけだから。だから自由になれた。ただし、限界があることも確かです。

執行 限界はあります、心にはなくても、物質面である。そこを絶えずわかっている必要があります。人をだます場合は、必ずこの心と物質の問題をごっちゃ混ぜにします。理念と物質は、必ず分けないとダメです。これを分ける習慣があると、アメリカンビジネス的な意味のごまかしは、すぐにわかります。

田村 私が講演でよく受ける質問も、量に関するものが多いのです。「田村さんは何年計画で目標をどう設定するのですか」と。目標なんて設定できません、「全ての人に喜んでもらう」などというものに関しては。

 普通はそうなのです。(でも)計画は絶対に達成しないといけない。だから合理性がないといけない。それは数字ですね。でも数字なんて作れません。

執行 また最初の話に戻りますが、「数字を達成しなければいけない」というけれども、最初に出した数字が間違っていたら、それは無理です。やっぱり「出された数字を達成しなければいけない」という考え方が間違いだと私は思う。間違った数字だったら、やってはダメなんだから。

 だから、一番直近だとビッグモーター(の話です)。ビッグモーターの出していた数字なんて、ダメに決まっています。それを見極めるのは教養です。知恵が必要という話です。その知恵をどう育成するかというと、心と物質社会の動きを必ず切り離して考える習慣をつけなければダメだということです。

田村 そうですね。そちらに向かっているうちに心が変わっていきますから。

執行 心は成長するから。

田村 だから、いろんなことがわかるようになるし、愛的なものが出てきます。

執行 全部、愛が中心なのです。仏教的には慈悲の心。

田村 そうですね。

執行 戦争もそうです。勝つ将軍は、必ず慈悲の心を持っています。司令官が慈悲の心や愛の心を持っている度合が強いほど勝つことが、戦争史で出ているのです。戦争といえども。

田村 「ビール戦争」もそう...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。