テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

最善が堕落したものは最悪である…無限なのは理想や魂のみ

日本企業の病巣を斬る(3)足るを知る

対談 | 執行草舟田村潤
情報・テキスト
日本の企業には伝統的な成功パターンがある。三井越後屋は地域密着型の商売を行い、300年繁栄を続けているが、これは当主が「足るを知る」をわきまえていたからだ。ローマ帝国の有名なことわざに「最善が堕落したものは最悪である」というものがある。たしかに理想や魂は、本来が無限のものだから、その最善を追い求めるのはいい。だが、その理屈を肉体や物質社会や経済成長に当てはめると、逆効果となってしまう。つまり、「最悪」になりかねないのだ。(全12話中第3話)
※インタビュアー:川上達史(テンミニッツTV編集長)
時間:13:37
収録日:2023/10/18
追加日:2023/12/15
カテゴリー:
≪全文≫

●日本の伝統的な成功パターンをやればいい


田村 だから、「国民(すべて)を幸せにする」ということ(理念の実現)は不可能ですが、でもそこへ向かい、それを実現することを組織の目標にしたのです。

 (会社には)理念や使命がありますが、それを単なる心構えで終わらせるのでなく、どんなことがあっても実現する。それを実現した状態とは、具体的にはすべての人にキリンビールを飲んで喜んでもらうことです。そこへ向かう。「それ以外やるな」という話です。

執行 そうですね。

田村 そこへ向かっていると、人間の心が変わってきます。だから、これでいいのです。

 これに可能性があるのは、企業は利益を上げ続けないといけないから、お客さんの支持や信頼を得続けないといけないので、「お客さんのために」ということです。

 そのために行動していく。するとお客さんからいろいろな反応があり、それで奮い立ったり、いろんな発見があったりする。また、そこでモチベーションが出てくるというのは、日本の伝統的な成功の一つのパターンです。これをやればいい。

執行 それが循環経済です。

田村 そうです。

執行 例えば江戸時代は、地域密着型でお客さんのためになっている商売が300年間繁栄しています。一番みんなの記憶にあるのは三井越後屋で、300年間繫栄しています。

田村 そうですね。

執行 でも今の数字でいえば、これ(頭打ち)です。

田村 そうでしょうね。あるところまで行ったら、止まるというのはあります。

執行 ただ今の田村さんの話は言っていることは正しいけれども、「心」の問題と「ビジネス」の問題がわけられていないということです。心持ちは、理想を追いかける。それは私もいつも言っていることです。

 でも現実のビジネスは、循環を求めなければダメです。だから、永遠の金儲けはできない。永遠に数字が上がっていくのは無理なことで、絶対ダメです。

 これは詳しく言うと、もともとキリスト教から出た考えです。心の問題をビジネスに適応して、英米が18世紀に新しい経済思想を作り上げたのです。つまり、根本を言えば、キリスト教から「神」を抜いた。するとキリスト教はヒューマニズムなど「いいもの」「いいこと」ばかりです。それを英米の哲学者は、経済問題に結びつけた。

 我々はみんな西洋の素晴しい理念に憧れましたが、キリスト教は(そもそも)神がいてこその理念でした。そこから神を抜けば、罰する人がいなくなる。それが今のアメリカンビジネスの状態なのです。

田村 そうですね。

執行 ローマ帝国の有名なことわざがあります。西洋の哲学者がよく使うもので、「最善が堕落したものは最悪である」という言葉です。最善、つまり最も素晴らしいものが堕落したものが、最悪であるという言葉です。

 シェイクスピアも文学でそれを表現していて、「美しい菊の花が腐ると、雑草よりも激しい腐臭を発する」という詩があります。この状態に今のアメリカンビジネスは来ているということを言っているのです。だから、最善を求めて、最悪になっているのです。

 私は英米をわりと攻撃しているけれども、これは英米が悪いわけではありません。最善を求めたことは確かで、現に国は少し発展しました。それが飽和状態を超えて、腐臭を発する最悪の状態になっているのが、今のドイツ、フランス、日本といった先進国といわれている国を覆っている経済問題です。

田村 神がいなくなったし、日本は「天」といったものがなくなったから。

執行 日本だと天、「お天道様が見ている」という意識が三井越後屋の主人たちには多分あった。

田村 そうですよね。

執行 だから、お天道様の前で恥ずかしくない商売をやる。お客さんの利益になっているか、お客さんが喜んでいるかを毎日店頭で見て、店主が確認しているのです。

 だから理想は高いのです。理想がなければ300年も続きません。理想は、無限のものを求める。無限のものを求めるのは、キリスト教的にいうと神を求めることです。だから魂は、神を求めるのが正しい。

 でも市場は、物質に支配されている。物質に支配されているとは、どういう意味かと言うと、限界があるということです。

 魂は無限です。魂の憧れは無限だから、どこまでも上がっていける。ところが、肉体には限界がある。健康にしても、どんなに鍛えても限界があります。経済も全く同じで、これを知ることが、今後の日本経済が有用でいい経済に移っていく方法です。


●三井越後屋が300年繫栄したのは、当主が「足る」を知っていたから


執行 ただ、ここで一番の問題は、選挙で受かった政治家が政治をやっていることです。成長しない経済政策は取れません。成長が遅れると、社会保障などが減るからです。だからフランスでもドイツでも...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。