テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

無理なプランや数値目標を指示されると現場の力は弱くなる

日本企業の病巣を斬る(1)日本企業の4大疾病

対談 | 執行草舟田村潤
情報・テキスト
日本企業の病巣に「オーバープランニング(過剰なる計画)」「オーバーアナリシス(過剰なる分析)」「オーバーアダプテーション(過剰なる法令順守)」がある。これは経営学者の野中郁次郎氏が提唱したものだが、これに「オーバーコンプライアンス(過剰適応)」を加えたのが「日本企業の4大疾病」である。これらが、いかに日本の企業の現場を苦しめ、弱体化させているのだろうか。また、なぜいま日本企業の大きな問題になっているのだろうか。そして企業の本質とは……。両者の立場から、問題の本質を探っていく。(全12話中第1話)
※インタビュアー:川上達史(テンミニッツTV編集長)
時間:11:09
収録日:2023/10/18
追加日:2023/12/01
カテゴリー:
≪全文≫

●どうして「何のために仕事をしているのかわからなくなる」のか?


―― 皆さま、こんにちは。本日は「日本企業の病巣を斬る」というテーマで両先生にお話を伺いたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

田村 よろしくお願いします。

執行 はい、どうも。

―― 日本企業の病巣について、田村先生から「4大疾病がある」と伺いました。「オーバープランニング」「オーバーアナリシス」「オーバーアダプテーション」「オーバーコンプライアンス」です。それぞれ、どういうことでしょう。

田村 「オーバープランニング」「オーバーアナリシス」「コンプライアンス」は、世界的な経営学者の野中郁次郎さんがおっしゃったものです。最近それに加えて「オーバーアダプテーション」というものが出ています。

 オーバープランニングは「過剰なる計画」です。オーバーアナリシスは「過剰なる分析」。オーバーコンプライアンスは「過剰なる法令順守」。オーバーアダプテーションは「過剰適応」です。例えば、SDGs(持続可能な開発目標)といえばSDGs、ROE(自己資本利益率)といえばROE、それらにどんどん適応して過剰適応してしまう。

執行 要するに、オーバーコンプライアンスから出てきたものですよね。コンプライアンスをやり過ぎて、なってしまったと。オーバーアダプテーションは野中郁次郎さんの理論があった頃から出ていましたか。

田村 いえ、出ていません。

執行 最近ですよね。だから、たぶん(オーバー)コンプライアンスをやっていると、行き着いて(オーバー)アダプテーションになってしまうと。そういう状態でしょう。

田村 そうですね。プランニングやアナリシスも、アメリカのMBA(経営学修士)に過剰適応している側面がありますから、根っこは似ていると思います。

執行 そうですね。

―― これらは実際に働いている方にとって、思い当たる節があるというか、困っている部分も多いように思います。それぞれ先生方に伺いますが、まずオーバープランニングとオーバーアナリシスは現場ではどのような現象として現れるものでしょう。

田村 企業は成長しなくなっていますから、なんとかしようと分析をして、プランを立てます。それでも業績が悪いとなると、さらにプランを増やす。プランが増えれば増えるほど、現場に「もっとこんなことをやれ」と要求をどんどん出す。現場が疲弊して、考えなくなるのです。結果として現場の力が弱くなり、業績が下がる。

 すると本社は「それはいかん」となって、さらに分析をしてプランを増やすので、より疲弊してしまう。その結果、現場に本質があるのに、現場の本当に大事なもの(情報)が会社に回らない。どうでもいいプランがよりどんどん出てきて、現場はやる気がなくなってしまう。この問題が非常に大きいのです。

執行 今、大きいですね。

田村 はい。

執行 非常に簡単にいうと、根本は無理な経済成長にあるのです。それを言ってしまうと(話は)終わってしまうので言いにくいけれども、高度経済成長を終えた国、アメリカも日本もドイツも全部そうで、着地に失敗しているのです。高度成長が終わったら、今度は循環経済に戻らなければいけない。でも、循環経済に戻ると「仕事をしない人はダメ」といった、昔の考えに戻ってしまう。社会保障などを続けるには、成長し続けなければならない。そこで出てきたのがオーバープランニングやオーバーアナリシスなのです。

 野中郁次郎さんも書いていたと思いますが、成長できないところで無理やりやろうとするところから出てくるのです。

田村 特に資本主義がどんどん高度化してくると、お金がどんどん移動します。儲からないところから儲かるところに投資が移るので、企業としてはどんどん利益を上げ続けなければならなくなります。

 目標はどんどん高くなり、しかもそれは数値化したもので、目標達成のために「これをこうやって」と指示が下りてくる。それも無理なものがどんどん出てくるので、何のために仕事をしているのかわからなくなるのです。

執行 数字のためになってしまう。

田村 でも、数字そのものには意味がないのです。今年頑張ると、翌年はもっと高い目標が設定されると全員知っています。

執行 だから、また根本に戻ると、経済成長政策の無間地獄なのです。だから、どんなに大企業になっても同じで、今は大企業になればなるほど倒産する確率が大きくなる。健全な会社は、そこそこのところでやっています。

田村 しかも今は、投資家が「株価を上げろ」と言います。経営者の意識としては「投資家からいい評価を受けることが仕事」と受け取っているので、そうすると利益なのです。これは、きりがないのです。

執行 そうです。だから無間地獄です。


●過去の数値でいくら分析して...

テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。