テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ日本の従業員の会社への愛着は世界最低クラスなのか

日本企業の病巣を斬る(11)みんなが「おかしい」と感じている

対談 | 執行草舟田村潤
情報・テキスト
「いい加減」「適当」「暗黙知」といったことこそが、日本人が持っている非常にいいところ、素晴らしいところであった。それを、コンプライアンスをはじめとしたアメリカンビジネス追従によって、壊してしまった。そのことが、現代日本の大きな病巣になっている。また、昔の企業は家族主義で、愛があった。しかし、今はそれもなくなってしまった。そのため、会社へのロイヤリティが下がり、従業員のエンゲージメント(会社への愛着や貢献の意志)も、日本は世界最低クラスになってしまった。そして、やっているのは物まねばかり。つまりオーバーアジャスメントである。日本には本来、数字も大儲けも要らなかったはずだ。人の役に立てば儲かる。それは結果論なのである。(全12話中第11話)
※インタビュアー:川上達史(テンミニッツTV編集長)
時間:10:02
収録日:2023/10/18
追加日:2024/02/09
カテゴリー:
≪全文≫

●日本人の素晴らしい「いい加減」「適当」「暗黙知」を取り戻せ


田村 今、いろいろなところで講演しますと、圧倒的多くの方は「何かおかしい」と不安を感じています。「変だ」と。でも正解がわからない。

執行 それを先ほどから話しているのです。要は、みんなが正義と思っているものが間違っているのです。

田村 それはわかっています。それをいかにうまく言うかです。

執行 そう。その次元に来ています。

田村 そして、それが通用する時代に来ています。

執行 もう少しかかりますが、グローバリズムの崩れ方が激しくなってくると、どんどんわかりだします。もう、その入口に来ています。

田村 やはり少し変わってきていますね。「おかしい」という感覚をみんな共通して持っている。

執行 「おかしい」と思っていても、ある程度、分析的にわかっていないと次の策は打てません。アメリカの悪口ととられると嫌なのですが、というのもアメリカはアメリカで一つの文明なので。ところが、日本がそれを取り入れると、日本人は「暗黙知」といったものがわからなくなってしまう。そこから一回脱する必要があります。

 日本人が持っている非常にいいところ、世界レベルで「いい加減」「適当」と思われているものが素晴らしいと気づくには、アメリカンビジネスから一回出なければならない。

 一例としては、江戸時代の話が出るけれども、あのような商売の価値や循環経済の考えがわかってくると、日本人の遺伝子にあるものだから共感経営に行くようになります。

 もともと日本人は共感の民族です。その証拠が家族主義で、つまり家族は共感の団体です。家族が企業まで大きくなったのが、野中(郁次郎)さんが言う共感経営です。要は昔の日本の商道です。野中さんは最先端の経営学者といわれますが、言っていることは全部、(江戸時代中期の)石門心学なのです、要は。

田村 確かに(私が)入社した頃の日本の企業は、みんな家族的でした。

執行 全部そうです。それをコンプライアンスだ、何だでぶち壊してしまった。だから、ぶち壊した、その勢いがあるのは全部、アメリカンビジネスです。加えて、われわれが幻惑されたのは、「英米がやっていることが正義」と誤解したことです。

 (それはわれわれが)戦争に負けたこともあるかもしれません。だから英米は国として、野中さんが言った国として「信念を真実に正当化して成功した国」なのです。

田村 そうですね。

執行 でも、それは真実でなく、正当化しただけです。われわれはもう、それに気づかなければならない。

田村 そういうことですね。

執行 気づくと、それだけで暗黙知が少しずつ出てきます。今、テレビやインターネット上を見ても、振りかざしているのは正義だけで、その中心は全部ヒューマニズムです。全部そうです。ヒューマニズムはキリスト教から神がいなくなった西洋が掲げた、要するにカスです。けれども、見た目は一番美しい。見た目が美しいのは、最善ということです。この最善のものにみんな食われているのです。

田村 そうですね。

執行 ヒューマニズムから見て、例えば日本の適当なところや暗黙知、説明責任を果たせないところは徹底的にけなされる。そういう病巣に取りつかれていて、それが日本企業の病巣なのです。

田村 昔の企業は家族(主義)で、愛があった。それが共同体としての企業になって、今はそれもなくなってしまった。

執行 この愛とはわかりにくいけれども、共感です。

田村 そう。今、会社へのロイヤリティがすごく下がっています。(従業員の)エンゲージメント(会社への愛着や貢献の意志)も、日本は最低クラスです。それはそうでしょう、会社の実体がなくなっていますから。法人としては存在しているけれども、やっているのは物まねばかりです。つまりオーバーアジャスメントです。

執行 アメリカンビジネスを取り入れて、金儲けをするのが企業と思い込んでいる。「それは違う」ということです。それがわからないと、日本の企業は再生しない。

 「金儲けする」という株式会社のシステムは、アメリカやイギリスのものです。あれはあれで歴史的には間違いではなかった。金儲けするために株主が集まり、金儲けするものを作ったのだから。

 一番最初にやった金儲けは植民地の収奪で、東インド会社です。アメリカやイギリスやオランダが作った。東インド会社がアジアから収奪して、どちゃどちゃと金儲けした。あれが株式会社の始まりです。

 だから、倫理的には悪いけれども、金儲けシステムとしては正しかった。あまりにも英米が成功したので、ヨーロッパ(の他国)と日本は幻惑されて商売全部を株式会社思想で覆ってしまった。今や金持ちは全員、株式会社で成功した人です。だから株主優先とな...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。