10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

1人の人間が心の底から信じたことを書いた本の力

読書と人生(2)「本当のことが書いてある本」の価値

情報・テキスト
本は「本当のことが書いてある本」を読むべきだという。つまり、ある1人の人間が、本当に信じたことを書いた本を読め、ということである。ヒトラーの『わが闘争』にせよ、マルクスの『資本論』にせよ、あれほどの人を巻き込んだということは、それだけの力が内在しているということなのである。それをあえて看過するのは、歴史に押しつぶされた「文明の疲弊」である。(全11話中第2話)
※インタビュアー:神藏孝之(10MTVオピニオン論説主幹)
時間:09:40
収録日:2019/05/14
追加日:2019/08/23
タグ:
キーワード:
≪全文≫

●「1人の人間が本当に信じたことを書いた本」が重要


執行 本は、「本当の本」を読まなければいけません。ここが今の人にとって一番厳しいところです。「いい本」を読むかどうかではなく、本は「本当のことが書いてある本」を読まなければいけません。「本当のこと」に関しては、どんな意見でもいいから読んで取り上げなければダメです。

 今の人はわりあいセントラルドグマ(揺るぎない絶対的な考え)があり、今の人間観に合っているものしか読みません。僕がよく例に出すのが、ヒトラーの『わが闘争』です。

 内容がいいとか、肯定しているという話ではなく、大事なのは「言いたいことが書いてある」ということです。これが重大なことなのです。

 この本は牢屋の中で口述筆記したものですが、ヒトラーの政治信条が全部書いてあります。その内容を、いいと言っているわけではありません。しかし人間というものは、とくにインテリには嘘つきが多い。当時のドイツのインテリは、みんな『わが闘争』を読んでいました。ただ政治家の言うことだから、どうせ嘘だろうと思っていた。政権をとるため、アジテーターで書いていると思っていたのです。

 だからドイツの有能な学者たちを含めて、多くの人がヒトラーを支持して、選挙で総統にまでしてしまった。ところが書いてあることは、彼の本心だった。龍の尻尾を踏んでしまったのです。

―― 自分たちがそうだから相手もそうだと思っていたけれど、ヒトラーは真剣に書いていたのですね。そして言ったとおりに行動した。

執行 今の人はヒトラーが嫌いだから、みんなあの本を嫌いますが、僕が言いたい読書論は、違います。言ったことが間違っているかどうかではなく、「ヒトラーという1人の人間が本当に信じ、思ったことを書いてある本は価値がある」という話です。

 聖書に価値があるのも、キリストという人間が、本当に信じていることを話し、それを聞いていた人が筆記したからです。だから聖書は価値がある。それがわからないと、読書の価値はわかりません。

 ある1人の男が、われわれの前にこの地球上で生きた1人の人間が、本当に信じたことを書いている本だということが重要なのです。

―― 生き様そのものですからね。

執行 そうです。それを受け入れるか受け入れないかは、また別問題。これは全然違う問題です。


●理論とは「魂」である


―― そうやって読まないと何にも身につかないですね。

執行 だから僕は共産主義は死ぬほど嫌いですが、一番影響を受けた本はマルクスの『資本論』です。『資本論』から膨大な哲学的知識をもらいました。共産主義は親の仇だと思うぐらい嫌いだったのですが、嫌いとかそういうことではないのです。マルクスとマルクスを応援していたエンゲルスによる、あの膨大な資本主義分析の理論が重要なのです。

 理論とは何かというと「魂」です。それを自分のものにしなければならないわけです。だから僕は経済の勉強はまったくしたことがなく、興味もありませんが、現代社会の分析で聞かれてわからないことは1つもありません。理論の根底は全部マルクスの『資本論』です。これで分析すれば、現代社会の資本主義の構造は全部わかるのです。これはマルクスが頭がよかったからではありません。マルクスが資本主義を批判する「魂」が本物だからです。

――マルクスは情念の哲学です。だからこそ、あれだけ人も引き込まれるのですね。

執行 だから中身の間違いを問うてはダメです。「その人が本当に思ったかどうか」なのです。ここが重要であると、僕は読書論の中心として、あらゆる人に言っています。

―― なるほど、たしかに本当のことを言ったからナチズムはあれだけ巻き込めたし、マルクシズムもあれだけ人を巻き込んだ。

執行 当時のドイツ人が、なぜあれだけ熱狂したのか、今となっては誰もわかりませんが、やはりヒトラーに人間としての魅力があったのです。今それを誰も認めようとしませんが、あったのです。ヒトラーには引き込まれる。「引き込まれない」などというのはセントラルドグマです。

 今の人はみな英米民主主義、ヒューマニズムで、その敵がヒトラーですから。もちろんヒトラーは悪魔に決まっている。セントラルドグマでわれわれは考えているので、何を言ったってダメです。その何を言ったってダメなものの中に、真実が入っているわけです。


●AIが人間より優れている点


――これは「哲学が死んだ」という話にもなりますね。

執行 そうです。ドイツの哲学者マルクス・ガブリエルの言葉です。

 彼は「世界新実在論」を唱え、世界最高の哲学者と言われています。民族の思い込みや人間の思い込みが、この世で一番ダメだと語っていますが、その彼ですらヒトラーの話が出ると、「あれだけはダメ!あれはもう一切ダメ!...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。