10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
10MTVオピニオンは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

「ただ1つの哲学を持ち、その哲学に命を懸ける人間」を育てよ

読書と人生(3)「笑顔のファシズム」を越えてゆけ!

情報・テキスト
日本では、たとえば「戦争肯定」の話をすると、それだけで吊し上げられてしまう。だが、これは「ファシズム」であり、スターリンの所業と、その本質において変わらないのではないか。実はイギリスのジェントルマン教育の目的は、「ただ1つの哲学を持つ人間をつくる」ことだった。そして、自分でその発言に対する責任を取りさえすれば、どんな考えを持ってもよいとされていたのだ。(全11話中第3話)
※インタビュアー:神藏孝之(10MTVオピニオン論説主幹)
時間:09:51
収録日:2019/05/14
追加日:2019/08/30
タグ:
≪全文≫

●「命を懸ける1つの哲学」をつくり上げる


執行 英国のジェントルマン教育、つまりイートン校からオックスフォード大学に上がっていく人たちの教育とは、イギリスの教育家でジェントルマン教育を築いたトーマス・アーノルドによると、「ただ1つの哲学を持つ人間をつくる」ことです。ただ1つの哲学を持ち、その哲学に命を懸けるのが英国ジェントルマンだということを、ジェントルマン教育をつくった人がはっきりといっているのです。

 その、「ただ1つの哲学」を生み出すために、あのイートン校をはじめとするパブリックスクールからオックスフォード、ケンブリッジといった大学に至るまでの膨大な教育があったわけです。命を懸ける1つの哲学をつくり上げることだけが英国ジェントルマン教育で、それができたら成功なのです。そして、英国をはじめとする西欧個人主義は何を言うかというと、「それぞれが持つ哲学は『何でもいい』」ということです。

 それに比べると、日本はファシズムです。たとえば「戦争肯定の哲学」は持ってはいけないのですから。どんな思想であれ「持ってはいけない」というのはファシズムです。本来、哲学は、何を持ってもいいのです。19世紀に英国があれほどの大英帝国を築いたのは、そのような教育があったからです。つまり1つの哲学に命を懸ける人間を生み出す。その人間はどんな考え方を持ってもいい。「英国が大嫌い」でもいいのです。

 第二次大戦前に伯爵で、ヒトラーシンパの哲学を持った伯爵がいました。結局、ヒトラーと戦争することになって、ダメになった。しかし、英国人でこの伯爵を恨んだ人はいません。ナチスシンパの哲学を持ったその伯爵は教養人で、哲学を持つこと自体はいいのです。ただそれが英国から見て間違いだった、というのが英国人の考え方です。そして間違いだった場合は、英国流に言うと、自分で身を引いて、財産を失って責任をとればいいわけです。日本でいえば切腹ですね。いずれにせよ最終的にその人が責任をとればいいという考え方が、本当は、民主主義なのです。

 「あれを言ってはダメ」「これを言ってはダメ」というのはファシズムです。これは「僕が戦争肯定派で、戦争が好き」という意味ではありません。「絶対にダメ」という発想はファシズムです。これではスターリンと同じです。だから僕は現代社会に「笑顔のファシズム」という題名をつけています。


●政治家に「嘘を言え」という国


 政治家が「問題発言をした」といって、やり玉に上げられるのも同じです。よく笑い話で言うのですが、政治家が「ああ言った、こう言った」とあげつらうとき、「本音をしゃべった」と言います。これは大変なことです。

 マスコミは何もわかっていませんが、議員は本音を言うために存在しているのです。その地域の本音を討論するために送り込まれたのが国会議員です。そのためには殴り合いのケンカをしてもいいのです。それを「本音を言った」と非難するのは、逆に言うと政治家の発言内容はすべて決められているということです。

 だから僕は、「政治家は芸能人」だと言っています。セリフをしゃべっているだけですから。用意されたカンペがあって、決められたセリフを言うのが芸能人です。

―― ますます言葉狩りの風潮が強くなって、何も言えなくなってきていますね。

執行 しかも「言葉狩り」は、言葉を狩っているようで、じつは思想統制なのです。これは「イコール、ファシズム」「イコール、スターリン」です。それをやっていることが、わかっていないのです。

 僕は、政治家には期待はしているのですが、本音をしゃべってマスコミから叩かれるたびに、あまりにも「すいません」と謝ってばっかりいる。謝る必要ないだろう、と僕は言っているのです。

 選挙で選ばれた代議士なら、本当は、選挙民以外に謝る必要はないのです。何で、マスコミなどに謝っているのか、です。こんなことを怒っても、仕方がないのですが、しかし、僕はそう思うのです。

 この裏にあることを悟ってほしいのです。「ああ言ってはいけない、こう言ってはいけない」というのは、「代議士」ではないということなのです。代議士というのは、本音を国会でぶつけるために派遣されている人なのですから。だから変な話ですが、その県のその選挙区の人たちが戦争論者だったら、戦争論をしなければいけないのです。「何で、戦争がいけないのか」「この平和ボケの社会は間違えている」ということを国会で訴えるために選挙で入れてもらったのだから、ということです。

 それが今わかっていないということなのです。「本音を言った」と言って、みんなで吊るし上げるのは、酷い話です。本音を言って吊るし上げられるというのは、逆に言うと「嘘を言え」ということなのですから。

―― 統制主義なんですね、い...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。