テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

父親の役割は「毒物」かつ「軽蔑できない存在」であること

毒を食らえ(6)親の「本当の愛」とは何か

情報・テキスト
ひと昔前の家庭には、強くて怖い親父と慈愛深い大甘の母親がいた。子供、とくに息子は、父を壁とし、母を盾とすることで自らの自我を確立し、成長の糧としていった。また、両親だけでなく、祖母や祖父にも、善悪のけじめを子供に教えるための覚悟があった。なおかつ親は、「軽蔑できない存在」であることが重要であった。このような親の「厳しさ」や「真の愛情」は子供にとっての「毒物」でもあるのだが、それだからこそ子供は自己成長を果たしていけるのである。(全8話中第6話)
※インタビュアー:神藏孝之(テンミニッツTV論説主幹)
時間:10:29
収録日:2020/10/13
追加日:2021/01/22
キーワード:
≪全文≫

●昔の親にあった愛と叱責、それを支えた覚悟


執行 父親は「愛」などという言葉は使いませんでしたが、やはり昔の親には愛があるのです。

―― そうでしょうね。その形が違うわけですね。

執行 そう、祖母などもそうでした。うちは母親の実家(早野家)が茅ヶ崎にありましたが、私が祖母をダシに嘘をついたことがありました。小学生の頃ですが(笑)、自分が母親に悪く思われたくなくて、祖母のせいにしたことがあったのです。

 「いや、おばあちゃんがこう言ったからさ」みたいな感じで、苦しまぎれの嘘をついたわけです。それを聞いた母親がすぐに「何なの、お母さん?」という調子で電話をしたので、祖母が狂ったように怒り出した。「このクソガキ野郎!」と電話で私に怒鳴りつけたのですが、あの怒鳴り声は今でも(笑)耳に焼き付いています。

 そのときはもちろん大変、嫌な思いをしましたが、それでもやはり昔の家族には愛を感じます。子供は適当に嘘を言ったりしてうまく生き抜こうとするものですが、そういう場合の善悪のけじめについて、昔の家族にはやはり凄いものがありました。

―― やはり、お祖母さまにしても覚悟があったのでしょうね。

執行 そうだと思います。今流の言い方では覚悟を持っていた。そうでなければ、あそこまでは怒れません。今の人はみんな「駄目だったらどうしよう」と考えてしまいます。
 私は多くの人生相談を受けてきましたが、登校拒否をした子供にどう対処したらいいかという相談も多く寄せられます。それに対して私が「ああしたらどうか」「こうしたらいいのでは」と意見を言うのですが、そのときに、よく返されるのが「それで、もし子供が自殺したらどうしてくれるか」ということです。私にすれば「そんなことは知るか」です。そんなことを言っている親だから、子供がそうなったのだと思います。

 先のことが怖くて、善悪のけじめもつけられないでいる。私は自分の考えを伝えるなかで、「結果が悪くても自分には何の責任もない。やるのは本人だから」とみなさんに話しています。ただ、「そういうふざけた子供はこうしてやらないと駄目だ」とは言います。でも、やはり駄目な子を持った家は、全部、親が駄目です。

―― 親が駄目なのですね。

執行 これは割にかわいそうなのですが、駄目な親というのは表面的には「いい人」なのです。

―― だけど、愛がないのでしょうね。

執行 そういうことです。だから、「かわいそうだ」とは思います。子供が駄目になった親は、非常にいい人です。一方、私の父親のような昔の厳しい人間は、やはり嫌われ者でした。うちの父はエリート志向だから、多くの人に煙たがられ、嫌われていました。

―― エリート志向という生き方の軸がはっきりしていたわけですよね。

執行 父は昔のエリートですから、凄いですよ。今、出てきたとしたら、差別意識のひどさに、みんなひっくり返りますよ。たとえば高卒の人間とは口をきかない。それははっきりしている。いいとか悪いとかではないのです。戦前のエリートだから、誰かが高卒だと分かったら「なんだ、高卒か」と言って、そちらを見ることもないような人でした。それが彼の信念ですから、私は悪いとは思いません。今のように誰にでもいい顔をして、自分が嫌われたくないような人こそ、私は嫌です。

―― ええ。でも、そのやり方(自分が嫌われたくないやり方)では、子供も育たないですよね。

執行 そう。だから私などはクズ扱いだったのです。

―― でも、子供も「動物」だから、自分の親が本気で自分のことを考えて言ってくれるのかどうかは、わかりますよね。

執行 それはわかります。今、話したように、父と自分は死ぬまで駄目でしたが、父が家族への本当の愛を持っていたことは分かります。

―― 男の子のいる父親が唯一できる役割は、壁になってやることですよね。

執行 そうです。

―― その壁になる役割を放棄するのだったら、父親は別にいなくてもいいですよね。

執行 そう、もともと要らない。

―― でも、その壁の部分がないと、男の子は耐えられない。

執行 まあ、多分そうなのでしょうね。ここだけは私もよく分からない。でも、ちゃんとした人が育っている家では、親が壁になっていますね。

―― なっていますよね。


●他人のことを「軽く軽蔑する」現代人は自己成長できない


―― ある年齢までのあいだ、父親と息子のあいだに葛藤がなかったら、息子の一番最初の敵は父親ですから、それはやはり成長しないですよね。

執行 多分そうですね。

―― 一番最初の敵ですよね。母親は異性だから……

執行 うちなどでも母親はもう「ド甘」でした。あれだけ甘い人は見たことがない。あまりに甘いので、子供が心配するぐらいですから。だって、だまそうとすると必ずだま...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。