テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜコシノジュンコは60年以上、トップを維持できるのか

憂国の芸術(5)一流であり続けることのすごさ

情報・テキスト
「現世的に成功するかどうかは、親や先祖で決まる」と考えれば、成功しなくても気にする必要はなくなる。自分とは関係ないことだからだ。コシノジュンコ氏がすごいのは、19歳で賞を獲って以降、80歳を超えても一流を維持していることである。若くして成功すると、ふつうは10年持たない。途中で道を踏み間違えないのは、やはり「人徳」としか言いようがない。これも、「親の人徳」を受け継いでいる部分が大きいのであろう。コシノ氏が描く絵はたとえ憎らしく描かれた顔であっても、ミューズ(女神)に見える。それは彼女の心が美しいからである。心が美しい人が描く絵は、汚いものを描いても価値のあるものに変わる。(全9話中第5話)
※インタビュアー:神藏孝之(テンミニッツTV論説主幹)
時間:10:13
収録日:2021/12/02
追加日:2022/02/11
≪全文≫

●「一流であることを維持している」コシノジュンコのすごさ


――おもしろいですね。でも確かに、そういうふうに見ていくと、なんとなく分かるような感じがします。

執行 だから私はみんなに言っています。現世で成功したかしないか、現世で金持ちになったか苦労したか、それこそ学歴まで含めて、気にする必要はないのです。こんなのは先祖のことだから。また、自分では頑張ってもダメ。

―― なるほど。自分では頑張ってもダメ。

執行 現世の「金持ち」「貧しい」みたいなことは、あまり自分でできることではないと思います。私自身は食わない気でやっていますが、いつも豊かでした。だから運がいい。では、なぜ運がいいかというと、先祖や親。自分でも分からないけれど、植え込まれたものというか……。

 私はとにかく人間が大嫌いなので、人に親切などする気はまったくありません。ところが慕われる人からは、けっこう慕われるし、けっこう好かれる。「親切」と言う人もいます。

―― それは先生、寄って来るでしょう。

執行 そうなんです。「親切」だと言う人もいますが、でも私は親切などする気もないし、他人のためには「舌も出さない」と思っているほどです(笑)。そのくらい思っているぐらいなのに、みんなが「親切」と言うから、何かあるなあと思う。もし、そうだとしたら、やはり親だと思うのです。

―― なるほど、それはすごく大事なポイントですよね。

執行 だから「育ち」という言葉になってしまいますが、そういうことだと思います。一番「努力が要らない」と言えば要らないのかもしれないけれども、悪い場合もあまり悩む必要ないと思う。悪くても関係ない、と。

―― それは戦後民主主義の中では、絶対教えられないポイントです。

執行 戦後民主主義は、これを言うと「ダメ」になります。でも本質だと思います。

―― それは、本当は真実でしょうね。

執行 真実です。あんまり育ちばかり言うのはもちろん悪いですが、しかし、少なくとも親が立派だったかどうかは、やはり効いていると思います。誰を見てもそうですから。一番新しいところではコシノさんの芸術。これを見てもコシノさんにすごい魅力を感じますが、お母さんもすごいですから。

 コシノさんのお母さんの人生は、「人生そのものが芸術」ですから。それを感じる人がいたから、多分、私は知りませんでしたが、朝ドラ(NHK連続テレビ小説「カーネーション」)になったのだと思います。

―― 確かにそうですね。

執行 普通の人の人生なんてドラマになりません。コシノさんのお母さんの人生は、専門家が見てドラマ性があったと思うのです。

―― それはそうですよね。「人生そのものが芸術」って、すごいですね。

執行 コシノさんのお母さんは人生そのものが芸術でしたが、そのお母さんの芸術家肌というか、魂ごと物にぶつかっていくような芸術的魂。そういうものを子供は個々の専門職、ファッションデザイナーといった世界で受けて、出していった。

 コシノさんは聞くところでは19歳で賞を獲って、それからずっと一流でやってこられた。お母さんからもらったものが、専門の中で出たと思います。

 コシノさんと出会って一番不思議なのは、「一流であることを維持している」ことです。歴史を見ていても、これはすごく大変なことです。「一流になる」ことより。

―― ものすごく大変です。

執行 コシノさんは、冷静に考えたら19歳で賞を獲って、80歳を超える現在まで、ずっと日本のトップなんです。

―― すごいですよ、60年70年続けるのは。

執行 60年以上、日本のファッション界のトップにいるわけです。これは私はすごいことだと思う。

 まず、傲慢な人間ではないということです。自分を「偉いものだ」などと思った人間は、トップでいられるわけがありません。実際に会ってもコシノさんは全然違う。親切です。そして、いつも仕事のことや他人のことばかりを考えている。

 何かしゃべっているときでも、私などが何かを話すと、「あ、その考えって、こういうのになりそうだ」「ちょっと今、頭の中で構想ができた」などということを話しています。いつでも「世のため、人のため」なのです。

 あのコシノさんの体質は、母親から来ていると思います。一流になったのはコシノさんの実力でしょうが、なってから維持しているのは「親の人徳」。落ちる人が多いですから。

―― ほとんどが落ちます。特に若くして有名になって、普通は10年持ちません。

執行 持たないでしょう。やはり維持するのは大変なことです。特に若い頃にある程度の地位に就いてしまって、調子に乗らないというのは、凄いことです。


●心が卑しい人は美しい人を描きたがる


執行 私は無理です。私などは、「若い頃にいい思いをしたら、絶対ダメだ...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。