テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

「放牧型共育」――親と上司に求められるのは我慢

「重要思考」で考え、伝え、聴き、議論する(4)「決める」技術(後編)

三谷宏治
KIT(金沢工業大学)虎ノ門大学院 教授
情報・テキスト
『〔新版〕一瞬で大切なことを伝える技術』(知的生きかた文庫:三谷宏治著、三笠書房)
amazon
人生には選択がつきものだが、なぜなかなか決められないのか。決めるのは怖いものだし、また決め方をどこでも教わっていないからだ。ではどうすればいいのか。そのための方法を、家庭でのおこづかいを例に考える。また、子育てに関して、「放牧型共育」の実践から、決断までのプロセスを重視した思考法を解説する。(全4話中第4話)
時間:07:52
収録日:2023/10/06
追加日:2024/02/07
≪全文≫

●プロセスに着目し、決める怖さを乗り越える


 なぜ決められないのか。そもそも決める必要がないからだ、といいました。決めるのは怖いのです。そして決め方です。どこでも教わりません。

 家庭でいえば、親が決めるからです。そして、決める必要がないのは資源が無尽蔵だからです。これは、おこづかいのことをいっています。日本の子どもたちは、ほぼ8割くらい月定額のおこづかい制になっています。目的は何なのでしょうか。なぜ月定額のおこづかい制にしているのでしょうか。それは、その資源の中でどう生活していくかの意思決定と訓練のはずです。

 月1000円とか、月2000円とか、中学生は、それくらいはもらっているでしょう。でも、そんな年収1万円、2万円の子どもたちに対して、祖父母たちは平気で1万円をあげたりします。年収1万円の子に、1回遊びに行っただけで1万円与えるのは何なのでしょうか。

 皆さんご自身で考えてみてください。どこかへ遊びに行ったら年収分がもらえるのです。そして、その行き先は、祖父母、叔父叔母、親も含めれば4カ所くらいあって、その4カ所を年間3、4回は回れるから、年収の10倍くらいが手に入ることになります。わけが分かりません。定額のおこづかい制は訓練のためのはずです。それが無尽蔵では意味がありません。

 決めることは怖いのです。人と同じであれと、捨てるのが怖いのです。決め方は親も下手です。そして、どこでも教えてくれません。

 でも、決める必要がないのだったら、作ればいいのです。親が決めないこと、上司が決めないことです。そして、資源を絞ることです。決めるのが怖いのだったら、楽しくしてあげるということもいいでしょう。人と違うことをしただけでもほめてあげられるのか、そして、イベントにするということもいいでしょう。

 決め方は、とにかく練習です。人生のあらゆるイベント、会社の中のあらゆるイベントを使って決めるということを練習させましょう。

 でもこれは、ただ任せるのではありません。決めるための考え方、話し合い方があるわけです。そういうプロセスをちゃんと問うことです。ちゃんと調べたのか、ちゃんと考えたのかというプロセスを問うことです。


●「決める」力を高めるため、おこづかいで実践


 私は娘が3人いて、三谷家の3人娘たちは私のこういう子育ての実験台になっているので、非常に厳しい人生を送っています。おこづかいは少ないのです。小学5年生で月500円でした。年収6000円です。どうやって生きていくのでしょうか。

 でも、例えば低学年のときに私のところに来て、「お祭りがあるから、おこづかいをちょうだい」と言いにきました。おこづかいが少ないので、そういう交渉もいいでしょう。私は何も考えずに500円玉を1個だけあげました。別に1000円でもよかったのです。どちらにせよ、3で割り切れないですよね。仲のいい姉妹なので、私が気を利かせて600円あげていたら、200円ずつ分けようといって終わったでしょう。でも、500円という3で割り切れない数を渡されたので、3人は話し合いを始めたそうです。

 では1人100円で好きなものを買おう。残り200円でいちばんいいものを買える。これは合議制だとして決めた。そして、その後、まずは調査です。けっこう大きなお祭りなので、1時間以上かけて全ての屋台を調査したそうです。

 そして、1人100円で好きなものは買いました。残り200円で買うのは合議といったのですが、結局は多数決です。要は、長女か次女が三女を落とすということです。いかに素晴らしいか、三女を落とせれば勝てます。長女が勝ったらしいのです。ただ、そのときの評価基準はあらかじめ決まっていたらしい。この200円で買うものは3人が楽しく遊べるものにしようという評価基準まで決まっていたそうです。私はそんなことを期待していたわけではありません。貧乏にしておくといいことあるのだなと思いました。

”決める”――そのためには親が決めないことです。そして、おこづかいを絞ることなのでしょう。


●「放牧型共育」――与えるのはヒマと貧乏とお手伝い


 (次は)イベント化する。うちの次女はとてもクールで面白い子だったのですが、小学5年生のとき、ある秋の日の夕方に叫びました。「人生なんかつまらない。毎日同じことの繰り返しだ」などと言っていました。その通りです。小学生は毎日同じことの繰り返しです。「人生つまらん」と言っていました。本当の原因は別のことにあります。でも、それを直せと言ってもしょうがないので、「では、あなたの人生を楽しくしてあげよう。来月(この週末)家族5人で旅行しよう。予算10万円をあげるから、全部あなたの好きにしなさい」と提案をしました。

 そうしたら、...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。