テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

三人よれば文殊の知恵!? 重要思考で大事な「決める」技術

「重要思考」で考え、伝え、聴き、議論する(3)「決める」技術(前編)

三谷宏治
KIT(金沢工業大学)虎ノ門大学院 教授
情報・テキスト
『〔新版〕一瞬で大切なことを伝える技術』(知的生きかた文庫:三谷宏治著、三笠書房)
amazon
「重要思考」で大事な「決める」には、高くそびえたつ「2つの壁」がある。心の壁と技の壁の2つだが、「重要思考」によって考え、伝え、聴き、そして伝え合う先に待ち受けている「決める」局面において、それらの壁を乗り越える必要に迫られる。そこで今回はサバイバルゲームを用いた取り組みなどから、個人で、あるいは他者と協調して意思決定をするための方法を学んでいく。(全4話中第3話)
時間:14:11
収録日:2023/10/06
追加日:2024/02/07
キーワード:
≪全文≫

●「決める」には、高くそびえたつ「2つの壁」がある


 では、『伝える技術』の3つ目です。今度は「決める」ということにいきましょう。

 重要思考で考え、伝え、聴き、そして伝え合う。それによってはじめて決めるということができていきます。

 決めることには2種類あります。まずは自分で決める、個人としての意思決定です。そして、伝え合って、話し合って、みんなで決める、集団としての意思決定です。同じようなところもありますが、まったく違う部分もあります。でも、残念ながらわれわれはけっこう苦手です。

 (そして)2つの壁があります。まずは心の壁です。正確にいうと、その壁をよじ登る必要がありません。決めなくていいのです。「そうだよね」と言っていれば、だいたい物事はすぎていきます。

 世の中に出ると「ほうれんそう」という便利な言葉があります。報告・連絡・相談、社会人の基本だといって叩き込まれます。でも、報告、連絡はともかく、相談って何なのでしょうか。上司が部下に対して「おまえ、必ず相談しろ」ということは、「おまえは決めるな」と言っていることと同じです。相談をしに来る子ども、もしくは部下はかわいいので、親は、そして上司はそれに対して、こうすればお父さんお母さんはあなたに反対しないよという、事実上の答えを与えます。「アドバイス」という名前での答えなのです。

 いくら相談しに行っても、よりよい答えが返ってくるので、子どもはそのうち面倒くさくなって、「こうしたいのだけれど」という相談ではなくて、「どうしたらいいかなあ」という相談に変わります。何も考えていません。何も決めていません。親はうれしいので、またいろいろと調べて考えて、「こうしたらいいのではないの」という答えを与えます。決める必要がありません。

 ちなみに最近、「ほうれんそうを徹底しろ」と言い続けると、どんどん部下が考えなくなるということに気がついた会社がいくつかあって、社内では、少なくとも上から「ほうれんそう」を求めることは禁止だとしているような過激な会社が何社かあります。

 そして、そういう会社での上司の役割は何かといったら、お客さんに謝ることだったそうです。どうせ失敗します。でも、失敗するから本人は考えることになります。これはこういうふうに相談しておけばよかった。同僚に相談しておけばよかった。このように報告しておけばよかった。そういったことを自ら考えるようになるわけです。

 (心の壁の話として少し戻ると、)そう、決める必要はありませんが、頑張って決めたとしましょう。でも、それを人に伝えてしまうと、人と違うことがばれてしまいます。人と違うことは怖いのです。さすがに最近は「人と同じことをしなさい」とは言われません。でも、人と違ったことをした瞬間、何かを言われます。たいてい親は子どもに「どうしたの?」と心配そうに聞いたりします。どうしたもこうしたもないのです。やりたいことをやっただけなのです。たまたまそれが人と同じことだと何も言われないのに、人と違うことだと「どうしたの?」と聞かれます。人と同じことをしていればいいのだと、子どもはすぐに学びます。

 恐ろしいことに、会社に入ってもそうです。新規事業担当になった人たちが私によく愚痴を言いに来ます。なんだか知らないが、「変わったことを言うと必ずつぶされる。何のために俺は新規事業担当になったのだ」と。わけが分かりません。人と違うことが怖いのです。

 みんなで決める。決めなければ、もしくは伝えなければ、「そうだよね」と言っていれば、必ず多数派に入れます。でも、決めて伝えてしまったら少数派に落ちてしまうかもしれません。Aだと言ったら、「あなた、Bじゃないのだね」と、少数派に落ちてしまうかもしれません。でも、われわれが一番怖がっているのは、積極的多数派になることです。Aだと言ったら「そうだよね」がくっついてきて、勝ってしまうのです。そうしたら、負けたB派に恨まれるのは、積極的にAと言った人たちだけです。嫌われたくない、負けた人たちに嫌われたくない。そんな心の壁が高くそびえています。

『嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え』という本をご存じでしょう。読んだか読まないかに限らず、過去10数年、日本の中で最も売れた自己啓発書、ビジネス書ともいえるでしょう。われわれがいかに嫌われる勇気が欲しくて、でもそれが得られていないかということの証左かもしれません。

 (ということで)心の壁は高くそびえています。それを超えたとしても、もう1つある壁が技の壁です。決めるということは技です。決めるための考え方があり、決めるため...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。