テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

議論で和を実現せよ、怒りと執着を捨て凡夫の自覚を持て

聖徳太子「十七条憲法」を読む(5)条文を読む…和と議論

賴住光子
東京大学大学院人文社会系研究科・文学部倫理学研究室教授
情報・テキスト
聖徳太子
出典:Wikimedia Commons
「議論によって和を実現する」――これは、十七条憲法の条文の中で最も多くかつ非常に重要なこととして第一条、第十条、第十五条、第十七条に記されている内容である。議論を尽くすことにより自ずと立ち上がる道理。また、その前提となる「凡夫」としての自覚。そして自己に対する執着を捨てて、「公」を志向するという考え方。それらがいわゆる「忖度する」や「空気を読む」などとは異なり、真の「和」に通じる道なのである。(全6話中第5話)
※インタビュアー:川上達史(テンミニッツTV編集長)
時間:14:19
収録日:2023/08/24
追加日:2024/01/04
カテゴリー:
≪全文≫

●第一条を読む――和と議論、結果として生まれる共同性


―― では賴住先生、続きましていよいよ十七条憲法の条文に何が書かれているかということを逐次見ていきたいと思います。先生から(事前に)、いくつかの区分けを提示いただきました。一つ目は「議論によって和を実現する」というところですね。

賴住 はい。

―― これは本当に前回の先生の講義でも強調いただいた、非常に興味深いところですが、それがまず第一条から出ているということで、そのあたりを見てまいりたいと思います。

 第一条というと本当に有名な「一に曰く、和を以て貴しと為(たっとしとす、とうとしとす)」というところから始まるものですが、先生に現代語訳をしていただいていますので、(スライドでは原文を取り上げながら)まず読んでまいりたいと思います。

 「第一条。和を尊重し、人に逆らわないことを心がけよ。世人はとかく党派を結びがちであり、また、物事を弁えた人は少ないから、主君や親に逆らったり、近隣の人と争ったりする。しかし、上に立つ者が下の者に和やかに接し、下の者も上に立つ者に親しんで、穏やかに議論すれば、物事の理はおのずから明らかになり、何事もうまく行くのである」

 というところですね。まさにこの中に「穏やかに議論する」と(いう言葉が)入っていますが、この「議論」というのは、どういう意味になってくるわけですか。

賴住 そうですね。和というのは普通にイメージすると、空気を読んで人に合わせていく、自分を抑えていく、言いたいことも言わないで忖度するというようなイメージをとかく醸し出します。しかし、ここでいわれている和というのは決してそうではないということですね。

 和(調和)というものは、議論をすることによってものごとの理(道理)が自ずから見えてくる、そのことにより和が達成される、といわれています。(つまり)議論によって共同性が立ち上がってくるということがまずいわれていると思います。

 最初から共通のものが強固にあって、個々の人がそれに合わせていかなければいけない、自分を捨ててそこに合わせていかなければいけない、ということをいっているのではないのです。

 それぞれが自分の考えを虚心坦懐に言い、人の意見も聞く。その中で、自ずと道理が分かり、筋道が立ってくる。それが共同体を支えているのだ。そのことが第1条でいわれている、その意義はやはり相当大きいのではないかと思っています。

―― 「逆らわないことを心がけよ」とするために、「党派を結びがち」あるいは「物事を弁えた(わきまえた)人は少ない」と列挙されていますが、これはあくまで、「だから議論が大事だ」ということになるわけですね。

賴住 はい。物事を弁えた人が少ないから、議論しなければいけない。自分というものは絶対的なものではなく、相対的なものだから、人に対して開かれていかなければいけない。そのような人間観というものが、ここにはっきり見て取れるのではないかと思います。

―― この冒頭の「逆らわないことを心がけよ」というのは、きちんと意を尽くし、議論を尽くして物事を解決していきなさいという意味の「逆らわない」ということになるわけですね。

賴住 そうですね。そういう意味だと思います。従順に、何でも言うことを聞けという意味での「逆らわない」ということではないということです。

―― はい。このあたりは本当に考え方として大変興味深いところだと思います。

賴住 はい。


●第十条を読む――怒りを捨てること、凡夫の自覚


―― さらに頼住先生からは、第十条、第十五条、第十七条もそうだとご指摘いただいていますので、それぞれ見てまいりたいと思います。まず、第十条の現代語訳のほうを読ませていただきます。

 「心の怒りを断ち、表情に出た怒りを捨て、人が自分とは違うことを怒ってはならない。人は皆それぞれ心が有り、心はそれぞれ思うところが違う。彼が是としても我は非とし、我が是としても彼は非とする。我は必ずしも物事の道理に通じた聖人ではないし、彼も必ずしも愚か者ではない。ともに凡夫なのだ。是非の道理を一方的に定めることなどできないのだ。賢者でもあり愚か者でもあることは、円環に端が無いようなものである。それだから、相手が怒ることが有ったら、自らを顧みて自分に過失がなかったのかを恐れなさい。自分一人が正しいと考えたとしても、皆に合わせて協力しなさい」

 これは、かなり具体的な記述ですね。

賴住 そうですね。ここでは「怒りを捨てなさい」といわれていますが、なぜ「怒り」が起きるのか。それは、自分に対して執着するエゴイズムがあるから、それが通らないと怒りになるということ...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。